お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                      投稿パラダイス掲示板

俺が一番見たかったところを見せて下さい・・・

カテゴリ: 寝取り&上淫
私は32歳中小企業の営業マンです。ひとつ年上の経理の彩子
さんに入社初日に一目惚れでした。才色兼備の女子アナ的な
雰囲気の女性でした。この10年間で10回告白しました。
最初の頃は彩子さんも真剣に断りの返事をしてくれましたが、
途中からは告白が年一回の恒例行事となり断る彩子さんも振られる私も、
笑っていました。
そして今年4月に11回目の告白をしました。いつもの様に笑って
チャンチャンと思ったら、
「吉田君の告白を聞くのも最後か・・さみしいな・・」
と、言われました。5年間付き合ってた彼氏と秋に結婚すると
報告されました。ショックで
2日休んでしまいました。
休み明け、夜の7時頃営業室で
ぼ~っとしてると、彩子さんが
現れました。
「私も月締めの業務で今、終わったの・・・飲みに行かない?」
まさかの誘いに喜んで行きましたが、彩子さんが結婚する現実を
思い出しムチャ飲みしてしまい記憶を無くしてしまいました。
しばらくして目が覚めると初めて入った彩子さんの一人暮らしの
部屋のベッドでした。
後から聞いたのですが、店員にタクシーに運んでもらい、
最後は運転手さんに手伝ってもらい部屋に運ばれたそうです。
「ここは?」
「も~私の部屋よ!大変だったのよ!笑」
「すいません!帰ります・・」
「慌てなくていいよ・・それより、私の名前を何度も呼んで
泣いてたわよ!笑。」
「す・・すいません・・」
「可愛く思えたわ。笑」
そして彩子さんは私にキスをしました。
「え?彩子さん?」
「私の事、好きなんでしょ?
望み叶えてあげる・・」
「本当ですか?」
「私の気持ちが変わらないうちに早く・・」
「は・・はい!」
私はディープキスをしました。
彩子さんの舌と私の舌が絡み合いました。
夢みたいだ!
じっくりと彩子さんの香りを
楽しみながら首筋に愛撫しながら、ブラウスを脱がしました。
推定85センチのおっぱいを
包んでいる白いブラジャーが
目に飛び込んで来ました!
「ああ・・恥ずかしい・・」
このブラの中に何度も想像した
彩子さんのおっぱいがある!
早く見たい!しかしお楽しみを
後回しにしてタイトスカートを
脱がしました。ナチュラルストッキングに包まれた足と純白のパンティに感激勃起です!!
これが彩子さんのパンティ!!
俺の好きな白だ!至福の時間でした。全裸にしないでランジェリー姿の彩子さんを楽しみながら愛撫です。
「う・・う・・ん」
彩子さんも感じてきたみたいです。ストッキングを脱がし太ももからつま先まで舐めまくりました。
「つま先は・・だめ・・」
「大丈夫ですよ。無臭です。」
「あん・・うそよ・!」
勿論、匂いはありましたが
彩子さんの匂いです。嬉しくて
堪りませんでした。
いよいよブラジャーに手を掛けました。
「彩子さんの裸やっと見れる!」
ドキドキもんでした。
「10年間頑張ったね。笑
遂に見られるね・・!」
彩子さんのはにかんだ表情が
最高に可愛く見えました。
ブラジャーを取ると
推定85センチのおっぱいが溢れ落ちました。乳輪はやや大きめで乳輪と乳首の色はピンクでした!!
やった!!遂に見た!!
彩子さんのおっぱい!!
こんな形してたんだ!!
こんな色してたんだ!!
人生最大の勃起でした。
「彩子さんのおっぱい、やっと
見れました・・」
「10年間想像してたのかな?
感想は?笑」
「最高です!」
狂ったようにおっぱいを揉みそして吸いまくりました。
「あ・・あん・・吉田君が私の胸を・・あん!」
遂に彩子さんのパンティに手を掛けました!
俺が人生で一番惚れた女の
アソコはどーなってる!
パンティを脱がすと同時に彩子さんは手でアソコを隠しました。
「やっぱり恥ずかしい・・」
「大丈夫ですよ。俺が一番見たかったところを見せて下さい!」
私はゆっくりと彩子さんの手を
アソコから引き離して行きました。
「あ・・あん・・吉田君に見られちゃう・・」
彩子さんの手をどかすと
待望のアソコが!!
既に大雨状態でした。
これが彩子さんのアソコ・・
凄い・・こーなってたんだ・・
「彩子さん。凄い濡れてますよ・・」
「だって・・吉田君に見られちゃたから・!」
堪らない!
私は彩子さんのアソコに顔を埋めました。
「吉田君!洗ってないから!
舐めるのは絶対ダメ!!」
私は構わず彩子さんのアソコに舌を入れ激しく舐めまくりでした。
「彩子さん、大丈夫ですよ。
彩子さんに汚いところなんて
ないですよ・・全然平気ですよ。」
「うそ!あ・・うそ!絶対うそよ!あん・・あ・・恥ずかしい・・吉田君に恥ずかしい匂い
知られちゃう!・・いや・・」
彩子さん結構エッチだな・・
私の知らなかった彩子さんの
姿を見れて興奮×2でした!!
その後、合体して
更にもう一回戦しました。
彩子さんからは10年間好きでいてくれた御褒美よと言ってくれました。
彩子さんは予定通り秋に結婚しました。
頑張り続ければいつか願いは
叶えてられる!
・・のかな?
たまたまluckyだったかな?笑
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                投稿パラダイス掲示板

↑ ページ最上部に移動する ↑