お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                      投稿パラダイス掲示板

妻と近所に住む子供 

カテゴリ: 寝取られ&寝取らせ
私達夫婦には子供がいません。
妻が学生の時からエッチな事を繰り返し、妊娠・中絶を繰り返した罰でしょうか?
妊娠出来ない体になってしまったんです。
私達は出会い系サイトで知り合いました。
妻が子供が出来ない身体と言う事は初めから知って居ました。
私30歳・妻28歳

最近、近所のA君(9歳)がよく遊びに来ているのを目撃するんです。
妻に聞くと、近所に住んでいる高橋さんの所の子供らしく、鍵っ子だそうです。
両親は共働きで、一人っ子のA君はいつも学校が終わると一人で留守番をしていると言うのです。
そんなA君が可愛そうで妻が”遊びにおいで”と誘ったのが始まりの様です。
高橋さん(旦那45歳・奥さん44歳)夫婦は、妻の行為に甘え子供が遊びに来ている事を認識していました。
A君が来てから、妻は何だか元気になった様にも感じます。
高橋さん夫婦は、日によっては帰宅が20時を過ぎる事も度々で、A君はほぼ毎日我が家で夕食を食べる様に
なっていました。
その日、私はいつもより早く帰宅すると、玄関にA君の靴がありました。
”今日も来ているんだな”そう思いながらリビングへ向かいうと人気がありません。
そんな時、風呂場から笑い声が聞えたんです。
脱衣場へ向かうと、何と!!!妻とA君が風呂に入っていたんです。
妻の楽しそうな声、そしてA君の笑い声です。
私は、妻の嬉しそうな声に安心し、2階へ着替えに向かいました。
着替えも終わり、1階へ降りると妻の言葉(ここに興味あるの?)が気になったんです。
”ここって?何処だ?”脱衣場で耳を傾けると、
「ねぇ、ここ触ってみて・・・」
「いいの?凄いヒクヒクしているよ」
「ここの塊を指で撫でて・・・」
「コリコリしている・・・気持ちいいの?」
「ん~凄く気持ちいいの・・・A君上手ね」
「何だか出て来てるよ?何」
「お姉ちゃん気持ち良くなると汁が出るの?もっともっと真近で見て」
「ん~お母さんとはちょっと違うね。お母さんのはもっと黒くてビラビラが大きいよ」
「そうなんだ!ここに指入れて見て」
「ここ?なんだか吸い付いて来る感じだよ」
「そう!もっと奥まで入れて見て」
「こう?痛くないの?」
「気持ちいいの!A君上手だからね」

驚きました。妻がA君に・・・。いつから?
リビングで妻達が上がって来るのを待ちました。
妻は一瞬驚いた表情を浮かべましたが、A君には悪びた様子はありません。
「帰ってたの?」
「あ~何だ2人で風呂か?親子みたいだな」
「A君汚れて帰って来たから、洗ってあげたのよ」
「そうか!」
「ご飯の準備するから、待ってて」
妻に問い詰める事は出来ませんでした。相手は小学生!直ぐに飽きて止めると思っていたんです。
翌日も、そして翌々日も2人は一緒に風呂に入って妻は弄らせていました。
まだ小学生とは言っても昔と今では違います。A君は体格もクラスで良い方で、妻と身長もほぼ互角です。
エッチな事も多少は知って居るんだと思うんです。
このまま、触る程度で終わるのか?不安でした。
数日して、A君の両親が遅くなると言うので、我が家に泊まる事になったんです。
私は仕事でちょっと遅くなると妻に電話を掛け、2人の様子を伺う事にしました。
車は近くの広場に停め、歩いて自宅へ。風呂場から声が聞こえるので、近寄って耳を傾けました。
「A君、今日は何しようか?また触る?」
「ん~ペロペロして欲しいなぁ」
「ぺロぺロ気持ちいいの?」
「うん!凄く気持ちいいよ!じゃ、ここに立って」
「凄く大きくなってるね!ペロペロするよ」
「う・う、もっと吸って・・」
「玉も舐めて綺麗にしてあげるね・・・今度はお尻」
「凄く気持ちいいよ!今度は交代」
「馬になって・・・もっとお尻高く上げないと舐めて挙げないよ」
「こうですか?これでいいの?」
「もうエッチだな!蜜が溢れているぞ!」
「だってA君のチンチン美味しくて・・・」
「ペチャ・ペチャ・もう口の中蜜でベタベタになっちゃたよ!お仕置きにここを吸ってやる」
「駄目~そこ気持ち良すぎるの・・あ~」

この数週間で、妻とA君がここまでする様になったとは・・・
リビングに戻った2人は全裸!A君のチンチンはまだ包茎だったが、小学生にしては大きい方だろう。
このまま放置すれば、やがて妻とA君は繋がる時が来てしまうと思う。
そして、きっとA君は妻の事を話し仲間の子供達の玩具と化してしまう。

そんな心配する今日この頃です。

---

妻28歳が近所の子供A君に悪戯をさせてから2ヵ月が過ぎた頃です。
A君の両親が、連休中も仕事と言う事で私達の家に遊びに来ていました。
連休と言う事もあり、妻が”どこかで掛けようか?”と言うので、車で出かける事にしたんです。
運転をしながら私は気づいていました。
妻が後部座席でA君に股間を触らせたり、胸を揉ませていました。
私は知らないふりをしながら、股間を大きくさせていました。
初めに向かった先は大きな公園で、花や芝生が綺麗に整えられている他、遊具や展望台と言った感じの
施設も整った所でした。
妻はA君の手を取り、私の後ろを歩いているんですが、辺りからは親子に見えていたと思います。
しかし、A君は人目を気にしながら、妻のスカートの中に手を入れ触っていたんです。
妻は時より快楽に溺れる表情を浮かべていました。
A君「ねぇ、あの遊具で遊んでみたいなぁ」
妻 「そうね!じゃ行ってみようか」
私達はA君に急がされる様に遊具へ向かったんです。遊具は色々あり、多くの子供達で賑わっていました。
妻とA君はプラスチック製の土管で出来たトンネルの中へ入って行ったので、遅れる様に私も後を追いかけたんです。
モグラの穴の様に張り巡らされた土管内は、広くA君と妻を見失ってしまったんです。
すれ違う子供達、そんな中ようやく妻の後姿を見つける事が出来たんですが、妻の後ろ姿は明らかに違和感を感じ
ました。声を掛けずそっと近づくと、妻のパンティはズラされて陰部が見えていたんです。
A君の手が妻のお尻に伸びて、マンコに指を入れていました。
”もう!A君ったら・・・そんなに弄ったら歩けないでしょ!”妻がヒソヒソ声でA君に話しかけていました。
A君「じゃ、そこから上に昇ってみようよ」
妻 「昇の?下から見えちゃうでしょ」
A君「大丈夫!僕が後ろを昇るから・・」
妻がハシゴの手すりに手を伸ばし上り出すと、A君は欠かさずマンコに指を押し込んだんです。
妻 「駄目よ・・・そんな事されたら登れないでしょ」
A君「こういうの好きだって言ってたでしょ」
妻 「こんなところじゃ、マズイわ」
A君「じゃ、もう触ってあげないよ」
妻 「もう、意地悪言わないで」
A君「じゃ、良いんでしょ」
妻 「うん!分かったわ・・・好きにしていいわ」
観念した妻は、A君に弄ばさせる事にした様だった。
妻とA君がハシゴを昇り上の方へ向かっていたのを確認し、私は違う所から外に出て2人を探す事にしたんです。
外に出てると大人の男性達が上の方をジロジロ見ているのが分かりました。
私も上を見て納得しました。妻とA君が高い所に昇っていたんですが、妻のスカートがヒラヒラ靡いてパンティが
モロ見えだったんです。白い透け透けパンティだった為、直ぐに下着だと分かります。
男性達は声にはしませんが、完全に妻のパンチラに見入っていて股間を熱くさせていたと思います。

A君「長い滑り台に行きたい」
妻 「向こうにあるのかな?」
A君「早く行こう!」
合流間もなく、A君に連れられ長い滑り台に向かったんです。
大きな丘の上から伸びる長い滑り台は200Mはあるでしょうか?林の中を抜け、丘の下までクネクネと曲がっていました。
A君に”先いいですよ”と言われ私は先に滑ったんですが、中々次が来ません。急いで降りた私は、斜面を
駆け上り木の陰から様子を伺う事にしたんです。
間もなく妻が降りて来たんですが、すぐ後ろにはA君がピッタリ寄り添っていました。
妻の表情は赤らめ、辺りを気にする素振りです。
私は妻の異変に気付きました。A君は妻の前に手を伸ばし、マンコを弄っているんです。
しかも、妻はパンティを付けていません。黒々した陰毛がハッキリ見えます。それとブラジャーも外されている様に
見えたんです。白いシャツから乳首が立っているのが分かったんです。
急いで、滑り台の下に降り、妻達を待ちました。
妻は私の顔を見るなり、スカートの裾を押え中が見えない様にしていました。
私 「遅かったなぁ、全然来ないから心配したよ」
妻 「ごめんなさい!ちょっと手こずっちゃって」
A君「お姉ちゃん、ドジだからね」
A君「何だかお腹空いたなぁ・・・」
妻 「そうね!お昼にしようか?」
A君「うん」
そんな訳で、私達はお昼を食べる為、店に向かいました。
妻 「何食べたい?」
A君「ん~ハンバーグ」
妻 「貴方は?」
私 「俺は、向うのカレーにしようかな?」
妻 「じゃ、あなた向こう買って来て・・・私達はこっちに並ぶから」
私 「あ~」
そうして、私達は別々の店で、並んで購入する事になったんです。
カレーは、直ぐに出来上がり私は席に戻って待つ事にしました。
妻とA君の方は混んでいるのか?なかなか戻って来ません。私は妻の並んだと思われる店の方を見たんです。
A君の姿が見え、その前に並ぶ妻!
A君は妻の隙を突いて、スカートの裾を腰の隙間に入れたと思われます。
生の尻が丸出しになっており、妻は全く気付いていない様子でした。
辺りを見れば、男性達が妻の尻をジロジロ見ているのが分かりました。
私の位置からも妻の股下に陰毛が見える位です。男達は妻の近くに異動し、マジかで見ていました。
A君が間もなくスカートを直してあげていましたが、もう男達の目に焼き付く位の間。披露された後でした。
やがて、2人は席に戻って来たんですが、男達に付けられた事は言うまでもありません。
その日、A君に散々弄ばれた妻はドンドン深みにハマって行く様に感じました。

そろそろ潮時でしょうか?妻がハマっている泥沼から抜けられなくなる前に・・・。

A君と妻の関係は今だ続いている。
A君はこの夏10歳になり、誕生会も我が家で行った。もちろん妻の提案であった。
高橋さんは相変わらず、夜遅くまで働きA君はいつも1人で夕食を食べている始末。
近所の人の噂では、不仲で離婚寸前!何て言われているが、何となく頷けた。
A君にとって、妻は心のより所なのかも知れません。そんな事を聞いて妻をA君から引き離す
事も出来ない今日この頃です。
誕生会は家で、祝ってあげました。妻に聞けば、その日もA君は1人夕食のカップラーメンを用意している
所だったと言うんです。そんな事を聞かされ、私は会社帰りにケーキを買いプレゼントを買い込んで
家に向かったんです。
玄関を入り、リビングに向かうと2人はキッチンで夕食の準備です。
しかし、準備をしながらA君は妻の股下を手で弄って楽しんでいました。
ハァって気持ちもありましたが、今日はA君が主役と我慢です。
夕食を軽く食べ、ケーキを出すとA君は大喜び。プレゼントまで渡された事で、A君は涙を浮かべ
喜んでくれました。
何だか子供が出来た気分で、ビールを飲みながら”良い事をした”と自分に酔っていました。
そんな中、妻とA君は後片付けをしながらキッチンでイチャイチャしているんです。
妻もA君に支配されている様に、彼に弄ばれ悦んでいたんです。
やがて”じゃ風呂に入って来るね”と2人は脱衣場に向かいました。
「もう、そんなにグリグリされると、お汁いっぱい出るでしょ」
「今度は僕の舐めて」
「はいはい!こうぉ?」
「うん!大きくなって来たよ」
最近、良く聞く2人の会話に慣れてしまったのか?気にならなくなっていた。
結局、その日はA君も泊まる事になり、A君の布団をベットの横に並べたんです。
妻は”寝付くまで一緒に寝て上げる”と言いA君に寄り添い横になった。
タオルケット越しに妻が下半身を弄られ、妻もA君のおチンチンを触っている事は明確だった。
考えれば、A君は既に夏休みで毎日家に来ているらしく、毎日こんな事が繰り返されていると
思うとやっぱり不安だった。
数日が過ぎ、妻から”海にでも行かない?”って話があったんです。
もちろんA君も一緒に行く事になり、車で1時間程走った所の海水浴場に向かいました。
松林の中に車を止め、車内で着替えを始める2人を置き、私は一足先にトイレに向かったんです。
車に戻ると、2人は着替えを済ませ待っていました。
妻を見て驚きです。黄色いビキニ姿、生地は小さ目で胸は肉が半分食み出す始末。股間も食い込み気味
で毛が食み出すんじゃないか?って感じだったんです。
「お前!そんなビキニ持ってたか?」
「A君に選んでもらったの」
「小さくない?胸のサイズ合ってないぞ」
「そうかなぁ、まぁいいわ」
後姿もお尻の肉がほとんど食み出し、割れ目に食い込んでいる。
そんな姿を辺りの男性が見ない筈も無く、ジロジロ注目の的だった。
砂浜に着くと2人は浮き輪を持って海に向かって行った。
やっぱり妻の姿が気になり、遠目に見守る。
走る妻の胸はボヨンボヨンと跳ね男の視線を集めた。
海の中で浮き輪に揺れる妻が、何度も目を瞑っていた。A君もニコニコと妻に寄り沿う。
きっと水中でお互いのアソコを触り合っているんだと思うが、他の人には分からない様だ。
激しく指を入れられているのか?妻が指を咥え声を我慢している仕草が見えた。
そんな妻に股間はヒクヒクと反応を示していました。
妻がこっちを見ながら手を振り、やがて海水から出ようとした瞬間、A君が妻のビキニをワザとズラした。
妻の胸を隠していた生地がズレ、半分の胸が曝け出されたんです。
私は思わず食い入る様に見ていましたが、それ以上に近くにいた男性が妻の胸を直視していたんです。
妻は急いで胸を多い隠し、水に戻るとビキニを直していました。
何も無くても目立っていた妻は、更に多くの男性の視線を浴びる事になったんです。
昼も過ぎ、お腹が空いた所で、店に向かい軽食を食べる事にしたんです。
席に着くと焼きそばとカレーを注文、A君は美味しそうに頬張っていました。
「A君美味しい?」
「うん、凄くお腹空いてたし、こんな所で食べるの初めてで最高」
「そう!良かった」
食事を済ませた私達が席を立とうとした時でした。妻のビキニが外れ何と陰部が曝け出されたんです。
「えっ、どうして?」
「おい!こんな所で何曝け出してんだよ」
「だって・・・」
慌てる妻がビキニの紐を結んでいると、隣でニヤニヤとするA君がいたんです。
”こいつ!紐を取ったな!!!”直ぐに彼の仕業だと分かりましたが、辺りの男性視線が凄く、その場から
離れる事にしたんです。
妻も”もう恥ずかしいから帰ろうか?”と言うので、シャワーを浴び、車に戻り着替えをしていたんです。
妻はトイレで着替えて来ると言い、林の中へ消えて行きました。
もちろんA君の姿も無く、妻を追って行ったんだと思います。
私もA君が気になり、後で追いかけたんです。
林の中に古びたトイレがあり裏窓の辺りに数人の男性がニヤニヤしながら話をしていました。
「マジ!丸見えジャン!あの子何で母親の着替えを見せつけてるんだ?」
「まぁ、そのお蔭で母親の裸体はバッチリ見えるんだけどなぁ」
「しかしあの母親、若いし良い身体付きしてるよ。俺股間破裂しそうだ」
「俺も・・・マジヤバ過ぎ」
男性に交じり中を覗くと、大きい方のトイレの扉をA君が開きっぱなしで妻に話しかけている所だった。
妻も見られている事を知らないのか?全裸でA君と話をしているのだ。
A君がこっちを指さし妻に見られている事を教えると、妻は胸を多いしゃがみ込んでいました。
そんな状況の中、A君はドアを閉めようともせず、男性達に見せつけていました。
妻も急いで着替えを済ませると、A君と一緒にトイレを出て小走りに車に向かうのでした。
その後、男性達が”数枚撮っちゃった・・・”と携帯の画像を確認していたんです。
そんな光景を見ながら股間を大きくさせ、私も車に戻ったのです。

車中、トイレの話は出る事も無かったんですが、後部座席で妻はスカートの中に手を入れられ
アソコを弄られていました。
最近、A君と共に妻を・・・何て考えてしまいます。
A君の影響で、妻が他人に見られる興奮を覚え癖になりそうなんです。

男子○校生N君からの投稿 禁断のSEX!友達のお母さんとやった奴!
男子○校生N君からの投稿 禁断のSEX!友達のお母さんとやった奴!
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                投稿パラダイス掲示板

↑ ページ最上部に移動する ↑