お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                      投稿パラダイス掲示板

ズボンをずらし、妻はなんのためらいもなく・・・

カテゴリ: 寝取られ&寝取らせ
私と妻が結婚して10年がたちます。
でも今では、夫婦というより、妻は私の性処理する女になっています。
それは2年前のことがきっかけになります。
そのころは、私が仕事が忙しく、毎日残業で帰りが遅く、12時超えることもしょっちゅうでした。そのことにより、夫婦の会話は激減し、もちろん夜の関係は気づいたら、もう1年近くしていませんでした。
その2年前、妻は32歳、私は55歳いわゆる年の差婚というやつです。妻にしたらヤリ盛りでそれを相手できなかった私にも責任はあると思います。それにしても、、、。

ある夜、たまたま私は定時で帰りました。あわよくば夜がんばってみようと思って帰宅したのです。しかし、妻は玄関にお出迎えもなく、奥のリビングから話し声が聞こえました。気づかれないように歩を進めると、どうも会話の相手は男性であることはすぐにわかりました。ずばり、明日その男性に家に遊びに来るように話していました。しかも明日が初めてではないようです。健くんといって呼んでました。記憶が合っていれば、数年前に1度遊びに来ていた、高校時代の同級生の健二くんのことでしょう。
私はなぜかいけないひらめきがありました。実は、仕事でいろんなカメラを扱っていることを思い出し、職場に帰り数台持ち帰りました。そのときにはすでに、妻は健くんとの会話は終わり、寝室で寝ていました。私は内緒で、リビングや玄関先に隠しカメラを設置することに成功しました。さらに翌朝、寝室にも設置し、出社しました。

数日後の休日。妻が買い物に出て行き、私は部屋に1人。私は部屋にこもり、あの映像を確認しました。やはり、私が想像していた健くんがそこに写っていました。妻は健くんを玄関に迎え入れるとすぐに、濃厚なキスをし、さらに健くんははいていたズボンをずらし、妻はなんのためらいもなく、チンポにむしゃぶりついていました。さらに驚いたのが、妻が裸にエプロンという姿で迎えていることでした。おそらく2人の中での約束なのでしょう。その後、2人はリビングに移動。妻はソファーに押し倒され、全身をくまなく舐めまくられています。妻は自ら両手で、脚を広げ健くんの顔をオマンコにうずめ、激しく悶えています。再び体勢は逆転し、妻が健くんのチンポを口に咥えこみお尻を健君の顔に擦り付けています。そして、挿入。健くんはなんと生でチンポを挿入していました。体位を変えながらも最後は、妻の口の中にザーメンを1滴残らず流し込み、妻も最後の1滴まで飲み込んでいました。そして、その後寝室でも繰り返され、都合3度のSEXを確認できました。

私と妻は同じスポーツジムに通っていました。しかも時間が重なることが多く、いつしかよく話をするようになり、食事にもいくようになりました。結婚のきっかけは妻のほうからのアプローチがありました。私は年齢差があることから、断っていました。もちろん妻の両親からも反対をされていました。なにせ、私と妻の母親が同い年なのです。父親とも2歳差。受け入れられるわけありません。それでも、私との結婚に突き進んだ妻は、両親が折れる形で一緒になることができました。すでに妻の兄夫婦に孫がいることもあり、助かっていますが、私たち夫婦に子供がいないことも、数年前まではかなりプレッシャーでした。今はあきらめてくれているようです。そんな経緯もあり、妻は私と離婚はできないのでは、、、。と私は踏んでいました。

そして、妻が買い物から帰ってきました。晩御飯の仕度を始めるようです。私は自分で調達したエプロンを妻に手渡し、これをつけてほしいと頼みました。不思議そうに首をかしげながら、エプロンをつけキッチンへ向かう妻を私は引き止めます。そう、すべて脱いで、裸でエプロンをつけるようにいいました。1度は拒否されたものの、私の指示に従い、裸になり、エプロンをつけてくれました。
私はあの映像と同じように妻を抱きしめ、唇を奪いました。突然のことで妻は戸惑っていましたが、かまわず、舌をいれかき回しました。妻の口から吐息が漏れ腰が砕けていきます。私はそのまま、妻をしゃがみこませ、目の前に私のチンポを見せ付けました。もちろん同じように、口にチンポを含ませることを強制しました。いつの間にか、こんなエロいフェラを覚えたのかと思いましたが、ここは射精を必死に我慢しました。妻を流しで手をつかせお尻を突き出すポーズをとらせ、硬直したチンポをバックから挿入していきました。久々の妻の中の感触でした。妻も久々の私の感触に興奮し、自らさらに突き出し、感度を調整しているようでした。最後は正常位でラッシュをかけ、妻の口の中に私のザーメンをいっぱい流し込みました。
弱っている妻を私は無理やり寝室に連れて行き、例の映像を見せることにしました。目の前に移っている自分の痴態。私に内緒の浮気の現場。妻は全身震えながらも涙を流し、私に許しを請うように頭を下げてきました。
私は妻を部屋の窓際へと連れて行き、外に向けて裸を見せ付けるように縛り付け身動きできないようにしました。さらに乳房にはローターを貼り付け、オマンコにはバイブを挿入し、さらに電マで全身を攻めまくりました。外は暗くなっているものの、住んでいる部屋の向かいにもマンションがあり、この痴態が見せ付けているかのような状況に、さっき発射したはずの私のチンポもすぐにかたくなって行きました。それでも妻を何度もおもちゃでイカせ、窓には妻のよだれやスケベ汁でべとべとになって行きました。
そして、妻の口から、私のチンポでもっと突きまくってほしいと言わせて、2度目の挿入。窓際に立たせたまま、バックからの挿入は今までにない興奮を覚えました。
その夜は、さらにもう2回戦やり倒し、結局朝方になっていました。
もちろん浮気相手とは手を切らせました。浮気相手の健くんも妻帯者です。あの映像を見た瞬間、2度とこの部屋に来ませんといってすぐ出て行きました。
そして、妻には私がいない時間に勝手にオナニーをすることすら禁じました。帰りの時間には全裸で迎えることにしました。さすがに私が毎日相手できるわけではないので毎日のようにおもちゃを使って、いじめています。妻は喜んで毎日私の前で悶えくるっています。
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                投稿パラダイス掲示板

↑ ページ最上部に移動する ↑