お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                      萌えた体験談データベース

夜、妻は帰ってこなかった・・・

カテゴリ: 寝取られ&寝取らせ
きっかけは、ほんとにささいな出来心だった・・・。今思えば、やめとくべきだった。

私達夫婦は、子供に恵まれなかった。私40、妻が37。均整がとれた体を持て余すように熟れてきた妻を、私は毎晩のように抱いていた。特に、両手で隠せないほどの爆乳が私は気に入っていた。
それでも、マンネリ化の波はやってきた。SMの真似事のようなことをしたり、露出行為にまで発展したが、ふとしたきっかけで見つけたハプニングバーにハマってしまい、他人に見せ付けるようにセックスするのがやみつきになった。
メタボな私の腹の上で腰を揺すり、奥まで食らい付く妻の蜜壺に、他人の視線が突き刺さる。いつしか、私は他人に妻を貸し出してみたいという欲求にかられた。
私の中途半端なペニスではなく、バーにきている若い、ギンギンに勃起している凶器で、妻を狂わせてみたい。それを見ながら、いま私達の行為を見ながらオナニーをしている若者たちのように、目を血走らせ、オナニーをしてみたい。そんな変態な妄想に取りつかれた。

たまらなくなり、ある日妻に相談してみた。しかし、やはりというか、妻は拒否をした。たしかにバーにいる女性で、誰彼かまわず貸し出されてる人がいるけど、あぁはなりたくない、と。

だけど、一人くらいなら・・・。

やはり怖いのだろう。もみくちゃにされて、自分を見失うのが。
そこで、週末に旅行に誘ってみた。温泉旅行だ。ただし、混浴がある。そこで、二人で入って知らないふりをし、誰か1人で来たら妻からアプローチをする。私は、見ないふりをしてチラチラみせてもらう。

そんな約束だった。妻は一人だけなら、ということで承諾してくれた。

旅館につき、二人で混浴にむかう。時間は21時。ふらりと誰かくるかも。だけど、こなかったら・・・。

広い露天混浴で、別々の場所で湯に浸かる。
程なくして、私と同い年か少し上の方が来た。チラチラと妻を見ている。ばれないようにめくばせをすると、妻は風呂のふちに腰掛け、タオルを胸にかけ足だけを湯につけるかたちになった。透けたタオルから、大きな乳輪がわかる。男性は、遠慮せずにガンミをはじめた。

ところが、少したったときに男性はあがっていってしまった。明らかに興味がありそうだったのに。

残念そうな顔で妻に近づき、のぼせそうだからあがろう、と誘ったが、妻はもう少し入ってからあがると。何もないだろうけど気を付けろよとだけいい、先にあがった。
実際、脱衣上で少しふらついた。水分をとらなきゃ。部屋に戻るために廊下をあるいていたら、さっきの男性とすれ違った。しかし、その男性は10人ほどの男性と一緒に・・・。

まずい。浴場に向かっている。妻はまだ、あがってないはず・・・。

しかし、私がここでまた浴場に戻ると、あやしまれる。

私はいったん部屋に戻り、水分を補給して部屋で待った。もしかしたら、妻と入れ代わりに男性が入るかも。そしたら、5分くらいで部屋に戻ってくるはず。

タバコを1本吸っても、妻は戻ってこなかった。

不安になり、浴場に戻った。脱衣場には、脱ぎ散らかされた浴衣が床に散乱していた。あわてて脱いだ感じだ。妻の浴衣と下着は、まだ棚にあった。

私も急いで脱いで、浴場に入った。

乳白色の湯の真ん中に妻がいた。が、そのすぐ背後に、たくましい体の男性が密着している。妻の表情が、変だ。

私は他人のような感じで少し離れた湯に浸かる。妻のまわりを、にやけながら男性が取り囲んでいる。

あっ・・・。あぁっ

妻の声だった。しかし、位置は変わらない。うつむいている。密着している男性が、にやける。

なんと、妻のからだが上下している。顔が上を向く。男性が肩を掴み、妻を下に押さえ付ける。

あぁっ・・・。

苦悶の顔をするたびに、妻が声にならない助けを求める。そうか・・・。もう、妻は・・・。

そばにいた男性の方に、妻が移動する。手が下に伸び、何かを探している。ふと、座る。そして、また顔が歪む。

「旦那さんもこっちに来たらどうだい?」

さっき妻の後ろにいた男性が、私に声をかけた。

「あんた、この人の旦那さんだろ?旅館に入るとき一緒だったもんな」

こいつら、わかってて・・・。

「いい趣味だね。楽しませてもらってるよ」

いまハメていると思われる男性が立ち上がった。まさに股間にあるそれは、私のがおもちゃに見えるくらいの肉の凶器だった。

「社員旅行の余興ができてよかったよ。いま5人目なんだけどさ、そろそろ奥さんもゆっくりじらされるの限界っぽいから、好きにさせてもらうね」

こんなとき、言葉が出ないんだね。
妻は、ふちの岩に手をかけ、尻を男性側にむけて私に顔を向けた。

「もう、だめなの、いかせてもらってないの、あなた、ごめんなさい。いきたいの、私」

それだけいうと、妻は快楽に溺れていった。
激しく突き上げる男性たち。当たり前のように中にだし、それを妻も受け入れる。10人目がおわり、また最初の男性がいれるまえに、洗い場にあがって自らホースを性器にいれ、中にたまった精液を洗い流す。よつんばいで湯船にもどり、白目をむきながら後ろから責め立てられる。岩場に胸があたり、擦り傷ができるが、まったく気にしていないようだ。2発目からは、口に発射していく。顔や髪に飛び散っていく。

私は、少し離れた湯槽からみながら、みじめにオナニーをしていた。彼らの半分もないペニスでは、彼らに交ざることは恥辱だった。

立て続けに2発だした。しかし、またのぼせてきてしまった。めまいがして、ふらふらと脱衣場にいく。妻の喘ぎ声を聞きながら、浴場をあとにし、部屋に帰った。

夜、妻は帰ってこなかった。

翌朝、食事前に混浴にいってみたが、誰もいなかった。たぶん、彼らの部屋にいるのだろう。

湯からあがり、部屋に戻ると妻がいた。
いや、正確には「あった」。
一晩中犯され続けたのか、性器ははれあがり、身体中に精液らしいシミがつき、異臭を放っている。髪についた精液が、かわいてパリパリになっていた。

腹に、お礼が書いてあった。
「精液便器、返します。いい思い出になりました。赤ちゃんできたら、かわいがってね」

激しく欲情した私は、失神したままの妻をそのまま犯した。ガバガバになり、いつものように包み込んではくれなかったが、ありえないくらいに射精した。

私が果てるまで、妻は起きなかった。体を拭き、帰る間際になって起きてきた。帰り道が、すごく気まずかった。

ヨメホとツマホ
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                萌えた体験談データベース

↑ ページ最上部に移動する ↑
PR(新着)
イキ癖をつけられた元ヤン妻

なおみさん全盛時代、2話 なおみさんと白石監督

カノママが淫らすぎる

新郎に代わりまして…オレのち◯ぽで孕ませウェディング!

ヤンママに告白したら玉砕した……けど!?

寝取られオバさんKT

催眠温泉旅行

妻に黙って即売会に行くんじゃなかった1.5&2

隣の世話焼き奥さんが毎晩ボクを食べに来るっ

彼氏あり&旦那ありの女子達&人妻を寝取ってみました

幼馴染とその母親がガッツリ寝取られるお話

ナツノユウウツツ

ママカリ部

D.H ダンナニヒミツ ~石原さゆみ 32歳の場合~ 夏の浴衣の思惑

爆乳で処女でウェイトレスな彼女がバイト先の店長に生ハメセックスで寝取られてチンポ堕ちするまで

隣の人妻が催眠をかけられて寝取られた話

マナタマプラス総集編

孕妻 それは本当にあなたの子ども?

巨チンに寝取られたビッチ妻

黒人留学生に寝取られる人妻~後編~

黒人留学生に寝取られる人妻~前編~