お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                      萌えた体験談データベース

淫乱な女になった妻を・・・

カテゴリ: 寝取られ&寝取らせ
私は武史(サラリーマン・42歳)といいます。
亜紀(専業主婦・38歳・158・86・60・88)笑顔が可愛い妻です。
娘が小学校に上がったのを機に仕事を探していましたが、昨今の求職難のため思うような仕事がありません。
そんなおり、学生時代の友人であり仕事上の取引先でもある会社を経営している森山と飲む機会がありました。
森山とは年に数回は飲みにいく間柄でしたが、奥さんを交通事故で亡くしてから初めてでした。
「大変だったな。奥さん・・・」
「ああ・・・もう一年だよ。早いもんだ・・・」
子供が出来なかった森山は一人で暮らしています。
「一人暮らしは慣れたか?」
「なんとかやってるよ。出来た嫁だったからなぁ・・・」
「家事に仕事と森山をサポートしてたから・・・」
「いや・・・家事は自分でするし、事務の仕事も人を雇えばすむ。それだけじゃないんだ・・・」
「奥さんを愛してたって事か?」
「もちろん。愛していたさ。ただ・・・俺も42歳の男だぜ。自分好みの女なんてそうはいないよ。」
「身体の相性が良かったってこと?」
「それだけじゃないよ。そうだなぁ?・・・家で飲み直すか?」
森山の自宅で飲み直す事になりました。
森山の家は駅から歩いて10分程の距離にあり、3階だてのビルです。
1階は作業場兼倉庫、2階は事務所と事務室の奥に社長室がある間取りです。
3階は自宅になっています。
小奇麗に片付いたリビングで飲み直しです。
「続きだけど、武史・・・秘密を守るなら加奈子のことを話すよ・・・」
「奥さんの事?誰にも喋らないよ・・・」
「加奈子はMの素質があったんだ。俺が気付いてフェラやSM的な調教を長年してきて最近では複数プレイもさせていたんだ。その内、加奈子が抱かれているのを見ていると興奮する俺に気付いて・・・加奈子を知り合いに貸し出してプレイさせて後でビデオを二人で見ながらセックスする事が多かったなぁ・・・俺の寝取られ心に火がついてしまったのさ・・・」
DVDをデッキにセットしながら森山は話し続けます。
「事故の数日前の加奈子だ・・・」
ラブホテルの様な部屋のベットの上で全裸の加奈子さんが両脇に立った男性のチンポを握って順番にフェラしています。
「加奈子さん・・・」
「武史も亜紀ちゃんにフェラさせるんだろう?亜紀ちゃんは上手いか?他にどんな事してるんだよ?」
「いやうちは・・・いたって普通だよ。月に一度、時間も短くチョコチョコっとして終わりだよ。」
「そうなんだ・・・なぜ、亜紀ちゃんを調教して楽しまないんだ?」
「亜紀はそんな女じゃないよ。」
「分からないぞ。淫乱な女だったりして・・・」
「無理だって・・・」
「じゃあ。ビデオの加奈子を亜紀ちゃんだと思って見てみろよ」
「えっ~可南子さんを・・・」
可南子さんはベッドの上でバックからチンポを受け止めていました。
もう一人の男が加奈子さんの顔の前にチンポを突き出すと口で咥えます。
「ほら・・・亜紀ちゃんが男二人に犯されているぞ。二人のチンポでいい声だしてる。どうだ、武史・・・」
不思議な事に男二人を相手に喘いでいる可南子さんの顔が亜紀の顔にダブってきます。
男二人に責められ快感の嵐に包まれた亜紀がベッドの上で悶えているように感じて下半身が熱くなってきました。
「なあ、興奮するだろ?それが寝取られる快感なんだよ。」
「分かるけど・・・亜紀は無理だと思う」
「だったら・・・亜紀ちゃんをうちの会社に来させたらどうだ?事務の仕事と食事の準備をしてもらえたら俺も助かるし・・・3ヶ月の間に亜紀ちゃんが落ちなかったらスッパリと諦めるから・・・近い内に形だけの面接に来てくれたらいいから・・・」
「亜紀に話してみるけど・・・期待するなよ」
その夜は帰りも遅かったので翌朝に面接の話を亜紀に話しました。
パートの面接にも落ちた直後だったので、亜紀は大喜びしていました。
帰宅した私に面接の話を聞いて欲しくって玄関に飛び出してきました。
「あのね、凄っくいい話なのぉ~。聞いて~。9時から夕方5時までの勤務で週休2日だって・・・給与面でも思ってたより多いのよ。正社員で採用してくれるって・・・ただ、心配なのはお昼と夕食を作るんだけど・・・口に合うかな?」
目をキラキラさせながら話し続けます。
「あっ!来週から来て欲しいだって・・・」
「そう・・・後で森山に礼の電話しておくよ」
「お願いね」
亜紀は台所に戻って行きました。
「もしもし・・・今日はありがとう。亜紀が喜んでいたよ。」
「礼が言いたいのはこっちだよ。亜紀ちゃんは相変わらず綺麗だし・・・スタイルも抜群だ。例の約束を忘れるなよ。当分は手を出さないから安心しろ・・・ことが進んだら報告するからな」
「ああっ・・・3ヶ月たったら諦めてくれよ」
「分かっているって・・・」
その夜、私は亜紀の身体を求めました。
いつもは簡単に済ませる前戯も時間をかけました。
挿入中も男達に廻される亜紀を想像すると激しいセックスになります。
亜紀も『いつもと違う~激しいよぉ~』と喜んでいました。
愛する妻を犯されると思うだけでこんなに興奮するなら、現実に起こったらどんなに興奮するのか思いながら眠りにつきました。
妻が勤めてから1週間程経った時に仕事のことを聞いてみました。
事務の仕事は普通にこなせているみたいです。
食事も『美味しいって』食べてくれているそうです。
ただ、昼食は森山と二人で3階のリビングで一緒に食べているらしいです。
「森山さんも他の社員さんも楽しい人ばっかりで良かったわ。これならやっていけそうよ」
「そう、良かったね」
楽しそうな亜紀を見ていると心が沈んできます。
近い内に森山の毒牙にかかって女の喜びを教え込まれる亜紀・・・
獣のような男達に犯されて巨大なチンポに狂っていく亜紀・・・
その夜、また、亜紀の身体を求めてしまいました。
亜紀が勤めて1ヶ月が過ぎた頃、帰宅した私は亜紀の変化を感じとりました。
「おかえり」
と言っただけで目をそらせるのです。
私は落ち着いてからタバコを買いにでました。
コンビニの前で森山に電話しました。
「亜紀の様子がおかしいけど・・・」
「そうか・・・今日、キスをした。舌を絡めたディープなキスだ。明日、日帰りの出張に亜紀ちゃんを連れていく。出張と言っても1時間程で済む用事みたいなものだ・・・亜紀ちゃんにも伝えた。『明日、ホテルに誘うけど嫌なら仕事を休んでもいい・・・出社したならホテルに行く』って・・・」
「そうか・・・」
「結果は連絡するからな」
私は落ち込みながら家に帰りました。
亜紀はキッチンに寄りかかって物思いに耽っていました。
翌朝、早く出社した私に森山から電話が入りました。
「亜紀ちゃん出社してきたよ。すぐに、出かける。後で連絡する」
とうとう、亜紀は森山の手の内に落ちたのです。
落ち着かないままゆっくりと時間は過ぎていきます。
11時に森山からの電話です。
「ホテルに入った、亜紀ちゃんはシャワー中だ。武史、悪いなぁ。亜紀ちゃんをいい女にしてやるから楽しみにしてろよ。今日は写真だけ撮ってやるからな・・・帰りに見に来いよ。また、後でな。」
森山の言いなりになって、加奈子さんの様に調教されていく亜紀を思うと下半身が熱くなります。
仕事に集中しようと思っても無理でした。
なかなか時間が経ちません。
6時前に再度の電話です。
「遅くなったので、亜紀ちゃんを駅まで送って直帰させた。」
「亜紀は・・・大丈夫か?」
「亜紀ちゃん、良い身体してたよ。感度もいいし、淫乱女の素質十分だな。今日はフェラを教え込んだしバイブや玩具を経験させた。最後に2時間ほどチンポを嵌めてやったら大声を出して狂ってたよ。何十回も逝ってたなぁ。」
「亜紀が・・・」
「帰りに寄るだろ?」
「亜紀が心配だから、後日にするよ」
「そうか・・・」
私は8時過ぎに帰宅しました。
テーブルの上に夕食が準備されていますが亜紀がいません。
2階の寝室を覗くと亜紀が横になってました。
「亜紀・・・どうした?」
亜紀に声をかけました。
「風邪気味かしら・・・頭痛が酷いので先に休みます。」
「そうか・・・おやすみ」
私はリビングに降りてきました。
森山に亜紀の現状を電話しました。
「亜紀が疲れたってベットで横になってる」
「そうかぁ。無理もないぜ。いつも10分のセックスで1回いくかどうかだろ?いきなり、5時間も責められたんだからな。明日から毎日、昼休みにフェラの練習とセックスで身体も慣れてくるさ。」
「無理させないでくれよ」
「ああ・・・分かってるって。」
亜紀が心配で眠れない夜を過しました。
亜紀が森山に身体を奪われた日から3日経ちました。
私は亜紀の写真が気になり森山の自宅を訪ねました。
「おう!いらしゃい。」
「亜紀が世話になって・・・」
「ふふふ・・・亜紀ちゃん頑張ってるぜ。毎日、昼休みに俺のチンポを咥えてるぜ。あっ!写真だったな。」
封筒から数十枚の写真がでました。
どれもこれも、亜紀は全裸でフェラしてる写真や縛られて玩具をオメコに嵌められた写真ばかりです。
「今日もそのソファーで俺のチンポを嵌めて狂ってたぜ。あっ、そうだ。今日の昼間はビデオを撮ったけど見る?」
「ああっ・・・見るよ」
リビングのテレビに再生されていきます。
二人並んで昼食を食べています。
食べ終わると食器もそのままに亜紀が立ち上がって全裸になります。
森山の前に膝着いてフェラを始めました。
「社長、美味しいです~。ジュルジュル・・・・」
「亜紀は淫乱な女になったね」
「毎日、社長から厭らしい教育を受けてるからですわ。もう、入れて下さい。お願いします。」
「生で嵌めるぞ」
「中で出さないでくださいね。」
「近い内にリングでも入れろ。俺の友達にも廻してもらうから・・・いいな」
「私・・・男達の玩具にされるのですね・・・社長が望むなら・・・ああっ・・・いいっ・・・気持ちいいですぅ~」
ビデオのなかの亜紀は別人のようです。
「どうだ、武史・・・亜紀は変わっただろ?」
「ああっ・・・お前の言うとおりだった。」
「今晩、亜紀を抱いてみるか?俺が電話して武史に抱かれるように命令してやろうか?」
淫乱な女になった亜紀を抱いてみたくなりました。
「頼む。」
「武史が家に帰るまでに電話しとくよ」
私は早く家に帰りたくなりました。

---

私達夫婦(武史・42歳・サラリーマン  亜紀・38歳・158・86・60・88)はいたって普通の夫婦でした。
妻が友達の森山の会社に勤めるまでは・・・
私も了承していたといえ、一ヶ月後に社長の立場を使って体の関係を求めました。
妻も悩んだあげく、ようやく掴んだ職場を手放したくなかったのでしょう、森山の言いなりになったのでした。
妻は森山に毎日、性戯を教え込まれ淫らな女として目覚めていきました。
私は森山が提案した『今夜、亜紀を抱いてみるか?命令しておくぜ』の言葉に不思議な興奮を覚えました。
なぜなら、私達は夫婦なのです。
夫婦ならセックスするのは普通の行為です。
他人にお願いして妻を抱くのは、妻と森山に主従関係が出来ていたのでしょう。
森山の部屋を出て、我が家に急いで帰りました。
妻は普段どおり私を迎えてくれます。
食事とシャワーを済ませそうそうにベットに入って妻を待ちました。
寝室のドアが静かに開いて妻が入ってきました。
家事を終えシャワーも済ませたのでしょう、いい香りが寝室を包み込みます。
「・・・あなた?・・・もう、眠ったの?」
私は妻の問いかけに答えず眠った振りをしました。
妻は薄い夏掛けを捲ってベットに入ってきました。
私の方を伺ってパジャマを脱いでいく気配がします。
狸寝入りしている私の下半身に手を伸ばしてパンツごと下ろしました。
半立ちのチンポに舌を絡めてきます。
以前の咥えて扱くだけのフェラとは大違いです。
毎日、森山に教え込まれたフェラは数段上手くなっていました。
「ああっ・・・いい・・・」
薄目を開けて妻を見ると、フェラしながら自分の下半身に手を入れています。
お願いしないとフェラしてくれなかった妻が自分から進んでフェラしています、しかもオナニーまでして・・・
私が目を開けたのに気付いた妻は『あっ!ごめんね。あなた・・・今夜はムラムラしちゃって眠れないの・・・いいかな?』と言います。
私は心の中で『森山の命令されたくせに・・・』と思い、妻を虐めてみたくなりました。
「亜紀・・・以前のフェラの仕方が違うね?」
「そんな・・・ことないわよ」
「毎日、会社で男性社員のチンポでも咥えてるんじゃないの?」
事実を知りながら妻を問い詰めます。
「・・・」
「会社で男達の性奴にされてたりして・・・亜紀はどうなの?男達の玩具にされたくない?」
「ばかね。会社でそんな事ないわ」
「でも・・・セクハラ紛いの事ぐらいあるだろ?」
「あのね・・・背中や肩に触れていく人はいるわ・・・私だけ机が離れているの・・・机の下のスカートの奥を見つめてる人もいる・・・今日もそれでムラムラしたの・・・」
すでに、森山のチンポを嵌められている妻に聞きました。
「他の男とセックスしたら隠さずに言うんだよ」
「えっ・・・いいの?・・・あなた以外の人とセックスしても?分かったわ、言うから許してね。でも、今は誰ともしてないから安心して・・・」
妻は森山の事を私に言いませんでした。
「ねぇ~クリちゃんを触ってたら欲しくなちゃった。入れていい?」
私に跨って積極的に腰を振ります。
以前は歓喜の声など押し殺して我慢していた妻ですが森山の指示なのでしょう、卑猥な言葉を口にします。
「いいっ~いいよぉ~オメコイクッ・・・オメコいっちゃう・・・オメコイクぅ~」
二人同時に逝ったのでした。
妻のお腹にぶちまけた精子を掬い取って口にする妻です。
フェラも喘ぎ声も仕草も以前と違う妻でしたが敢てその場は指摘しませんでした。
翌日、森山に電話しました。
「・・・もしもし・・・」
「おおっ、武史。昨夜は楽しめたか?」
「ああっ・・・良かったよ」
「そうか・・・亜紀はいい女だって再発見しただろう?」
「そうだな・・・だが、心配な事もあるんだ。俺は森山との事を言いやすいように話しをもっていったんだが喋らなかった・・・」
「そらそうだよ。まだ。亜紀も戸惑っていると思うぜ。いずれ、時期がきたら亜紀から話す様にもっていってやるよ」
「頼むな」
何時もと替わらない生活が一月過ぎました。
月曜から金曜日までチンポを咥え、生理の時以外はチンポを嵌められる日々を過していた妻が『金曜から日曜の夜まで出張を命じられたの・・・あなたに許可を得てから会社に返答するわ』と聞いてきたのです。
「いいよ、仕事ならしかたない。子供と留守番してるから頑張っておいで・・・」
「ありがとう・・・あなた・・・頑張るわね」
翌日、森山に電話で出張を尋ねました。
「亜紀がそう言ったのか?・・・実はな・・・以前から付き合いのある友達に亜紀を抱かそうと思ってね・・・金曜の夜から日曜までセックス漬けにしてやる。」
「大丈夫なのか?」
「俺がついているから心配するな。でな・・・帰りに亜紀にビデオを持たせる。楽しみにしていろ」
「亜紀は知っているのか?」
「ああっ・・・覚悟はできているみたいだぜ。お前こそ、覚悟して亜紀の話しを聞いてやれよ。」
「覚悟って?」
「亜紀はお前公認で今の暮らしを続けていきたいらしい・・・」
「そうか・・・家庭と子供を大事にしてくれるなら俺にも不満はない・・・亜紀の話を聞くよ」
「お前の寝取られもそうとうのものだな。亜紀が帰ったら話しを聞きながらセックスしろ。それまで亜紀を想像して自分でやるんだな。時々、声ぐらい聞かせてやるからな」
 
妻は金曜の朝、旅行鞄を抱えていつものように会社に行きました。
深夜に森山から電話で目の前で繰り広げられてる現状を聞かされました。
森山を含めた5人の男達によって妻は快楽を与えられ続け複数の男を同時に相手にして絶頂と失神を繰り返しているそうです。
リングを嵌めた妻は男達の精子を口とオメコですべて受け止め半狂乱となっているようです。
電話の向こうで妻の喘ぎ声か聞こえています。
「亜紀が帰るのが楽しみだろ?」
私は自分のチンポを激しく扱きながら携帯の声に耳を傾けるのでした。

豊満団地妻 沙耶
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                萌えた体験談データベース

↑ ページ最上部に移動する ↑
PR(新着)
妻に黙って即売会に行くんじゃなかった1.5&2

隣の世話焼き奥さんが毎晩ボクを食べに来るっ

彼氏あり&旦那ありの女子達&人妻を寝取ってみました

ウラではヤってるクラスのあの娘

あの日のアヤマチ

幼馴染とその母親がガッツリ寝取られるお話

ナツノユウウツツ

ママカリ部

D.H ダンナニヒミツ ~石原さゆみ 32歳の場合~ 夏の浴衣の思惑

自宅で寝取られた勝気な人妻 ~家族に隠れて隣人に調教される女~

爆乳で処女でウェイトレスな彼女がバイト先の店長に生ハメセックスで寝取られてチンポ堕ちするまで

隣の人妻が催眠をかけられて寝取られた話

マナタマプラス総集編

茜ハ摘マレ染メラレル弐

茜ハ摘マレ染メラレル

孕妻 それは本当にあなたの子ども?

巨チンに寝取られたビッチ妻

人妻ゆかりさんのオフパコチャンネル ~ナマ配信は浮気じゃないんです~

黒人留学生に寝取られる人妻~後編~

黒人留学生に寝取られる人妻~前編~