お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                      投稿パラダイス掲示板

妻が痴漢に遭っているのを目撃してしまった・・・

カテゴリ: 寝取られ&寝取らせ
去年の夏に衝撃を受けた。

会社の帰りに、電車の中で妻が痴漢に遭っているのを目撃してしまったのだ。

オヤジ三人に痴漢されているのだ。
ブラウスのボタンは、外されてブラジャーはめくられて、左右からオヤジ達の手で、

おっぱいを揉まれ立っている乳首をいじられて、スカートはめくられて、パンティは

膝まで降ろされて妻のマンコは、オヤジ達の指が出し入れして、妻が痴漢達の餌食に

なっているのを私は、目撃してチンポを勃起しているのだ。

妻とは、28歳で結婚して3年目です。

身長は、155㎝で低いが、スタイルはいい上から B86 W57 H87で

セミショートカットが似合う大島優子似だ。

そんな妻が、知らない他人のオヤジ達の手で痴漢に遭っているのに、私は止めることが、

出来ないで屈辱される妻を見て変な感情が駆け巡っている。

私は、少しずつ距離を縮め近くで妻が、痴漢されるのを覗いていると周りにも同じ様に

覗いているオヤジ達が居てギラギラした目で妻の屈辱されているのを見ている。

妻を見ていると感じているのか時々、(あぁぁ・・・うぅぅっ・・・あは~ん)と声が、

漏れてくる。

幸い電車の音で声は、かき消されている。

最寄りの駅が近づいてくると妻は、いかされたみたいでオヤジ達は、妻を解放した。

駅に着き電車を降りた妻にオヤジの二人が、声をかけているが、妻はタクシー乗り場に

走りタクシーに乗ってその場から退避した。

私も妻を追って来たのですが、安心していたのですがオヤジ二人の会話を聞いて

不安な落ちました。

オヤジA「くそー、逃げられたなー、一発やれると思ったのにいい女だったなー」

オヤジB「あーいい女だったなー、おっぱいもデカイしマンコもビチャビチャに

濡れていて指を締めつけてたまねなー、ありゃーチンポをぶち込んだらたまんねー                                             なー、バックから犯してやりてー」

オヤジA「まぁ、この駅が最寄り駅だから、明日の朝張り込もやー」

オヤジB「賛成、俺はあの女と犯してー」

オヤジ達は、駅の方に引き返して行った。

私は、妻はオヤジ達に狙われたと思いました。

家に帰ると妻は、お風呂に入っていてパンティを見てみると、オヤジ達が言った様に

濡れていた。

このままだと、明日の朝にオヤジ達の餌食になる。

しかし、あのとき感じた感情も妻が痴漢に遭い他人のオヤジ達に屈辱される姿を

見たい変態な私がいるのも確かで、見たい私が勝ってしまい、いつもなら一緒に

駅に向かうのをやめて、私も家を早く出て駅にオヤジ達が、いるかどうかを見に行く

ことにしました。

風呂からあがった妻は、普段通りで晩御飯を食べて12時には、二人して寝ました。

翌朝、私の計画通りに会社で会議があるからと言って妻より30分早く家を出た。

駅に着くと駅の横にあるコンビニの前で、煙草を吸っている昨日のオヤジ達が居た。

私は、コンビニに入りオヤジ達を監視した。

オヤジ達は、駅に向かって来ている女性達を見ていて妻が、歩いてくるとオヤジ達は、

ニャと笑い妻を追って駅に向かった。

私も急いで、オヤジ達の追って行くとホームにいた妻の後ろにならんだ。

妻は、オヤジ達に気付いて無く、私も妻に気付かれない様に少し離れた所にならんだ。

電車が来ると妻に続いてオヤジ達に続き私も乗り込みました。

妻の後ろにオヤジ達で、私はオヤジ達の後ろにつきました。

電車が動き出すとオヤジ達は、妻のスカートの上を触りだすと妻は、手ではらって

抵抗しています。

私は、心臓がドキドキして早くもチンポが勃起してきました。

オヤジBが、スカートをめくりパンティの上からお尻を撫でるとオヤジAが、

すかさずパンティを膝まで降ろしました。

妻は、顔を真っ赤にして抵抗もしなくなりオヤジ達は、妻のマンコを責め始めたのです。

ブラウスのボタンも外されてオレンジ色のブラジャーが、あらわになるとめくられて

立っている乳首が見えて、おっぱいと一緒に揉まれたりいじられたりされると

妻は感じ初めて目が、トローンとなりオヤジ達のやられ放題なってます。

妻の口から(うぅぅ・・・はぁ~ん・・・あぁぁっ・・・)と漏れてきます。

快楽に落ちている妻を見て私は、ますます興奮した。

ビクとした妻は、いかされたみたいで妻は、服を整え始めて抵抗しました。

会社の最寄り駅が来ると妻は、飛び降りて行った。

不意を突かれたオヤジ達は、電車の中にのったままになった。

次の日も私は、妻より早く出てオヤジ達が、いないか見て来たけど一週間もオヤジ達の

気配はなくなった。

少し安心したのと、残念な気持ちがありましたが、私なりにホットしました。

変化があったのは、私が出張に一週間行って戻ってきた時に妻の異変に気付きました。

また報告します。
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                投稿パラダイス掲示板

↑ ページ最上部に移動する ↑