お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                      投稿パラダイス掲示板

義兄は強引に部屋に入ってきた・・・

カテゴリ: 女性視点
W不倫の彼はいつもやさしく抱いてくれる。
「イクッ」 「中に 中に出して」
彼は男根を脈動させながらドックンドックンドクッドクッと温かな精液を私の中奥深くに
注ぎこみながら耳元でいつも
「○代 愛してるっ」とささやく。
私も「嬉しい イクッ」と彼を放さないようにしがみつく。
歓喜の最高の絶頂を味わうひとときです。

触られるだけで鳥肌が立つようになった家庭内別居中の主人に離婚を伝えると激しい
DVが始まり、子供を連れ実家に戻りました。
実家近くにアパートを借り仕事を探しながら彼に「逢いたい」とメールしたら来てくれた。
ファミレスで楽しい会話と美味しい食事を楽しみそしていつものように・・・
「お茶、飲んでいって」とアパートに彼を迎え入れた。
部屋に入ると
「お茶はあとでいいよ」
彼に抱きしめられキスされると濡れてくるのがわかった。
「まっ待って」
彼はスカートの中に手を入れ私の下着を剥ぎ取った。
「まだ外は明るいのよ 待って」
「フェラして」
彼はベルトを緩め仁王立ちになると求めてきた。
すでに硬く反り返っている男根を口唇と舌で久しぶりに美味しく味わった。
「フェラが上手くなったな いきそうだよ」
「イヤッ まだいかないで」
着衣のまま仰向けになりM字開脚になると彼はクニリングスを始めてくれた。
「久しぶりっ 気持ちいい アッ アアッ~ そこっ~」
彼の頭を掴みながら歓喜の艶声を出しながら軽く達してしまった。
「入れるよ」
彼は覆いかぶさりながら私の中に生で入ってきた。
「アウッ イッ 久しぶりね アウッ イッイイッ~」
彼の腰の動きに合わせしがみついてしまった。
屈曲位で彼の腰の動きが激しくなり
「イクッ」
「中に 頂戴っ」
ドックンドックンドクッドクッと男根を脈動させながら彼は精液を私の中奥深くに
たっぷりと注ぎこみながらいつものように
「○代 愛してるっ」とささやいてくれる。
「アウッ イイッ イクッイックゥ~」
中に出された温かな精液を淫靡な快感の中しっかりと味わった。
落ち着いたところでお茶を煎れ、他愛の無い会話を楽しんだ。
「だいじょうぶなの」
「何とかなると思うわ 仕事も探そうと思うの」
「大変だね」
「ときどき逢いに来てね」
彼の喜ぶフェラを始めた。
「もう離れられないわ」
硬くなった男根を騎上位で私の中にすべて受け入れた。
男根の突き上げに頭が真っ白になりながら彼のなすままいつも達してしまう。
そしてまた屈曲位で激しく私の中に注ぎ込まれる温かな精液を味わってします。
もう、癖になっているようだ。
彼も喜びながら
「○代 愛してるっ」
ささやきながらいつも私の中に精液を注ぎ込んでくれた。
「大変だろうけど 頑張れよ」
「また連絡するね」

夕食の準備をしていると義兄が突然尋ねてきた。
「珍しいものを貰ったので 入っていいかな」
「ありがとう もうじき子供たちも帰ってくるわ」
少し警戒しながらも義兄を部屋に入れた。
お茶を用意すると
「仕事見つかった?」
「まだよ 探しているけどなかなかないわ」
「ところで昼間誰か来ていたの」
「えっ 友人が心配して来てくれたの」
「そうか ならいいけど」
ひょっとしたら見られたかもと思いつつ義兄を玄関まで送ると急に抱きついてきた。
「イヤッ なっ何するの 止めて」
「寂しくないのか」
義兄は力任せにキスしてきた。
「イヤッ ダメッ 姉に言うわよ」
強く抵抗したら諦めたようで
「昼間、見たよ」
と言い残して帰って行った。
姉に言うべきか悩みつつ仕事も探さなくてはならない中時間だけが過ぎていった。
彼に連絡したが「忙しくて来られない」と返事が来た。
義兄から知り合いの事務所で人を探しているとの連絡が来て面接に義兄の車に乗り出かけ
途中のファミレスで昼食をご馳走になった。
「私からも頼んでおいたから 採用されるよ 安心してていいよ」
「ありがとう」
義兄の眼差しは嫌らしさを奥に秘めた感じがして不安になった。
食事も終わりアパートに送ってもらった。
「喉が渇いたから お茶飲ませて」
義兄は強引に部屋に入ってきた。
「あの日アパートに入った男は誰?」
「何? 知らないわっ」
義兄が抱きついてきた。男の力には抗えない。
彼のことも脳裏をかすめたが私の上を通り過ぎた男たちの一人と思うことにした。
「イヤッ いけないわ」
と言ったものの義兄の手が下半身をまさぐり私の中に指を入れられると
「アウッ アッ アアッ~」
と艶声を出してしまった。
レイプまがいに義兄は興奮したみたいで私自身を義兄は私を弄ぶようにたっぷりと舐め続けた。
「フェラして」
義兄の男根を口唇と舌で彼にするのと同じようにフェラした。
男根の大きさは主人と同じ位でちょっと失望した。やはり彼が一番いい。
「フェラ 上手いな 彼に仕込まれたのか」
仰向けにされ足を広げさせると義兄は生で私の中に入ろうとした。
「ゴム お願い 少し危ないの」
「だいじょうぶたよ」
覆いかぶさり義兄は私の中に生で入り腰を動かし始めた。
「アウッ ウッ アッ ウッ」
感じないようにしていたが久しぶりのセックスに彼に開発された体は素直に反応し始めて
しまった。
正常位で激しく腰を動かし屈曲位になると義兄はさらに激しく腰を打ち付けてきた。
「アウッ アッアアッ~ イッ イイッ」
「気持ちいいよ 感度がいいな そろそろ」
「ダメッ 外に 外に出して アウッ アアッ~」
義兄から逃れようとしたが屈曲位で肩を掴まれ動きが取れない中
「イクッ」
「アウッ ダメッ イッイヤァ~ アアッ~」
ドックンドックンドクッドクッと義兄は私の中に射精した。
「ダメッて言ったでしょ」
「感じすぎてしまって ごめん」
「もうっ 責任とってよ」
「ああっ 分かった」
久しぶりのセックスの心地よさの中で休んでいると
「もう一度」
フェラで義兄の男根を硬くするとベッドの端で四つん這いにさせられバックで私の中に
入ってきた。
「アッ アアッ アッ イッイイッ~」
激しく腰を押し出してくる義兄はいろいろと体位を変え屈曲位で激しく私の中を突きまくり
「○子より締りがいい」 ○子は姉の名
「イヤッ~ アッ アアッ イッイイッ アウッ~」
「いくぞっ」
呻きながら義兄は2度目の射精を私の中奥深くに放った。

帰り仕度をしながら
「もう こんなことしないで 私には彼がいるの」
「そうか でも彼が知ったら」
「姉が知ったらどうするの」

翌週「面接のことで昼間会いたい」と義兄から連絡が来た。
採用すると連絡は来ていたが義兄に会った。

ラブホに連れ込まれ彼に仕込まれた淫靡な体を義兄に差し出してしまった。
「すごく いいっ」
安全日の中義兄は2度私の中深く精液を注ぎ込んだ。
気持ちとは裏腹に体は反応してしまう。
早く彼に会いたい。彼の精液を奥深くで受け止めたい。

そして生理が遅れている。
義兄に遅れていると連絡すると動揺した返事が来た。
病院に行こうかしら。
彼には言えない。

気を揉み落ち込む日々の中生理がきた。
ホッとした途端情けなくて涙が流れいろいろ考えピルを飲むことにした。
もう堕胎はしたくないから。
就職した会社の男性先輩と付き合い「結婚を前提」と言われ体の交際に進展した。
避妊には注意したが妊娠。
彼は実家の不幸で突然退社し別れの言葉を残しひとり田舎へ帰ってしまった。
弄ばれただけだったと知り初めての堕胎をした。
友人の紹介で主人と出会いお付き合いを始めた。
主人の優しさにほだされ「結婚を前提」で深い関係になると主人に高校時代の友人を紹介された。彼は少し心配顔で私に主人の生い立ち、家族、性格について教えてくれた。
この友人に誘われるまま体を開き関係を持ってしまいセックスの快楽を教えてもらった。
彼もいつも生中だし、危険日は外だしでゴムはしてくれなかった。
そして2度目の妊娠。結婚前の主人には言えず彼は「責任を取る」と言ってくれたが堕胎し、主人と結婚した。
結婚前の2度の堕胎を主人は知らない。
主人の子供を2人授かり平穏な日々を過ごしていた。
主人の無関心から子供の運動クラブの父親とW不倫になった。
自営で羽振りのいい生活をしているようだった。
彼もいつも生中だし、危険日は外だしで主人ともしない淫靡なセックスで快楽を味わい危険日に彼が望むまま生中だしさせてしまった。
生理が来たが次の危険日にも生中だしされて妊娠。
3度目の堕胎である。
主人が私のセックスの変化に気付きはじめ主人の言うがまま受け入れかつW不倫も受け入れ同じ日に2人分を注ぎ込まれたこともあった。そしてまた妊娠してしまった。
どちらの子か分からず4回目の堕胎である。1年間に2度妊娠し堕胎した。
W不倫の彼は事業に行き詰まり自己破産してしまい、浮気を疑う主人はDVが激しくなり耐える日々が続いた。
主人もゴムを使わなくなり妊娠を心配していたら生理が来なくなった。
妊娠し「産みたい」と告げたが生活苦から堕胎するように言われた。
落ち込んでいる時勤めていた会社の同期会に誘われ出席した。
昔を懐かしみ楽しい時間を過ごした。社内結婚したその当時は気にもしていなかった彼から食事に誘われた。
「あの時先輩社員と付き合っていたから入る余地はなかった」と言われ
「今からやり直してみる」などと会話を楽しんだ。
彼に会う時間の心地よさの中3度目のデートでラブホに入った。安全日に。
彼の男性自身は硬さも大きさも私に一番ピッタリで彼も生で中だしを望んできた。そして危険日に最高の歓喜の中彼は私の奥深くにそのまま注ぎ込んでくれた。
「できちゃうかも」
「カットしてるよ」
ゴムを一度も使わず私に一番合う男根に激しく突き続けられ次第に彼から離れられなくなった。いつも奥深く温かな精液を注ぎ込まれるときの痺れるような快楽を味わい続けた。
主人のDVを相談すると離婚を勧められた。
そして今離婚調停中である。

逢いたいと連絡したが彼から「忙しくて時間が無い」と返事が来た。
仕事が見つかったことや義兄に抱きつかれたことなど連絡した。
突然「今から行く」と彼からの連絡でラブホに入り彼に抱きしめられると涙が出てきた。
シャワーを終えソファーに浅く座る彼の前に膝まづき半起ちの男根を包み込むようなフェラチオを始めると口唇の中で彼はいつものように硬く大きくなってきた。
「逢いたかったわ 美味しいッ」
いつになく激しくフェラを続けると
「おっおおっ 気持ちいい いきそうっ」
「そのまま いって」
「イクッ」
口唇で男根の脈動と亀頭の膨らみを感じると口内に温かな精液をたっぷりと解き放ってくれた。
苦いとか聞いていたが初めての口内射精に興奮し濃厚な精液に甘みを感じながら嬉しくて自然と飲み干してしまった。
「初めてだね 興奮したよ」
彼も嬉しそうに応えてくれた。
ソファーでM字開脚させられると彼はゆったりとたっぷり私の女性器を舐め回し吸い付いてくれた。
「アッ アウッ アッアアッ~ イッイイッ~」
仰け反りながら彼のクニリングスを受け入れた。
フェラで硬さと大きさを確認しやはりこの男根が私には一番いい。
「入れるよ」
彼は生でいつものように私の女性器を押し広げながら奥深く入ってきた。
覆い被さる彼にしがみつき男根を私の中奥深く迎え入れるように両足を広げ絡めると彼は腰を激しく打ち付けてくれた。
「アウッ イッイイッ~ アッ アアッ~」
彼の男根にズンズンと突き上げられるたび頭の中が朦朧とし艶声が出てしまう。
抱き起こされ対面座位になり男根をしっかりと女性器で味わうように腰を動かした。彼は腰を掴み下から動きに合わせ突き上げてくれた。
「アウッ アアッ イッイクッ~ イクッ イクッ イイッ~」
屈曲位になると彼はさらに激しく腰を打ちつけ始めた。
「アウッ イッイイッ~ イッイクッ イクッ イクッ~」
「もっと大きな艶声を出せ」
「アッ あっあたるぅ~ ○○ イッ イクッイクッ イックゥ~」
「○代 イクッ」
「アアッ~ 中に 中にいっぱい出して~ ○○」
彼は男根すべてを私の中深く押し込んだままドックンドックンと温かな精液を子宮に浴びせかけてくれる。
「○代 愛してる~」
耳元でささやく彼にしがみつき腰が痺れるような歓喜の絶頂の中頭が真っ白になる快楽に体も心も痺れていた。
「イックゥ~ イックゥ~ イッイイッ~ 最高~」
と部屋に響く艶声を出しながら。

「こんな体にしたのは あなたよ」
「相性がピッタリだな また逢いに来るよ」
彼を駅まで見送った。

最愛の人の優しさと体液に染められ身も心も女として最高の歓喜を子宮で受け止め彼の虜になっている。
やはり私は肉食系である。

彼との逢瀬で落ち着きを取り戻したところに義兄から連絡が来た。
「病院でおめでたですと言われたわ」
「そうか」
と神妙な声を出してきた。
「あなたの子よ あの時責任を取ると言ったんだから取ってよ」
「分かってる」
「堕すしかないわね」
仕事先を紹介してくれたことなど忘れ義兄に強く出て懲らしめようと思った。
「費用は持つよ」
夕食の準備をしていると堕胎費用を持って義兄が訪ねて来た。
「下の子供がいるから玄関で」と諌めたが部屋に上がり子供に
「こんばんは」
「あっ おじちゃん どうしたの」
「ちょっと ママにお話しがあるんだ ヒロクンは 向こうのお部屋でテレビ見てて」
「うん ママ テレビ見るね」
奥の和室に入ると義兄が封筒を渡し襖を開け子供の様子を確認し戻ってきた。
「いつ堕ろすんだ」
「来週のつもりよ」
「妊娠中と言うことだな」
言い終わらないうちに抱きつかれ唇を奪われた。
「イヤッ イヤッ 止めて 子供がいるのよ」
「大きな声を出すと子供に聞かれるよ」
義兄はスカートに手を入れると下着をすばやく剥ぎ取った。
「生でできるよな」
「イヤッ だめよっ イヤッ」
ベルトをはずしズボンと下着を脱ぐと声を消すために部屋のテレビをつけた。
「フェラしろ」と義兄は私を引き寄せた。
心と口では拒否しながらも体が肉食系の本性を現してしまう。
「ウグッ ウッ」
促されるままフェラを始めると着衣のまま69に移行し義兄は激しく私自身を舐め吸い付いてきた。
「アッ アウッ アアッ~」
声を抑えながらも艶声が出てしまった。
義兄が着衣のまま私の上に覆い被さると生で中に入ってきた。
「イッイヤッア~ ダメッ ダメッ」
体は義兄を深く受け入れるように両足を広げてしまった。
「気持ちいいっ ○子よりいいっ」
義兄は腰の動きを激しくしながら私の片足を持ち上げ
「いきそうっ」
「イッ イイッ~ 中 中に」
と口走ると同時に義兄が私の中に射精し始めた。
「イッ イクッ ○○ イイッ イクッゥ~」
いつもの癖でしがみつき艶声を出し彼の名を叫ぶと義兄が口を押さた。
着衣のセックスに酔い義兄が私の中から離れると精液が流れ出してきた。
彼の精液と義兄の精液が混ざっているような不思議な感覚になってしまった。
「○○って彼の名前か」
「そんなことより姉への口止め、私への慰謝料はどうするのよ」
と詰め寄ると
「少し考えさせてくれ」
「家賃補助をお願いしようかしら」
うつむきながら義兄が帰っていった。

1年間の家賃を義兄が負担してくれることになった。
見返りと言うべきか趣味と実益を兼ねて月1回義兄を受け入れ生中だしを堪能し時々最愛の彼の温かな愛を奥深く仕込んでもらうことで体のバランスを保っている。
そして先日姉が尋ねてきた時
「最近 旦那のバカ 金遣いが荒いのよ 困ったものね」
「男なんて仕方ない生き物よ 上手く乗りこなすだけね」
「興信所で調べて 懲らしめてやる」
姉は何故か納得したような顔で帰っていった。
義兄に興信所のことを伝えると驚き
「少し大人しくするよ」と言っていた。

義兄に紹介された仕事先は社員数3人のベンチャー企業で経理補助と事務を任された。社長は義兄の同級生でバツ1で子供はいないらしい。
徐々に起動に乗り始め会社らしくなってきたら給料も上げてくれた。
社員一同で豪華な忘年会を開催し楽しいひと時を過ごした。
お開きになり解散すると社長から「付き合わないか」と誘われた。
酔った振りして「ご冗談を 考えておくわ」と。
彼のことや義兄のことが脳裏を掠め社長に後日
「離婚調停中」と伝えたが「まずお付き合いから」と交際を申し来れた。
そして
最愛の彼が来てくれた。
「逢いたかった」
身も心も彼に任せ優しく激しく相性の合う体を重ね彼自身を奥深く受け入れ歓喜の渦に翻弄されながら喉が渇くほどの艶声を出し続けた。
足を大きく開き彼のすべてを受け入れしがみつくと
「イクッ」
「中に 中に頂戴っ」
奥深くたっぷりと彼は温かな精液を浴びせかけてくれる。
仰け反り快感に包まれ女の喜びを満喫し彼も喜んでくれた。

仕事にも慣れ事務処理に終われ残業することも。
社員が帰り社長と2人きりで帰宅が遅くなったある夜食事に誘われた。
「食事ご馳走するよ いっしょに行かないか」
「離婚調停中で子供もいるので」
やんわりと断っていた。
そんな折弁護士から離婚調停成立の連絡が来た。
晴れて本当にバツ1になってしまった。
「晴れてバツ1になったお祝いでも」と社長から食事の誘いを受けた。
美味しい食事をご馳走になり「仕事がんばってくれているから」と会社では見せない社長の素顔を見たような気がした。
「お見合いで結婚したが新婚生活もなく妻に出て行かれてしまってね」
社長が寂しそうに話し始めた。
「成田離婚みたいなんですね」
「原因は私らしいがどうしようもないさ ○代さんはどうしてバツ1に」
「主人のDVに耐えられなくて」
DVの原因は私の最愛の彼とのW不倫を疑われたことであるが。
「そうなんだ いろいろな夫婦があるからね」
そして次に誘われた時
「どうして奥さんは出て行ったのですか」と聞いた。
「夜の生活で妻がセックスを拒んできてね」
「変な趣味でもあるんですか」
「あっははっ 私はノーマルですよ ご心配なく」
「でも拒んだ原因は」
「バツ1になり風俗のお世話になった時『太すぎる』と言われてこれが原因だろうと思っているけど相手にもよるんだろうね」
「そんな立派なものをお持ちなら再婚されればいいのに」
「なかなか出会いが無くてね 寂しいですよ」
義兄の友人と言うことでちょっときわどい会話をしてしまった。
「お付き合いしませんか」
「ありがとうございます。バツ1初心者ですから」
「あっははっ バツ1に初心者もベテランもないですよ」
仕事が落ち着いてきた時ドライブと食事を社長から誘われた。
「もうバツ1にも慣れましたか」
「子供に手がかかり暇なしですよ」
バイパスを走っているとラブホが目に入ってきた。
「休んでいきましょうか」
「えっ そんなつもりは」
ラブホの駐車スペースへ滑りこんだ。
彼に抱き寄せられキスされながらベッドでタオルを取り払われ裸にされた。
「久しぶりなの」
「だいじょうぶだよ」
乳房を揉み乳首を舐めながら彼の指が私自身の中に入ってきた。
「アッ ウッ」
つい声が出てしまった。彼が濡れ始めた女性器に顔を近づけて来た。
「はずかしいっ」
彼は足を広げさせるとゆったりと女性器を舐め吸いつき始めてくれた。
久しぶりの感覚で少し仰け反りながら艶声を出してしまった。
「69しよう」
いよいよ彼の太いと言う男根に触れると思うと興奮してしまった。
「フェラして」
彼のその男根を初めて見た。
大きさは普通なのにこんな太いのは初めて。
缶コーヒーより一回り太く痛がる女もいるだろうと思った。
硬さは最愛の彼みたいにカチカチではなく芯は硬いがまわりは少しやわらかい感じである。
フェラではあごがはずれそうなので両手で握り亀頭に吸い付き竿は舐めるだけ。
「気持ちいいよ 入れるよ 生でいい」
「ええっ やさしくして」
仰向けにされ腰の下に枕を入れると彼は私の足を大きく広げ女性器をまた舐め始めた。濡れ輝くほど舐められ私の中に納まるのか不安になったが彼は亀頭を私の女性器にあてがい腰を押し込んできた。
亀頭が納まると「だいじょうぶ」とたずねてきた。
「アウッ エッエエッ アッ」
メリメリッと女性器を押し広げながら極太男根がゆっくり半分くらい納まった。
「アウッ きっきついっ ウウッ~ イッイイ~」
腰をゆっくり動かしながら私の中にすべて納まめると彼は覆い被さってきた。
「すっすごいっ こんなの初めて アウッ~」
彼が腰を動かすたびに艶声を出してしまった。
側位で彼は亀頭を残すだけ抜き次に一気にすべてを押し込むことを繰り返した。脳天に突き刺さる感じで極太男根を味わていると片足を肩に担ぎ上げると腰を動かし私の中に押し込み続けた。
屈曲位になると急に腰を激しく打ち付けはじめ
「いきそう」
「イッイイッ きてっ アウッ アッ~壊れちゃう~」
足を思いっきり広げ彼を奥深く受け入れしがみつきくと
「中に出す」
「ええっ 中に 中に頂戴」
最愛の彼ほどのピクッピクッと大きな脈動は感じないがドックンドックンと温かな精液を私の中に注ぎこんでくれた。いつもの癖で自然と仰け反りしがみつき両足を絡めてしまった。
「ずこくいい」
「はずかしいわ」
男根を引き抜くとポッカリと口を開けたみたいな女性器から精液が流れ出てきた。
「いっぱいでたね よかったよ」
嬉しそうに彼がティッシュで拭いてくれた。
翌日会社で社長の顔をまともに見ることが出来なかった。
社員が出払い2人きりになると
「昨日は驚かせてしまったね」
「いえっ まだ中にそのままの様な気がして」
応接室に呼ばれ入るとブラインドを降ろすと彼が抱きしめてくれた。
「だめっ 人が来ますよ」
「だいじょうぶだよ」
スカートの中に手を入れ下着の間から私自身の中に指を入れてきた。
「アッ だっだめっ 人が アウッ」
ソファ-に座らせられるとストッキングと下着を片足にかけ彼はクニリングスを始めた。
「そっそんな だめっ いっやっ~ アウッ アアッ~」
ゆったりとクニリングスを堪能してしまった。
お返しに仁王立ちする彼の極太男根をフェラで味わった。
ソファーに仰向けにされると
「入れるよ』
亀頭だけ入れ少し腰を動かすと一気にすべて私の中に押し込んできた。
「アウッ アッアウッ~ アッ きっきついっ アウッ~」
足を大きく開き奥深く彼を受け入れしがみついた。
「気持ちいい」
激しく腰を動かし私の中で極太男根は暴れまわった。
抱き起こされ対面座位に。
気持ちよく私が腰を動かすと彼が腰を掴み下から突き上げてくれた。
「アッ そっそんなに激しくすると イッイクッ イクッ~」
屈曲位で動きが早くなると
「いきそうっ」
覆い被さる彼にしがみつくと
「いくっ」
「中に 中に頂戴っ」
彼は呻きながら私の奥深く精液を注ぎ込み始めた。
彼が離れると私の女性器から今受け入れたばかりの精液が流れ出てきた。
ティッシュを用意する間にポタッポタッとタイルカーペットにこぼしてしまった。
「もう 激しいんだから」

誘われる度に体を重ね合いいろいろな体位を楽しみながらいつも生で奥深く私の中に精液を注ぎこんでくれた。
「体の相性が合うみたいだね」
彼から再婚を前提にしてのお付き合いを申し込まれた。
男遍歴や過去のことなど話せるわけが無い。
彼の家で食事することに。
「乾杯っ」とビールを飲み始めると
「いつも大きな声を出し続けるから喉が渇くだろう」
「あなたのせいよ あまり飲み過ぎないでね」
最近買ったというダブルベッドの上で彼の濃厚な前戯を受け69を楽しんだ。
腰の下に枕を入れ私の足を大きく開かせると彼は一気に押し入ってきた。
「アウッ もうっ すっすごいっ アウッ 壊れそうよ アアッ~」
覆い被さる彼にしがみつき私も腰を押し出し奥深く受け入れた。
バックで彼はバンッバンッと激しく私の中で暴れ周り側位でも腰が痺れるほど突きまくってくれた。
「もうっ もうっ おかしくなる アウッ イクッ イッイクッ~」
「いっしょに」
彼を奥深く受け入れしがみつくと
「イクッ 中に出す」
「アッ 中に 中に頂戴」
仰け反りながらしがみつく私の中に温かな精液をたっぷり注ぎこみ始めた。
彼の横でティッシュで流れ出てくる精液を拭き彼に抱きついた。
「もう離さないでね」
「ああっ 子供がほしいな」
再婚に向け子供たちとの食事に彼を呼んだ時最初はお互いに戸惑っていたが徐々に馴染んできたようで安心した。
いっしょに暮らすのはもう少し先と思っていたが彼がまた「子供がほしい」と言うのでピルを止めた。
「今日は一番危ない日よ」
「頑張らなくっちゃな」
彼の優しいクニリングスに私の体は敏感に反応し艶声を出し69でのフェラで亀頭に吸い付くと彼も喜んでくれる。
私の女性器も彼の大きさに馴染んだようで彼は激しく奥深く突き刺してくる。
「アウッ きっきついっ アウッ イッイイッ~」
「気持ちいい」
体位を変えバックで彼に突き捲くられ、屈曲位になると彼が
「イクッ 中に出す」
と言う頃には腰が痺れ歓喜の波の中を漂いながら
「もうっ ダメェ~ イクッイクッ 中に出して ヒィ~ 壊れる~」
大きな艶声を出し、しがみつき彼の精液注入を震えながら受け入れてしまう。
「できたかな」
「一番危ない日だから」
女性器から流れ出てくる精液を拭きながら愛されている感じのまま彼の腕の中に飛び込むと抱きしめてくれる。
そして生理が遅れている。
生理の遅れに心ときめくことはもうないと思っていたが妊娠していると思う。
女にとって愛する彼の子供を身ごもることは幸せな時である。
バツ1になって幸せになりそうです。
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                投稿パラダイス掲示板

↑ ページ最上部に移動する ↑