お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                      萌えた体験談データベース

自慢の妻が上司に寝取られた・・・ 3

カテゴリ: 寝取られ&寝取らせ
旅館を出た二人はレンタカーで空港へ向かう。
運転を始める前に越久村は、助手席に座った望美の肩を抱いて抱き寄せ、そのまま唇を重ねていく。
舌を絡めあう濃厚なキスが交わされることに、望美はまったく抵抗を感じない。
たった一晩の出来事が、望美の心を大きく変えてしまっていたのだ。
ドライブの最中も、越久村の手が太ももから股間に伸びてくるのを拒むどころか、多少恥ずかしがりながらも太ももを広げてその奥に触れることを許してしまう。
健太といるときには想像もしなかったときめきが、望美の心を支配していたのだった。
自宅近くで越久村と別れたとき、望美ははっきりと越久村と別れたくないと感じていた。
このままどこかへ行ってしまってもいいとさえ思ったのだ。
だが、家が近くなり、健太の顔を思い出したとき、望美は罪悪感が募るのを感じていた。
夫のある身でありながら、別の男と一夜を過ごしてしまったことに罪の意識を感じたのだ。
「ただいま・・・」
なんとなく後ろめたさを感じながら玄関をくぐる望美。
まるで反応をうかがうようにしばしその場で立ち尽くす。
出張を無事終えて帰宅した安堵感と、夕べからの出来事の罪悪感が混じり合い、複雑な思いが望美の中を駆けめぐった。
健太さんに何か言われたらどうしよう・・・
そんな思いとは裏腹に、玄関に健太が出てくることは無かった。
出かけているのかしら・・・望美は荷物を抱えて家の中に上がりこむ。
リビングにも健太の姿は無く、望美はなんとなく気が抜ける。

お土産に買った金沢名物をテーブルの上に置き、自室で服を脱ぎ捨てて一息入れる。
越久村に素敵だと褒められたワインレッドの下着も脱いで、地味な白の下着と落ち着いたゆったりした服に着替えると、なんともいえない安堵感に包まれる。
出張に行ったままの服装では、なんとなく健太に会いたくはなかったのだ。
落ち着いた気分になった望美は、窓辺に椅子を持ってきて窓を開け、タバコを取り出して一服する。
煙が肺にいきわたり、とても美味しく感じてしまう。
灰皿用意したほうがいいわね・・・ああ・・・でも健太さんがうるさいかも・・・
家では吸わないほうがいいかしら・・・
でも・・・こんなに美味しいとは知らなかったわぁ・・・
わずかの間に望美はタバコの虜になってしまっていた。
望美がタバコを吸い終えて、着替えた服を洗濯機に入れていると、リビングに健太が姿を現した。
「あ、帰ってたんだ。お帰り」
健太にとってのなんでもない一言が望美の心をいらだたせた。
「ただいま・・・」
妻が帰ってきたのだから、家にいたのなら出迎えてもよさそうなものなのに・・・
「ごめんごめん、部屋でヘッドフォンで音楽聞いてたんだ。気がつかなくてごめんよ」
健太が笑いながら頭を下げる。
「いいのよ、気にしてないわ。それお土産。後で食べてね」
いつもならこういったものは一緒に食べようというはずなのに、今の望美にはそういうことができなかった。
「ごめんなさい。ちょっと疲れたの。少し部屋で休んでいるわね」
健太と一緒にいるのがやはり気分的に重くなった望美は、自分の部屋に戻ってしまう。
ベッドにごろんと横になると、越久村との一夜が思い出されてくる。
いけないと思いつつも、望美の心は越久村を求めてしまうのだ。
私・・・健太さんの妻なのに・・・
思わないようにすればするほど越久村のことが思い出されてくるのだった。
夕食は味気ないものだった。
無言で料理を作る望美に、健太は何か変だなとは思ったものの、出張で疲れたという言葉に無理に納得して言葉をかけるようなことはしなかった。
気分のよくないときには無言になるものだ。そう思い、そっとしておこうと思ったのだ。
自然と夕食時も会話は無く、もくもくと食事を終えた望美が後片付けもそこそこに自室に入るのを、ただ黙って見送ったのだ。
相変わらずかすかににおうタバコのにおいが、越久村のヘビースモーカーぶりをうかがわせる。
タバコの嫌いな望美が、一日中越久村のそばでタバコの煙を吸わされているとなると苦痛だろう。
今は仕事への義務感から我慢しているに違いないが、半年の期限が終わればきっとやめるに違いない。
そのときは二人でどこか旅行に行ってもいいな。
有給を三日なり四日なりとって、北海道へでも行こうか。
いやいや、秋口の北海道よりも海外のほうがいいかなぁ。
そんなことを考える健太だった。
「はあ・・・」
思わずため息をついてしまう望美。どうしても健太の顔がまともには見られない。
越久村との時間は確かにすばらしいものだった。でも、自分は健太の妻なのだ。
出張という普段とは違う環境で、きっと自分を見失っていたに違いない。
もう忘れなきゃ・・・そうは思うものの、忘れられるはずも無い。
いつしか望美の手はタバコを求めてさまようが、朝に旅館で買ったタバコはすでに空にな
っていた。
タバコが吸えないことに気がつき、いらついてしまう望美の心。
空のタバコの箱を握りつぶし、そのままくずかごに放り投げる。
タバコ・・・吸いたいなぁ・・・望美はいらつく心を抑えようと目を閉じる。
やがて眠りが望美を闇の中へと誘っていった。

「おはよう」
テーブルについて新聞を読み始める健太。
望美はすでに起きて朝食の支度をしてくれている。
熱いコーヒーで目を覚まし、新聞に目を通すのが朝の日課だ。
「おはよう健太さん・・・」
なんとなく望美の声は元気が無い。
疲れが取れないのか表情もうつむき加減でよく見えない。
「大丈夫かい?」
「えっ? な、何が?」
健太がいたわるように声をかけると、望美はびっくりしたように振り返る。
「いや・・・まだ疲れが取れないのかなと思って・・・」
「あ、え、ええ。出張なんて初めてだったから疲れが抜けないの」
ぎこちない笑みを浮かべる望美。素敵な笑顔だが、多少のかげりを帯びていた。
「そうか。無理はしないようにね」
「ええ、大丈夫」
そう言うと、望美はすぐにキッチンにもどって行く。
健太もそれ以上のことは言わずに、朝の支度に没頭した。
内心の動揺を気づかれなかったかとどきどきする。
健太に声をかけられたとき、真っ先に思ったのは越久村との夜のことだったのだ。
健太を裏切って別の男に抱かれたという事実が、望美の心を苛んでいく。
だが、もう二度としてはいけないと思いつつも、これから会社に行くことを考えると、望美の心臓は高鳴った。
そのことがまた望美の胸中を複雑にし、健太の顔をまともに見られなくしていたのだ。
健太が朝食を食べ終え、身支度を整えて出勤していったとき、望美は心の底から安堵する自分に気がついた。

健太が出かけてしまうと、望美の心は羽ばたき始める。
いそいそと下着を脱ぎ、黒の淫靡さを漂わせる下着に取り替える。
化粧台に向き合ってメイクをし始めると、いつしか健太のことは望美の心から消えていく。
越久村に会える。越久村と仕事ができる。
そう思っただけで、望美は胸がきゅんとなる。
もう過ちはしてはいけないという思いが、もう一度抱かれたいという思いに塗りつぶされていく。
「部長・・・」
赤く塗られたつややかでなまめかしい唇が、思わず越久村を呼んでいた。
仕事にはあまり似つかわしくない胸元の開いたスーツに身を包むと、望美は越久村の待つ待ち合わせの場所へと向かっていった。
「おはようございます」
にこやかな笑顔で助手席に乗り込む望美。
車内に充満するタバコの煙がなんとなく心地よい。
待ち合わせ場所の近くの自動販売機で買ってきたタバコを、望美は早速取り出した。
それを見た越久村が笑みを浮かべてライターを渡してくる。
「ありがとうございます、部長」
自分でもバッグからライターを取り出そうとしていた望美は、越久村の心遣いに感謝する。
タバコに火をつけた望美は、深々と煙を吸い込み、タバコの味を堪能する。
「ふう・・・美味しい。夕べは吸えなかったから美味しいわ」
脚を組み、タバコをくゆらす望美の姿は美しい。
越久村もその姿には思わず目を奪われそうになる。
「ふふ。やはり塩原君の前では吸えないか? かわいそうに」
「あの人タバコが嫌いなんです。こんなに美味しいのに。ふう・・・」
そういう自分も先日まではタバコが嫌いだったのだ。
今から考えるとバカみたいな話だと思う。
何事も知らないで嫌うのはよくないことだわね。
「塩原君はまじめだからな。タバコを吸うのは不良とでも思っているんじゃないか?」
「うふふふ・・・そうかも」
他愛も無い会話だが、越久村との会話は楽しかった。
望美の心の中に健太の占める割合がどんどん小さくなっていっているのを、望美は気づくことすらなかったのだった。

月曜日ということで、越久村の仕事も忙しい。望美にとっても細かな仕事が多くなる。
いつしか望美は仕事中にもタバコを吸っていた。
タバコを吸うと頭がすっきりして、仕事がはかどるような気がするのだ。
一本二本と吸っていき、無くなると買ってくる。
越久村の机に置かれた灰皿も、望美の机に置かれた灰皿も、みるみるうちに吸殻がたまっていた。
それでも忙しいとはいえ、段取りのよい越久村のこと夜の七時には仕事は終わる。
「塩原君は今日も遅いのだろう? 食事にいこう」
明日の段取りを整えていた望美に越久村が声をかける。
「えっ?その・・・」
一瞬のためらいを見せる望美。やはり健太のことが気になるのだ。
「どうした? 何か気になることでもあるのかな」
「・・・部長、お誘いいただいてありがとうございます。本当にうれしいです。でも・・
・私は人妻です。塩原健太の妻なんです。これ以上ご好意に甘えるわけには・・・」
うつむいている望美。
「望美は何か誤解しているんじゃないか? これは上司と部下がコミニュケーションを図
っているに過ぎないんだよ。心配はいらない。存分に甘えてもらってかまわないんだ」
「えっ?」
望美は思わず顔を上げる。上司と部下のコミニュケーションに過ぎない?
「ここは会社だ。上司と部下がコミニュケーションを図って何が悪いのかな?」
越久村の笑顔に望美の心は揺れていく。
健太のことを考えていたのがスーッと消えていくのだ。

そうだわ・・・私は部長の秘書役だもの。
一緒に食事をしたりすることは何もおかしいことではないじゃない。
むしろお互いの仕事上必要なことではないだろうか。
そんなことも気がつかないなんて・・・望美は自分の浅はかさに恥じ入ってしまう。
それと同時に、そのことを気づかせてくれた越久村にあらためて心酔する。
健太にはとても感じられない魅力に、望美は心を奪われていたのだ。
これは上司と部下のコミニュケーション。望美の心が軽くなる。
「そうだろう、望美?」
もはや望美にためらいはない。
「はい、部長。喜んでご一緒いたします」
二人は連れ立って夜の街に向かっていった。
週明け月曜ということもあり、企画開発部はてんてこ舞いの忙しさだった。
健太は夕食を食べる暇もなく、買ってきておいたパンをかじりながら業務をこなしていき、ようやく会社を出たのは夜の十二時近かった。
「ふう・・・」
ため息をつき帰路につく健太。ここからは電車で40分ほどかかる。
それでも都心に近いところに家があるおかげで、通勤に一時間も二時間もかからないのは助かるが。
健太が家に帰ってくると、部屋の窓に灯りがついているのが見える。
望美が起きているのか?
愛する妻が起きて待っていてくれたことに、健太はすごくうれしくなる。
先ほどまでのしかかっていた疲労感も軽くなったくらいだ。
健太は足取りも軽く、マンションの入り口をくぐるのだった。

「ただいまぁ」
そう声を出し、リビングに入ってくる健太。
「あ、お帰りなさい」
バスタオルで髪を拭きながら健太を迎える望美。
シャワーでも浴びていたみたいだが、その顔はほんのりと赤い。
「起きていたのかい? もう一時だよ。先に寝ててもよかったのに」
望美が起きていてくれたのがうれしいくせに、健太はついついそう言ってしまう。
望美が寝不足で体調でも崩したらと思うと、起きて待っている必要はないと思うのだ。
「ええ、先に寝かせてもらうわね。私もさっき帰ってきたものだから」
「えっ? さっき?」
健太は驚いた。どういうことだ?こんな遅くまで仕事だったのか?
「あ・・・え~とね、越久村部長にお付き合いして取引先の人を交えて飲んできたの。接待みたいなものなのよ。いやになっちゃうよね」
望美がふいと目をそらす。
「お食事はしたの?何か食べる?」
「あ、いや、いい」
健太はネクタイをはずしながら申し出を断る。酒を飲んできたという望美。
顔が赤いのはそのせいか・・・それにしても・・・
セクハラ部長ともあだ名される越久村部長と、どこか知らないが取引先のオヤジたちに囲まれてお酒を飲む望美。
その光景を想像しただけで胸が苦しくなる。
雑務を処理するだけのはずだったのに・・・
そんな接待のようなことも業務に入るなら断ればよかった。

望美に言おう。もうやめてと言おう。
「望美・・・」
「それじゃおやすみなさい」
健太が何か言おうとしたのもつかの間、望美はその声を聞きとめることも無く部屋に行ってしまう。
あ・・・まあ、いいか・・・明日言えば・・・
健太は何かがおかしくなっているような気がしながらも、どこがおかしいのかわからなか
った。
「ふう・・・」
ベッドに横になった望美は、自分があっさりと嘘を言ってしまったことに驚いた。
越久村との付き合いは上司と部下のコミニュケーションだと越久村に言われてから、望美はすごく心が軽くなったのを感じていた。
帰りに越久村と二人で食事をし、お勧めの店でカクテルを飲んだのもすごく楽しくて、時間が経つのを忘れるほどだった。
そう・・・
彼の言うとおりこれは上司と部下のコミニュケーションの一種に過ぎないのだ。
ただ、健太によけいな心配をさせたくないための方便なのだ。
二人きりで食事をしたといえば、いくら健太でも気にするだろう。
もしかしたら彼のところに何か言ってくるかもしれないし、仕事をやめろって言われるかも・・・望美はぞっとした。
仕事をやめるなんて考えられもしない。
越久村と過ごす時間は、それほど望美には大事な時間となっていたのだ。
そう・・・健太なんかといる時間よりも・・・

「望美、ちょっといいかな」
翌朝、健太は望美に夕べの考えを切り出した。
「どうしたの、健太さん?」
朝の忙しい状況の中だが、望美は健太の話に耳を傾ける。
「うん、仕事のことなんだけど・・・接待やらタバコやらで望美も大変そうだなって思うんだ。だから、望美が大変ならやめていいんだよ」
なんとなく正面切ってやめろとは言いづらい。
でも、こう言えば、望美はきっと仕事をやめてくれるだろうという思いが健太にはあったのだ。
「大変なんかじゃないわよ。やめるつもりなんて無いわ」
「えっ?」
健太の顔に驚きが浮かぶ。
「こちらからやりますって言って契約してもらったのにやめられるはずないでしょ?それに結構仕事は面白いのよ。越久村部長にだってずいぶん頼りにしてもらっているんだから」なんとなく気分を損ねたような望美の口調に健太は戸惑う。
美味しそうなトーストが出されたが、健太は食欲がなくなっていくのを感じていた。
「そ、そうか?でもずいぶん帰りも遅いようだし・・・」
「健太さんも遅いしいいじゃない。仕事だから遅くなることもあるわ。仕方ないでしょ」
自分のトーストを食べ始める望美。
その行為が無言でこれ以上の会話を拒否しているかのようだった。
「望美が大変じゃないんならいいんだ。ただちょっと大変かなって思ったから・・・」
「大丈夫。心配しないで」
もくもくと食事を続ける望美。健太にはそれ以上の言葉は出せなかった。

迎えに来てくれた越久村の車の助手席に乗り込み、脚を組んでタバコに火をつける望美。
タバコの煙が肺に染みとおり、心がとても落ち着いていく。
「ふう・・・やっぱり美味しいわぁ。タバコを吸うと落ち着きますよね」
「ああ、いいものだろ、タバコは」
「ええ。今まで吸わずにきたなんてバカみたい。もっと前から吸っていればよかったわ」
タバコの煙を満足そうに吐き出す望美。その様子に越久村も思わず目を細める。
「そうそう、聞いてください部長。健太さんたら今朝とんでもないこと言うんですよ」
「ん?どうしたんだい」
「私に会社をやめろって言うんです。冗談じゃないわ。やめるなんてありえない」
思い出して気分が悪くなったのか、吸い終わったタバコを灰皿で押しつぶし、さらに一本火をつける。
「私、今のこの仕事が気に入っているんです。私、部長のお役に多少なりとも立ってませんか?」
「多少どころか、望美は充分に役立っているさ。感謝しているよ」
越久村の手がいつものように太ももに伸びてくることに望美はとてもうれしくなる。
「うれしい・・・部長の手、温かい」
「望美のここはいつもいい手触りだ。ストッキングを穿いた脚は素敵だよ」
「ありがとうございます部長。私の脚、もっともっと触ってください。触られるのってすごく気持ちいい・・・」
健太に対して感じたとげとげしい気持ちが、越久村の手によってほぐされる。
望美の心と躰は越久村によってどんどん変えられてしまうのだった。

「望美、ちょっといいかな?」
「はい、何でしょうか部長」
仕事をしていた望美は吸っていたタバコを消し、越久村のそばに行く。
「今朝の件だが・・・塩原君とすれ違いが多くなってきているんだろう。このままでは望美にも塩原君にもよくない状況になりかねない」
「そうかもしれません。最近健太さんたら私のことを理解してくれてないみたいで・・・」
望美は素直にうなずいた。
「ああ、このところ企画開発も残業続きだからな。そこで考えたんだが・・・」
「はい」
「プロジェクトの一環の業務を塩原君にやってもらおうと思う」
「健太さんにですか?」
望美は驚いた。
特別事業部の新規プロジェクトは社長の肝いりで行われるプロジェクトだ。
実際に取り仕切るのは越久村だが、そこに参加する人間は社内でも優秀な人材に限られる。
健太が選ばれれば望美にとってもうれしいことだった。
「ああ、彼は営業の経験もあるし、企画開発でも一定の成果を収めている。能力としては問題ないだろう」
「ありがとうございます。彼に代わってお礼を言わせていただきます」
「なに、望美の頑張りに対する褒美みたいなものだ。ただ、そうなると、塩原君にはちょ
っとの間こっちを離れてもらわなければならないな」
少し気の毒そうな表情を浮かべる越久村。
「あ・・・それは仕方ないですわ。もし嫌がるようなら健太さんは私が説き伏せます。部長が与えてくださったこんなチャンスを逃すようなら、それこそ罰が当たります」
「彼とてそんな愚か者じゃないだろう。心配ないとは思うが、万一のときは頼むよ。俺としては塩原君は将来的には部門を任せられる男だと思っているのでね」
「ありがとうございます。健太さんもきっと喜びます」
望美が頭を下げたとき、越久村の顔には笑みが浮かんでいた。

「札幌?」
健太は目を丸くする。
課長に呼び出されたから何事かと思えば、いきなりの出向命令なのだ。
「特別事業部からの依頼でね。企画開発からも人を出してくれということなのだ。しかも君を指名だよ」
「ボクをですか?」
「そうだ。二ヶ月ほど行ってくれ」
「二ヶ月ですか・・・」
健太は少し考え込む。
二ヶ月ならウィークリーマンションかビジネスホテル住まいということだろう。
望美と別れて暮らすことに対する不安が頭をよぎったのだ。
一人で大丈夫だといいけど・・・とはいえ、これはチャンスだ。
特別事業部の業務に参加したとなれば、後々有利になることは間違いない。
断る理由はないのだ。多少の不安を抱えながらも、健太は受け入れるほかなかった。
「札幌?」
「うん、来月から二ヶ月ほど。企画開発から出向かなくちゃならないんだ」
今日も遅くに帰ってきた健太が、寝ようとしていた望美に切り出した。
越久村との食事を終え、タバコのにおいをシャワーで洗い流し、もう寝るばかりだった望美は健太の言葉に驚いていた。
昼間越久村が言っていた事がもう実行に移されたのだ。
あらためて越久村のすばやい行動力に感心してしまう望美。
それに比べれば健太はまるで子供のようだ。
「すごいじゃない。越久村部長の特別事業部のお声がかりなら出世間違い無しよ。がんば
ってね」
お祝いとばかりに冷蔵庫から缶ビールを取り出して健太に手渡す。
「ありがとう、望美」
缶ビールを受け取る健太の表情が今ひとつさえないのが望美の気持ちをいらつかせる。
健太さん不満そうだわ・・・いったい何が不満なのかしら?
せっかく部長が取り計らってくれたのに・・・

「どうかしたの?」
自分もご相伴に預かるべく缶ビールのふたを開ける望美。
一口飲んだが、越久村と飲む酒の味とは雲泥の差があった。
「二ヶ月とはいえ、望美と離れるのは・・・なあ、向こうで一緒に暮らさないか?短いけどアパートでも借りて」
「えっ?」
望美は耳を疑った。
たった二ヶ月も一人で暮らすことはできないのだろうか?
それほど彼は自立できない男だったのだろうか?
「これがうまく終わったら、ボクも少しは給料が上がると思うんだ。だから越久村部長の雑用なんかやめて一緒に行こうよ。離れたらなんか望美が遠くへ行っちゃいそうでいやなんだよ」
「何を言っているの?そんなことできるわけ無いって言ったじゃない。私はどこへも行ったりしないわ。ここで健太さんの帰りを待っててあげる。たった二ヶ月じゃない。すぐ終わるわ」
何を駄々をこねているのかしらと望美は思う。
私がどこへ行くというのだろう・・・
部長の秘書である私がどこへも行くはずなんてないのに・・・
「・・・・・・そうか・・・」
予想していたことだったが、健太は落胆してしまう。今の望美は仕事が面白いのだ。
結婚を機に専業主婦になってもらったけど、もともと望美は秘書課の仕事が好きだった。
だから久しぶりの仕事が楽しくて仕方ないんだろう。
そうじゃなきゃ越久村部長のそばで仕事なんてできやしない。
下ネタの冗談やタバコが嫌いな望美が我慢してまで仕事を続けているのは、仕事が面白いのと頼まれた期間中はしっかり仕事を果たすという責任感に違いないのだ。
健太はそう自分で納得する。
缶ビールを飲み終えて部屋に向かう望美の背中を、健太は黙って見送った。

月末までの一週間ほど、業務の引継ぎや札幌での新業務の把握など、健太は殺人的な忙しさに見舞われた。
帰りもほとんど午前様となり、自宅に帰ったときには望美は自室で就寝中という状況だった。
朝に顔を会わせても口数は少なく、疲労困憊の健太も黙々と食事を済ますだけという日が続く。
出向の準備こそ、望美がしてくれるおかげで健太はほぼ何もせずに済んではいたが、一人だったらとてもそうは行かなかったに違いない。
一人じゃないんだという喜びと、これからしばらくは独りになってしまうという寂しさを、健太は同時に味わっていたのだった。
この一週間ほどの間にも、望美の生活はじょじょに越久村中心に変わっていっていた。
仕事帰りには越久村と二人での食事が当たり前になり、時にはホテルで時間を過ごす。
早く帰ったときこそ健太のために出向の準備をしたりするものの、それは義務感から行な
っているに過ぎなくなり、望美の心からは健太は急速に失われていっていたのだった。
「がんばってね。たった二ヶ月だからすぐ戻ってこられるわ」
札幌への出発の日、望美は羽田に健太を見送りに来ていた。
すでに大まかな荷物は先に送ってあり、ほとんど躰一つでの出発は楽なことには違いない。
「行ってくるよ。一人で大変だと思うけど、何かあったらすぐに戻ってくるから」
「大丈夫よ。心配しないで。子供じゃないんだから」
健太に抱きしめられ、望美はちょっと躰を硬くする。
そのことが望美の初々しさを思わせて、健太はなんとなくうれしくなった。
残念だったのは、夕べせっかく札幌出向前の最後の日で、望美を抱きしめたかったのに生理だと言われてしまったこと。
このところ望美と抱き合ってなかったので、前回の生理を忘れていたのだ。
望美の肌のぬくもりを感じられなかったのは残念だけど、戻ったときにはいっぱい抱きしめてあげよう。
そう思う健太だった。

「そろそろ行かないと。搭乗手続きが始まるし私も仕事だから」
やんわりと健太を押しのける望美。今日の望美は何だかとても美しい。
決して派手というわけではないのだが、化粧のせいか妖艶という感じですらあるのだ。
こんな望美は健太には初めてのことだった。
服も見慣れた感じの落ち着いたものではなく、多少胸元が広く躰にぴったりした感じであでやかだ。
そのことを言うと、健太さんの見送りにつまらない格好はできないでしょとうれしいことを言ってくれた。
羽田へくるときも車でと主張した健太に、行き帰りに万一事故でも起こしたら困るし、機上の健太さんによけいな心配をかけたくないからと公共交通機関でここまで来たのだ。
これから会社に戻るのにも大変だろうけど、その心遣いが健太はうれしかった。
「それじゃ行ってくる」
健太の唇が望美の唇に触れたとき、望美はまたしても身を硬くしてしまう。
ここしばらくの越久村との逢瀬は、望美の心をすっかり変えてしまっていた。
越久村と肌を合わせることに幸せを感じてしまった望美は、健太のことを生理的にも受け付けなくなってきていたのだ。
とっさに生理と嘘をついて健太に抱かれることを逃れたのもそのためで、こうして抱きしめられること自体を苦痛に感じてしまうのだった。
「行ってらっしゃい」
健太の抱擁から解放された瞬間、望美はホッとしてしまう。
搭乗口に消えた健太を見送ったあと、望美は足早に空港ターミナルをあとにしたのだった。
「塩原君は無事に出発したようだね」
空港駐車場の待ち合わせ場所で、越久村の姿を見つけた望美は思わず駆け寄ってしまう。
「はい。無事に済んでホッとしました」
「うん、さあ行こうか」
越久村がすっと腕を差し出す。
「はい、部長」
望美はまるで恋人同士のように越久村の腕にすがりつき、車に向かって歩き出す。
車に乗り込んだ二人はあらためてキスをすると、都心に向けて走り去った。

******
二ヶ月という期間は、望美を完全に変えてしまうのに充分な時間だった。
望美は家に帰ることもなくなり、越久村の家から一緒に通うようになってしまう。
電話は携帯に転送するようにセットされ、帰りが不規則なので健太からの電話をいつでも受け取れるようにしたのだとごまかした。
タバコも常に吸うようになり、越久村と一緒で一日三箱は吸うほどのヘビースモーカーになってしまう。
お酒もよく飲み、毎日越久村と楽しむようになっていた。
何よりも二人を結びつけるのはセックスだった。
越久村と望美の躰の相性は抜群だったらしく、望美は今まで感じたことのないエクスタシ
ーに溺れていった。
越久村の言うままにおへそにピアスを入れたりもし、越久村に抱かれることで毎日がとても充実していったのだった。
「塩原さんこんにちは」
出向も間もなく終わろうとする時期、健太は札幌に出張に来た営業の後輩と顔をあわせる。
「大下じゃないか。久しぶりだな。みんなは元気かい?」
「ええ、元気ですよ。塩原さんもお元気そうで何よりです」
久しぶりの出会いに話が弾み、二人は夜居酒屋へと繰り出した。
「そういえば、先日新社屋の特別事業部に顔を出したんですが、すごく美人の秘書さんがいるって知ってました?」
「えっ?」
思わず健太は聞き返す。
「越久村部長の秘書さんなんですけど、望美さんって言ったかな?もうすごい綺麗な人なんですよ」
大下は思い出してはうっとりする。それほど望美の姿は印象的だったのだ。
一歩越えれば水商売の女となりかねないほどのきわどい衣装でありながら、それをスマートに着こなして妖艶さを漂わせている。
化粧も濃過ぎず派手過ぎずぎりぎりのところで最高の美しさを引き出している。
まさにそんな女性に思えたのだ。
「きびきびしていて、越久村部長にはかいがいしく尽くして・・・なんかもう恋人以上って感じなほどラブラブかと思えば、きりっとした表情でタバコを吸う姿はキャリアウーマンって感じで」
「それは・・・本当に望美という女性・・・なのか?」

健太には信じられない。それは健太の知る望美では断じてない。
大体望美はタバコなど吸うはずがないのだ。
「そう言ってましたよ。噂では越久村部長と恋仲だとか。まあ、部長は今独身ですから、いずれは一緒になるんじゃないですか?」
健太は目の前が暗くなっていくのを感じていた。
電話で話した望美はいつもと変わらぬ応対だった。
家に一人でいるとのことだったし、タバコも吸ってないし誰かと勘違いしたんじゃないかと言う。
だが、健太の胸の奥底に湧いた疑念は晴れることがなかった。
「塩原君か?」
越久村が望美を抱き寄せる。
携帯を閉じてタバコをくゆらせていた望美は、その腕にいざなわれるように越久村の胸に寄り添った。
健太との電話も越久村のベッドの中で受けていたのだ。
「ええ・・・なんだか疑っているみたい。感じ悪いわ」
「ふふふ・・・嘘が上手になったじゃないか」
「だってぇ・・・竜治さんとずっと一緒にいたいんだもの」
越久村の口に自分の口を重ねる望美。舌が絡み合い官能の炎が燃え上がる。
「そろそろ塩原君も気づくだろうな。彼の出向ももうすぐ終わる」
「いやだわ・・・もう戻ってこなければいいのに・・・」
今の望美は健太に対して嘘をつくことも平気だったし、彼を切り捨てることにもためらいはない。
「そうだな・・・また何か手を考えようか」
「うふふ・・・うれしい。愛してるわ、竜治さん」
越久村の首に両手を回し、再び唇をむさぼる望美。
彼女の心に健太はすでにいなかった。

健太の心のうちに湧いた疑念は、晴れるどころかますます健太を苦しめる。
思い悩んだ健太は、ついにある行動に出ることにした。
高校のときからの友人に疑念を打ち明け、望美のことを監視してもらったのだ。
友人は自営業をやっているため、多少の時間の融通が利く。
望美との結婚式にも参列してくれた友人は、親身に健太の悩みを聞いてくれ、早速調べてくれるということだった。
******
札幌での業務も一段落し、いよいよ本社への帰還が迫った日。
健太の元に友人から電話があった。
祈るような思いで望美の潔白を望んでいた健太にとって、友人からの電話は衝撃的なものだった。
電話の向こうから告げられたのは、望美が毎日越久村の家から一緒に出社していること、まるで恋人同士のように親密な雰囲気であること、夜も一緒に帰ってきているらしく、おそらく男と女の関係になっているであろうことだった。
無論素人の友人の調べでは詳しいことはわからない。
しっかり調べるには興信所のようなものを使うしかないだろうというものだったが、一応越久村に寄り添う望美の写真は撮ってくれたという。
健太にはそれからの記憶がない。
気がつくと受話器を握り締め、ただ泣き喚いているだけだった。

羽田に降り立った健太を出迎えてくれたのはその友人だった。
望美には電話をしたものの、仕事があるから迎えには行けないとそっけないものだった。
一縷の望みを抱いてはいたものの、あまりにもそっけない望美の言葉に健太は絶望を禁じえなかった。
大丈夫かと心配する友人を手で制し、撮ってもらった写真だけを受け取ると、健太は久しぶりの自宅に帰る。
望美のいない家はがらんとした感じを受け、薄ら寒くさえ感じた。
荷物を置いてへたり込むようにソファーに腰掛けた健太は、友人が取ってくれた写真をテ
ーブルに広げて行く。
そこに写っているのは望美ではなかった。
少なくとも健太の知っている望美ではなかった。
姿かたちは望美にそっくりだが、妖艶さをたたえ別の男に甘える一人の女の姿だった。
脚を組んでタバコを吸う姿や、越久村の腕にぶら下がって媚びた目で見上げている姿は以前の望美からは想像も付かない。健太は涙があふれるのをとめることができなかった。
望美が帰ってきたのは夜八時を過ぎていた。
健太が札幌から戻ってくるので早めに帰宅したのだろう。
友人の話では夜は越久村と食事をし、そのまま越久村の家に帰ることが多かったそうだから。
「ただいま健太さん。遅くなってごめんなさい。最近は業務が忙しくて・・・お腹すいたでしょ?すぐに食べられるようにお弁当買ってきたわ」
健太の好きなから揚げとビールを持っている望美。
笑顔が以前の望美を思い起こさせる。
「どうしたの?何かあったの?」
無言でうつむいている健太に望美も何かを感じ取る。
テーブルに広げられた写真が、望美の目に飛び込んだ。

「ふう・・・そういうこと・・・」
提げていた袋をテーブルに置き、健太の向かい側に腰掛ける。
そして脚を組むと、ポケットからタバコを取り出して火をつけた。
ふうと煙を吐く望美を唖然とした表情で見る健太。
それがいかにも間が抜けたようで望美は嘲笑が浮かぶのを止められなかった。
「望美・・・」
「何?」
「君は・・・その・・・部長と?」
くすっと笑みを漏らす望美。今さらそんなことを聞いてくるなんてバカな男。
「調べたんでしょ?つまらない男ね。ええ、そうよ。私はもう竜治さんの女なの。竜治さん無しでは生きられないわ」
わざとにタバコの煙を吹きかけてやる。煙たそうな健太の顔がまた哀れっぽい。
「の、望美・・・君は・・・ど、どうして・・・」
「どうして?あなたがつまらない男だからに決まっているじゃない。竜治さんの仕事ぶりを見たことある? あなたとは雲泥の差よ。それに・・・」
望美はそこでわざと区切る。
「それに?それになんだって言うんだ!」
「ふっ」
思わず声を荒げる健太に対し、望美は妖艶に微笑んで見せる。
「言葉にする必要なんてないんじゃない?今の私を見て。あなたが私をここまで変えられると思うの?私を家に閉じ込めるだけで満足していたあなたが・・・」
「の、望美・・・」
健太は言葉を失う。目の前の望美は確かに妖しい魅力をたたえ、美しかったのだ。
「竜治さんが私を抱いてくれるかなんてどうでもいいの。だって、彼はあの仕事ぶりだけで私を何度もイかせてくれるんだもの。あなたには到底無理なことよね。つまらない人」
口元に冷たい笑みを浮かべ、望美はさげすみの目で健太を見つめる。
そこにはかつての望美はかけらたりとも見出すことはできなかった。
「望美・・・お願いだ。目を覚ましてくれ。君は越久村部長にだまされているんだ。仕事をやめて主婦に戻ってくれ。頼む」
健太はそう思うしかなかった。これは悪い夢だ。悪夢だ。
越久村部長のせいで望美は別人にされてしまった。
でも、きっと元に戻るに違いない。
「仕事をやめる?バカなことは言わないで。私は竜治さんの秘書なのよ。やめるはずがないじゃない」
タバコを携帯用の灰皿に入れ、また一本火をつける望美。
あれほどタバコを嫌っていた望美がこんなにタバコを吸うなんて・・・
「望美・・・」
健太は言葉を失うばかりだった。
「で、どうしたいの?別れて欲しいなら喜んで別れてあげるわよ。慰謝料だって払ってあげる。そうね・・・五百万ぐらいでどう?」
「えっ?」
狐につままれたような表情をする健太。
別れを切り出されるなんて想像もしてなかったのだ。
越久村のもとから引き離せば・・・仕事さえやめてもらえば・・・
それしか考えられなかったのだ。
「なんだったら主任ぐらいにはしてあげるわよ。北九州か札幌辺りへ行って戻らないって約束ならね」
これは望美が越久村と相談したことだった。
慰謝料を払ってでも健太と別れることを望美は考えるようになってしまっていたのだ。
「望美・・・」
「うふふふ・・・どうしてって顔しているのね。今のプロジェクトが成功すれば竜治さんは専務になるつもりなの。今までだって専務になっていておかしくなかったけど、そろそろ昇格してもいいかなって思っているみたい。社長は竜治さんに全幅の信頼を置いているし、そうなれば人事面でもいろいろと融通が利くってわけ。私も専務秘書になるのよ」
すらっとした美しい脚をこれ見よがしに見せ付ける望美。
妖しい魅力が健太をも苛んでいく。

「ねえ、それで手を打ちなさいよ。悪い話じゃないでしょ?」
望美は健太がこれで引き下がると踏んでいた。
どうせ仕事以外に取り得のないつまらない男なのだ。
昇格と慰謝料をちらつかせればうなずくに違いない。
だが、健太の反応は望美の予想とは違っていた。
「望美・・・いやだ・・・いやだ・・・僕は別れない。僕は望美と別れたくない」
「えっ?」
望美の目の前で、健太は首を振る。
「望美・・・お願いだよ。別れるなんて言わないで。僕は望美と別れたくないよ!」
「健太さん・・・」
涙を浮かべて別れたくないと言う健太に、望美は唖然とした。
この男は何を言っているのかしら・・・
「ボクは君を取り戻す。越久村部長と戦ってでも取り戻す!」
健太はそう言って立ち上がる。
竜治と戦ってでも取り戻すという健太に、望美はただただ哀れみを感じるだけだった。
******
「望美、次の予定は?」
「はい、専務。二時から舞方物産の社長がいらっしゃる予定になってます」
いつものように越久村に予定を告げる望美。
美人の優秀な専務秘書として、社内でも評判が高い。
「二時か。まだ時間があるな。こっちへ来い」
机で呼ぶ越久村に、望美は嬉々として歩み寄る。
「今日の下着は何色かな?」
今朝も一緒に出てきた越久村にとってはわかりきった質問だが、望美は薄く笑みを浮かべてスカートをめくる。
「竜治さんの好きな黒のレース付きですわ」
ぬけるような白い肌にへそピアスがきらりと輝き、黒い下着が淫靡さを漂わせている。
「ふふふ・・・いやらしいやつだ。来い、可愛がってやる」
「ああ・・・竜治さん・・・」
招かれるまま望美は期待に胸を膨らませて越久村の胸にしなだれかかる。
オフィスは一時愛を交わす場所になるのだった。

「それで?塩原君はどうなったんだったかな?」
舌を絡めあうキスを交わしながら、越久村は意地悪く質問する。
「うふふ・・・バカな男ですわ。あの時私の申し出を受け入れていればよかったのに。竜治さんから私を取り戻すなんていうから・・・うふふふ」
椅子に座る越久村の上にまたがりながら、望美は深い快感に浸っていく。
「札幌でただ働き同然の状況ですわ。せっかく順調だったプロジェクトが、あの男のせいで台無しになるところだったんですから当然ですけれど」
得意げな表情でふふんと鼻を鳴らす望美。
「ふふふ・・・哀れなやつだ。望美が後ろで糸を引いていたとも知らずに」
越久村の顔にも嘲笑が浮かぶ。
「思ったとおり、あの男ったら簡単に罠にはまってくれましたわ。特別事業部の膿もかぶ
ってくれましたし・・・うふふふ」
越久村のモノに貫かれながら、口元に持ってきた指に舌を這わせる望美。
その姿はなんともいえず妖艶だ。
「ふふふ・・・怖い女だ」
「あん・・・竜治さんのおかげですわぁ・・・竜治さんがくずどもの扱い方を教えてくださったんですもの。でもあの男、クビにしなかったんですけど、かまいませんでしょ?」
腰を動かしながら、より深く快楽をむさぼっていく望美。
「それはかまわないが・・・まだあの男のことを思っているのか?」
「まさか。クビにして自棄でも起こされたらたまりませんもの。当分は飼い殺しにしてやりますわ。不穏分子は監視下にという竜治さん、いえ、越久村専務のお教えですもの」
越久村の首に両腕を回し、むさぼるように唇を重ねていく。
「ははは・・・そうだったな。まあ、やつに死なれでもしたら寝覚めが悪いしな」
「うふふ・・・そういうこと。あん、竜治さんは最高。愛してるわ」
たくましい越久村に奥まで貫かれ、望美は今、絶頂とともに深い幸福感を味わっていた。
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                萌えた体験談データベース

↑ ページ最上部に移動する ↑
PR(新着)
イキ癖をつけられた元ヤン妻

なおみさん全盛時代、2話 なおみさんと白石監督

カノママが淫らすぎる

新郎に代わりまして…オレのち◯ぽで孕ませウェディング!

ヤンママに告白したら玉砕した……けど!?

寝取られオバさんKT

催眠温泉旅行

妻に黙って即売会に行くんじゃなかった1.5&2

隣の世話焼き奥さんが毎晩ボクを食べに来るっ

彼氏あり&旦那ありの女子達&人妻を寝取ってみました

幼馴染とその母親がガッツリ寝取られるお話

ナツノユウウツツ

ママカリ部

D.H ダンナニヒミツ ~石原さゆみ 32歳の場合~ 夏の浴衣の思惑

爆乳で処女でウェイトレスな彼女がバイト先の店長に生ハメセックスで寝取られてチンポ堕ちするまで

隣の人妻が催眠をかけられて寝取られた話

マナタマプラス総集編

孕妻 それは本当にあなたの子ども?

巨チンに寝取られたビッチ妻

黒人留学生に寝取られる人妻~後編~

黒人留学生に寝取られる人妻~前編~