お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                      萌えた体験談データベース

最愛の妻が目の前で他人の精液を受け入れたのです

カテゴリ: 寝取られ&寝取らせ
私は現在45歳、妻の理香は43歳の熟年夫婦です。

妻の身長は156cm、丸顔のポッチャリ型で、自分で言うのも憚られるのですが、齢の割には容姿が衰えていません。

知人から「素敵な奥様ですね。」と言われると、悪くない気がして思わずにんまりしてしまいます。

20代、30代のときは、世の男性と同じく、それこそ毎晩のように交わっていたのですが、40代辺りから精力減退の兆しが見えてきました。
終わった後、妻は何も言いませんが、私は妻が女盛りを迎えているというのに申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

きっかけは某Webサイトの乱交体験や寝取られ体験告白にログインしてからでした。

「最愛のあなたのパートナーが、あなたの手を握りながら今他人棒に貫かれようとしています。・・・」の件に目をやると胸がドキドキして、悪魔のような「寝取られ願望」が沸いてきます。

男性というのは、妻を愛すれば愛するほど、このような刺激を求めたがるものかもしれませんね。

私のものはまあ普通サイズだと思います。

勃起したときの長さは16cm、幅は4cmほどです。

他人に誇れるほどの物ではありませんので、清純で貞淑な私の妻がもっともっと大きいペニスに貫かれたらどうなるのだろうかという興味が高まってきてどうにもならないところまできました。

そんなある日、意を決して、妻に頼んでみたのです。

「理香が、他の男のペニスを受け入れているところを見たい」と。

当然、妻は、「何考えてんの?私がそんなことされて、あなた平気なの?」と猛烈に腹をたてました。

その後、「いっしょにここまで歩いてきたのだから。お互いもうそんなに若くないし、おまえの乱れている姿を見ると、もっともっと愛情が深まると思うんだ。」と勝手な理屈をつけて段階的に妻に頼み続けました。

頼むときは、必ず、セックスで妻が満足した後でした。

何ケ月もかけて頼んでいるうちに少しずつ妻の態度が変わってきました。

「ふ~うん。あなた、そんなことしたいんだ。・・・全然知らない人とするなんて・・・」

「今は凄い抵抗があるわ。だって、あなたの前で、そんなことされると、私どうなってしまうかわからないよ。」

「あなたがそこまでしつこく言うのだったら・・・どんな人とするの?知らない人にされても気持ちよくなるの?」

1年間かけて、ようやく妻の了承を得ました。

それから、私はインターネット掲示板に男性募集をかけるか、それともWebサイト情報により某所で開催されている乱交パーテイに参加するか妻と相談してみました。

私は、メール交換から下相談などで時間がかかる特定男性を探すことより、手っ取り早い乱交サークルの方を妻に薦めました。

エイズの証明書の提示やプレー上の決まりなどきちっとした運営管理のことが書かれていたからです。

それに何よりも妻の中に複数の人のものを入れてほしかったからです。

「乱交パーテイって、みんなの前で複数の人とするんでしょ?あなたは、私のそんな姿を望んでいるのね。いいわ。でも、どうなっても知らないよ・・・あなたが言うからするんだから。」

妻は、私の望みどおりこちらの方を受け入れてくれました。

本当に従順な妻です。

いよいよ、サイトの人から連絡があった集合場所へ向かう日です。

前日には、一緒にお風呂に入り、妻の秘部の周りをきれいに剃ってあげました。秘貝のピンク色が際立っています。

待ち合わせは、A市の駅前。

数分すると、ワゴンカーがやってきて私たちを目的地まで運んでくれました。

パーテイが開かれたのは某シテイホテル。

しばらくして最初に、プレーのルールについての説明がありました。

私は、このパーテイの責任者の方に、自分が他の女性と交わることを控えて、妻の痴態だけを眺めてみたいこと、妻に中出しをお願いしたいことを言い、許可をいただきました。

中出しOKの印に、赤いバラの花を渡されました。

妻の方に目をやると、さすがに緊張しているのか体を堅くしています。

参加者は、女性が私の妻を含めて3人、男性の方は私を入れて8人でした。

カップルらしき若い2人は見学だけのようです。

別室で、身につけているものをすべて脱ぎ、「それでは皆さん、ごゆっくり。」の一声で、長年待ち望んでいたことが始まろうとしています。

妻は、私の方を振り向き、「本当にいいの?」縋りつくような潤んだ瞳で見つめてきます。

「うん、他の人のチンポで犯される理香が見たいんだ。」私は、暗黙の頷きを妻に送ります。

最初に、妻に寄り添ってきた方は40台の男性でした。

股間に眼をやると、ほぼ私と同サイズかちょっと大き目の持ち物でした。

Aさんと呼ぶことにしましょう。

私は、あらかじめAさんに、妻の主人であること、妻とのプレーを側で見させていただきたいこと、中出しまでいってほしいことを頼みました。

Aさんの手が妻の肩に回った時、妻の体がビクッと反応したのが分かりました。

「理香、素敵な方じゃないか。優しそうな方だからだいじょうぶだよ。」と妻に声をかけます。

「奇麗な方ですね。最初にこんな素敵な方とお手合わせできて嬉しいなあ。」

Aさんは妻に優しく語りかけますが、妻は膝を閉じて身を堅くしようとしています。

Aさんの手が妻の乳首に触れたとき、「あっ・・・」という妻の小さな震え声が聞こえました。

2人は抱き合った姿勢で、Aさんの手が妻の体中に伸びて愛撫を始めました。

妻の心臓の鼓動が波打っているのがわかります。

夫の前で、他人の愛撫に身を任せなければいけない初めての経験をしているのは自分の妻なのです。

やがて、Aさんの舌が妻の口に入り、キスを始めました。

「あっ、う~んっ」という妻の喘ぎ声が始めて漏れました。

Aさんの顔が妻の股間に埋まっていきます。妻は、思わず足を閉じようとします。

「理香、隠さないで。もっと足を広げて・・・」

「いやぁ・・ああ~ぁっ!」

とクリ攻めを拒否しながらも、体が反応する喘ぎ声が尾を引いていきます。

妻の性感がどんどん高まっていっているようです。

「あっ!ダメっ!」
「あっ、あっ、あぁっ・・・」

Aさんのクンニがお上手なのでしょうか、だんだん顔が仰け反り、喘ぎ声が激しくなっていきます。

もう他人に喘ぎ声を聞かれてもかまわないと思うほどに高じてきたのでしょうか。

この上、ペニスまで挿入されたらどうなるのでしょうか、私の心は震えてきました。

そのうち妻が、ちょうど体操のブリッジをするように、腰を、1~2度浮き上がらせました。

妻が快楽の深淵に達した時の動きです。

最愛の妻が、とうとう他の男にイカされてしまったのを見て、私のペニスも大きく怒張していました。

いよいよ挿入かと思いましたが、妻を快楽へ導く愛撫は続けられ、妻が腰を浮かせる動きが頻繁になってきました。

背徳の行為と知りつつも快感に身を委ねる姿を夫に見られているせいか、妻は声を押し殺しながら、泣きじゃくるような声になっています。

しばらくするとAさんが体勢を変えました。

右手で亀頭部をもちあげ、妻の秘部へ宛がう寸前、Aさんが小声で何か妻に呟いたようです。

その瞬間、妻が潤んだような切ないまなざしを私の方へ向けました。

それはあたかも、「あなたっ、ごめんなさい!!今から他の人のおちんちんが入るのよ。入るのよ!・・・」と訴えているようでした。

私は、「ごめんな。自分勝手なことをさせて。奥まで入れてもらって!いっぱいイッていいよ!」心で妻に答えました。

秘口に宛がわれていた肉棒に力が加わり、太い肉塊が秘口に滑り込んでいったのがはっきり見えました。不意に妻が、「あぁっ!・・あっぁぁっ!!!」と悲鳴を上げました。

とうとう妻が他人棒を受け入れた瞬間です。

Aさんは、妻の上に覆いかぶさり、優しさの限りをつくしています。

挿入してから暫く動きを止めていたAさんは、やがて妻のお尻を両手で抱え込み律動を始めました。

「あっ!!あああっ~、ゆっくり・・・んっ!あああ~っ・・・」

「Aさんのが入ったよ。ど~うっ?気持ちいい?いっぱい気持ちよくなって!!」

「ごめんなさい~!感じてもいいのおっ?・・・感じてくる~う・・・、だんだん気持ちよくなってなるの~うっ・・・」

Aさんのペニスは、妻の性器に快感の波を送り続けます。

Aさんの声が聞こえました。

「ああぁー締まるうっ!奥さんも、我慢しないで声出していいんですよ。」

彼の囁きに精神的な縛りが解けたのか、妻が喜悦の声を上げはじめました。

「はぁぁっ!!んっ!!・・はいってるうっ・・いっぱいはいってるう~・・・」

「あなたっ!凄いの~おっ!気持ちいいの~おっ!」

妻の体は、絶頂へ向かってみるみる高まっているようです。

Aさんは側で見ている私に配慮して、妻の脚を大きく広げさせ、その両足を肩に持ち上げ結合部が見やすいようにしてくれました。

そして、一動をゆっくりしたストローブで、ズブッ、ズブッと妻の中へ突き入れます。

「ああぁぁぁっ!!」「いやぁぁぁっ!! 奥まで入ってくるうぅっっ!!」

更に交わりは、妻がAさんの上に背面で跨る体位に変わりました。

妻が私に見てくれと言わんばかりに何度も体を弓なりにして腰を突き出します。

Aさんが送る律動の快感を更に吸い取ろうとするかのように腰を思いっきり浮き上がらせるのです。結合部が丸見えです。

妻の口からは、堪えきれない、切ない喘ぎ声だけが漏れてくるようになりました。

「奥さんのもの、締りがよすぎてそろそろ限界です。中に出してもいいですか。」

Aさんが尋ねました。

「思いっきり中に出してやってください。」

結合部は凄まじいことになっていました。

妻の割れ目が肉棒をしっかりくわえ込み、Aさんの肉棒が秘所から出し入れされる度にそれを離したくないように、薄い肉襞がペニスに纏わりつきいっしょに上下動します。

大陰唇が肉棒を花弁のように包み、大きく開いた割れ目からは先が尖がったクリトリスが丸見えです。

「奥さん、もう駄目だ!イクよっ、中にだすよーっ!ああぁぁぁぁっ!出る~うっ!!」

妻が握っている私の手を強く握り返してきます。

「ああぁぁっっ、あなたっ!私、中に出されるのよっ!出されるところ、見てえ~っ!!」

「あぁ~っ!・・あっぁぁぁぁぁぁっ!!出たわ~ぁっ!!中に出たわ~ぁっ!!!」

秘所に突っ込まれていた肉棒が収縮を繰り返す瞬間、妻の口から喜悦の叫びが漏れます。

Aさんの肉棒が妻の秘所から引き抜かれたとき、大量の白色汁がだらだらと流れ出しました。

薄いピンク色の肉壁から自然に流れ落ちてきます。

妻の割れ目にはぽっかり穴が穿たれ、小さい空洞を作っています。

至福の瞬間です。

最愛の妻が、目の前で膣内に他人の精液を受け入れたのです。

私のペニスも極限状態になっています。
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                萌えた体験談データベース

↑ ページ最上部に移動する ↑
PR(新着)
催眠温泉旅行

妻に黙って即売会に行くんじゃなかった1.5&2

隣の世話焼き奥さんが毎晩ボクを食べに来るっ

彼氏あり&旦那ありの女子達&人妻を寝取ってみました

ウラではヤってるクラスのあの娘

あの日のアヤマチ

幼馴染とその母親がガッツリ寝取られるお話

ナツノユウウツツ

ママカリ部

D.H ダンナニヒミツ ~石原さゆみ 32歳の場合~ 夏の浴衣の思惑

自宅で寝取られた勝気な人妻 ~家族に隠れて隣人に調教される女~

爆乳で処女でウェイトレスな彼女がバイト先の店長に生ハメセックスで寝取られてチンポ堕ちするまで

隣の人妻が催眠をかけられて寝取られた話

マナタマプラス総集編

茜ハ摘マレ染メラレル弐

茜ハ摘マレ染メラレル

孕妻 それは本当にあなたの子ども?

巨チンに寝取られたビッチ妻

人妻ゆかりさんのオフパコチャンネル ~ナマ配信は浮気じゃないんです~

黒人留学生に寝取られる人妻~後編~

黒人留学生に寝取られる人妻~前編~