お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                      投稿パラダイス掲示板

妻の下半身がこんなになるまで・・・

カテゴリ: 寝取られ&寝取らせ
妻は32歳。結婚して6年で子供はいない。
夜の行為は確かに回数が減ってしまっていたが、それなりに平和な結婚生活だった。
しかし半年程前に妻が絵画教室に通うようになってからおかしくなった。
その教室は週に一回自分で予約を入れて通うスタイルだったのだが
2か月前ぐらいから妻は予約を金曜か土曜の夜の部に入れるようになったのだ。
そしてとうとう絵画教室の後にメンバーで食事をするからと、帰りが遅くなるようになった。
おかしいなと思い始めたこの2週間前にある場面に遭遇した。
金曜の夜に妻は絵画教室で帰りが遅くなるということだったので
1人で食事をして家にいたのだが、たばこが切れてしまい深夜12時ごろに近所のコンビニに歩いて買いに出た。
我が家はマンションでその日は歩いてコンビニに行くのにエントランスを出てすぐの垣根の間をすり抜けて近道したのだが
その垣根越しにマンションの来客用の駐車場に止まっている車になんとなく目が行った。
ワゴンタイプの車で運転席にも助手席にも誰もいないように見えたが、すぐに助手席の方で誰かが起き上がった。
シートを倒している体制から起き上がった感じだった。
垣根の隙間からじっくり見た。間違いない妻だ。
残念ながら運転席に人の姿はないが起き上がった妻が何か喋っている感じだったので誰かが寝ているのだろう。
そしてすぐに妻もまた横になったようで姿が見えなくなってしまった。
私はたばこを買って家に戻った。そして妻が家に帰ってきたのはそれから1時間後だった。
その日は何も言わなかった。そして次の週だ。
土曜の朝に妻が今日は絵画教室で食事もするから遅くなると言ってきた。
私は軽く返事をしておいた。
妻は出発前にシャワーに入った。ここだと思い私は妻が使っているカバンの中を探った。
コンドームでも見つかるかと思ったが見つからず代わりにカバンの内側のポケットにポーチが入っており
開けてみると上下セットの下着が入っていた。私も見たことない下着だった。
色は白だが、フリルで縁どりされブラジャーは乳首のあたりまで、ショーツは前半分とお尻の方がレースになっていた。
これをかばんに入れている時点で妻の容疑は黒だが、私は何も言わなかった。
そしてその夜、前回と同じぐらいの時間にマンションを降りて垣根をすり抜けて来客用駐車場を見に行った。
やはり同じ車が止まっていた。今回は窓やフロントガラスが曇っており中は全く見えなかったがおそらく妻が誰かと乗っているのだろう。
家に戻りひたすら妻が帰ってくるのを待った。1時間ちょっと過ぎたころに妻は帰ってきた。
いつもと何も変わらない感じで私と軽く声をかわしそのまま風呂場に向かった。
シャワーの音が聞こえてきたのを待って私は洗面所に向かった。
我が家の浴室からは洗面台は人の気配が分かるのだが洗濯機の方は浴室と同じ向きにあり気づかれない。
気配を消して洗面所に入り洗濯機の中を見た。妻が今脱いだシャツやキャミソールがあり、
それをとると私が少し前に脱いだものが入っていた。下着が無いなと思ったがそれも取り出してみると
洗濯機の一番底にネットが入っていた。それを取り出して開けてみた。
今日妻のカバンの中に入っていたものだ。ブラはとりあえず横に置いてショーツを確認した。
手に取って広げて正面からみるとあそこの部分が楕円形に染みている。表から見てもはっきり分かる程だ。
乾いているのか確かめようとして手でつかんでみた時にぬるっとした感触が。
その染みの裏側を見てみると湿っているとか濡れているどころではなく
ぬるぬるの液がまだべっとりとついていた。
私は下着を洗濯機に戻しながらも、不思議と怒りはなかった。
私が今まで妻と性行為を行ってきて妻の下半身がこんなになるまで興奮させたことはなかったと
敗北感でいっぱいになってしまいました。
これからのことは落ち着いて考えていきます。
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                投稿パラダイス掲示板

↑ ページ最上部に移動する ↑
PR(新着)
高飛車な妻のトリセツ~妻の幸せより女の喜び 後編~

妻が綺麗になったワケ

淫欲に溺れる人妻-百合子-清く美しかった母が一人の女に還る刻(モーションコミック版)

強気なガテン系爆乳姐御を巨根でドマゾな孕ませオナホにしたバイト性活

僕の大切な姉がある日DQNと付き合いだした。