お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                      投稿パラダイス掲示板

友達の彼女とまさかエッチをするとは思ってもいなかった・・・

カテゴリ: 寝取り&上淫
友達の彼女の、智美とエッチをしたときのことです。

俺の1人暮らしのアパートに、普段は誰も来ないのに、その日は珍しくインターホンが鳴ったのだ。

俺「いま、開けますよ」
そこには、ミニスカにTシャツがびしょ濡れになった智美が立っていた。
智美「今日さ、彼氏に約束してたのに、急に来れなくなったとか言ってきたの」
そう言うと、玄関先で智美のブラが透けてるのを見て思わず勃起した。
智美「雨止むまで、ここにいていい?!」
俺「あっ、別に構わないけどアイツには連絡は?」
智美「いいよ、何回か連絡したけど、返ってこないし」
そして、俺は智美にタオルを貸してあげて、雨止むまでならって思いそのまま家に上がってもらった。

智美「へ〜◯◯君って案外綺麗にしてるんだね」
俺「あんまり、物色だけはすんなよ?」
そう言ったのに、智美はいたるところを見ていた。
智美「暇だな〜笑」
俺は台所に行き、飲み物とお菓子を用意していた。
すると、突然部屋から喘ぎ声が聞こえてきた。
俺「智美、オナニーか?!」

なんと、俺の痛恨のミス。
DVDプレイヤーにAVを入れたままにしていた。
智美「やっぱ、◯◯君も見てるんだ〜」
俺「なんだよ、アイツと一緒に見たことあるんだろ?」
そう言うと智美は、急に俺に泣きついてきた。
俺「どうしたんだよ、急に」
智美「あのね、K(彼氏)ね、最近してくれないの」
ちなみに、智美のスリーサイズを教えよう。
上から886185Fカップある!

智美「それでね…」
俺「なぁ、智美、俺、俺お前のこと好きだったんだ」
智美「え?!」
俺「アイツと付き合うことになって、ちょっとさみしかったけど、幸せな顔見たら、大丈夫だろうって思ってた」
智美「◯◯君、私も本当は好きだったんだけど、告白ができなくて…」

俺は智美を抱き寄せた。

智美「だめだよ、Kにばれたらやばいよ…」
俺「いいんだ、アイツのことはほっておけ」
智美「う…うん…」

そう言って俺たちは全裸になり、智美はすぐにフェラをしてくれた。

智美「◯◯君、Kより大きくてすごくおいしい」
俺「どれどれ、智美のオマンコも舐めてあげるよ」
友達の彼女とまさかエッチをするとは思ってもいなかった。

智美「◯◯君、だめ、私もう欲しくなってきちゃった…」
俺「ちゃんとお願いしないと入れてあげない〜」
智美「う…うん…とものオマンコに◯◯君のちょうだい」
俺「俺の何?!」
智美「おちんちん…」
俺「よくできました、入れてあげる」

そして、智美と俺は雨が止むまでというより、その日1日エッチをしてしまった。

その後、智美はアイツと別れたといい、俺と付き合うことになった。
アイツには悪いが、その後智美と結婚をし、今では2人は幸せに暮らしている。
アイツもアイツで、他の子と付き合ってるんだろうな。
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                投稿パラダイス掲示板

↑ ページ最上部に移動する ↑
PR(新着)
囮捜査官キョウカ6 終わりなき快楽調教

その頃、あの娘は…3

制服おさな妻の寝取られ事情

友ママを呼び捨てにしながらハメたいッ【ギャルママ編】

ママがいつの間にか公衆便所女として調教されていました~極太ご神体に貫かれて強制絶頂~

愛妻、同意の上、寝取られ

俺が敗北したせいで・・・一ヶ月間外道との同棲を強いられる最愛の許婚(いいなずけ)

ビッチ妻の恭子が俺の為に浮気の一部始終を見せてくれる話