お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                      投稿パラダイス掲示板

幼稚園の「ママ友ネットワーク」恐るべし・・・

カテゴリ: 寝取り&上淫
本日は、私が付き合った人妻の中でも最もハイレベルだった、由美の話を書きたいと思います。

某「メル友募集サイト」で知り合った由美は、身長162、体重50キロ、バストは小ぶりなBカップで、子供を産んだとは思えないスレンダーな体付きの、茶髪の長い髪が似合う美人でした。

メールを始めた当初は、「草食系」の会話で好青年を演じながら、単身赴任中の10歳年上の旦那や、同居をしている姑の愚痴をじっくり聞いてあげていましたが、ある日写メを交換してみると、予想以上の美しさに、一気にテンションが上昇!!
まずは、

「ところで、由美さんって彼氏居るの?」

って振ってみると、

「居ないよ。ってか、結婚してから旦那だけだし・・・」

と、誘って欲しそうな素振り。

思わず、

「それじゃあ、由美さん綺麗だし、メッチャ好みなんで、俺が彼氏に立候補していいかな?」

と送ると、

「私年上だよ。こんなおばさんで良いの?」

と可愛いOKが・・・。

一気に「肉食系モード」に突入し、怒涛のラブラブメールを交換した後、2日後の夜に、60キロ程離れた由美が住む街に、俺から逢いに行く約束をして、その日のメールは終了。

約束の2日後、夜7時過ぎにドンキの駐車場で合流し、

「お待たせ~、先ずは食事でも行こっか?」

って明るく挨拶すると、

「お腹空いてないし、人に見られたらヤバいから、ホテルの方が良いな~」

・・・って、奥さん、やる気満々ですね(笑)

旦那が単身赴任中で、欲求不満気味の奥様は、当然の事ながら「ゆっくりお話」なんて後回しで、ホテルに入り、速攻シャワーを浴びた後は、先ずはソファーで抱擁しながらのフレンチキスからエッチ開始。

徐々に、耳~うなじへの愛撫に切り替えた後、ベッドに移動し、バスロープを開くと、現れたのは、ピンク色の小さめで可愛い乳首と、人妻特有の美味しそうなエロいボディで、暫く感動の余り見惚れてしまいました。

さて、先ずは美味しそうな乳首に直行し、じっくりと堪能した後、必殺のクンニ攻撃を開始しようと下に移動すると、

「私、そんなとこ舐められた事無いし、汚いから良いよ」

と残念ながら拒否反応・・・ノ(^-^;)ノ

しばし、押し問答が続きましたが、

「俺は彼氏なんだから、由美の全てが知りたいよ。嫌いだったら、言って貰ったら途中で辞めるから、少しだけ舐めさせて。」

と懇願し、やっとの事で、下への攻撃開始。

両手でガッチリと由美の太ももを捕獲した後、最初は反応を楽しみながら、舌先で、クリ〇リスへの愛撫を開始すると、お腹の下がピクピクして、徐々に可愛らしい喘ぎ声に変化が・・・。

暫く舐めていると、あそこも愛液でとろとろになったので、中指を挿入し、舌と指で複合攻撃。

すると、喘ぎ声が絶叫に代わり、指も凄い締め付けで、何度か逝ったらしく「おかしくなっちゃうから休憩させて」とギブアップ宣言!!

「凄い気持ちよかったよ。癖になりそうでヤバいかも」なんて嬉しい感想を聞きながら、腕枕でのピロートークを開始しましたが、そこで、由美から「驚きの告白」が有りました・・・。

------

それでは、由美とのピロートークで聞いた「告白」の中身をお話します。

いきなり由美から、「実は隠してた事が有るの。怒らないで聞いてね。」と言われて、ドキッとしましたが、実際の内容は、可愛い話で一安心。

その詳細ですが・・・、

実は、由美はそれまで至って真面目な主婦で、結婚以来、浮気なんて考えた事も無かったそうですが、

仲良くなった子供の幼稚園のママ友が、結構遊んでて、出会い系で知り合った若い男とラブラブだったらしく、いつもノロケ話を聞かされて、悶々としていたところに、

「由美も旦那が単身赴任で寂しいなら、彼氏作っちゃえば?」

って背中を押されたそうなのです。

それで、そのママ友から教えて貰ったサイトに早速登録し、最初に知り合ったのが、俺だったとの事!!

だから、「年下の彼氏」ってあんな喜んでたんですね(笑)

そして・・・、

「実はその娘、ドンキの駐車場に来てて、貴方の事チェックしてたのよ。さっきも、メールが来て、「優しそうな人で良かったじゃん。」って書いてたから、「初めてのクンニ、凄い気持ち良かった」って返信したの。黙っててごめんね。」

だって(苦笑)

幼稚園の「ママ友ネットワーク」恐るべしです!!

その話を聞いて、益々燃えちゃった俺は、再度上から下まで、舌先で由美を堪能した後、満を持して挿入。

正上位で先ずは先端だけ入れて焦らしながら、うなじや耳たぶを舐めて、可愛い喘ぎ声を楽しんだ後、ディープキスに切り替えて奥まで挿入し、お互い絶頂に・・・。

さて、その後由美とは、毎週の様に逢って、「欲求不満」を解消してあげ、毎回、どんどんエロくなるのを実感しましたが・・・、

その真っ只中・・・、私の本業で、急に大きな仕事が舞い込んた為、全く時間が取れなくなってしまう事に(泣)

由美から頻繁に来る「逢いたいメール」への返信も、思うように出来ない程忙しい日々が続いた結果、ある日、由美からの「さよならメール」で、残念ながら、この関係は幕を閉じる事になりました。

サラリーマンとして、仕事を優先した事には、現在でも後悔していませんが、由美とは体の相性も大変良かったので、本当に残念な結末でした。

今でも、「今頃、どこかの男が由美のスレンダーなボディを楽しんでるんだろうか?」なんてふとした時に考える、悲しい思い出でした。
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                投稿パラダイス掲示板

↑ ページ最上部に移動する ↑