お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                      投稿パラダイス掲示板

夫のエロDVDはみんな・・・

カテゴリ: 女性視点
なんかもう………脱力……………。

私→26歳 接客業 主腐
夫→25歳 技術職 非ヲタ

夫とは大学の同期です。
5年の交際の末、今年の頭に入籍。
夫の親族に結婚を反対され、式は挙げていません。
誰もが羨むラブラブカップル(笑)
でした。数日前までは。

付き合うと同時に彼の暮らしている1LDKのアパートで同棲を始めました。
ていうか、私が転がりこみました。

入籍後も変わらず同じ部屋で暮らしていたのですが、
そろそろ妊娠や出産のことも考えよう、という夫の意見から、
この秋、3LDKのマンションへ引っ越しました。

忙しい夫に代わって、引越し関連のことは私が全て1人で済ませました。

私の仕事も決して暇では無く、家事に加えて引っ越しもかあ………と、
この頃ちょっとイライラしがちだったかもしれません。
反省しています。

引っ越しの片付けが終わった頃、夫の様子がおかしいことに気付きました。
携帯を手放さないんですwww
分かりやすいwww

「最近よく携帯触ってるねえ」
「えーと、あれあれ、mixiアプリwww」
「へー(真顔)なんのアプリ????」
「ま、ままま、まちつくwww」

嘘が下手な男なんです。

だけど、なかなか尻尾を出してくれません。
生まれて始めて、携帯チェックもしました。
送信・受信メール、履歴、私のもの以外が全部消してありました。
余計に怪しいっつのwww

ある日、夫がソファでうたた寝。
お風呂以外ほとんど手放さない携帯も、手からすべり落ちて床に!!!!
偶然にも、たった今メールを受信してLEDがチカチカ光ってる!!!!

××先輩、というカモフラの番号登録。
メールの内容はと言えば、

○○○(夫の名)って物知りv
なんでも知ってゅvすごォぃ☆

ユキ(仮名)、○○○のねこにゃんになりたぃにゃん☆にゃんにゃん☆

以下、次のデートについての相談。みたいな。

「……………すっげーバカ女だ!!!!」

あとはまあ、包丁掴んで夫に馬乗りになって喉元に突きつけて、以下略。

夫「ちょ、待、あの、ユキちゃんは♂!!!!」(逃げながら)
私「はァァァァァ!!??なんだその言い訳!!!!」(右手に包丁)
夫「言い訳じゃない!!!!ほんと!!!!」
私「あんな可愛い凸メール送ってくる♂がいてたまるかぁ!!!!」
夫「ニューハーフなんです!!!!」
私「……………あー………」

普通なら、こんな言い訳に丸めこまれませんよね。
でも「あり得る」って思っちゃったんです。
だって、引っ越しのときに見つけた夫のエロDVDはみんな、ニューハーフものだったから。

ユキちゃんは19歳。
本名はトモユキ(仮)。専門学生。
子どもの頃から好きになるのは男の子ばかりで、自分の性別に違和感を感じてた。
高校を卒業してから、大っぴらに女の子の恰好をするようになった。
夫とはクラブで知り合った。
付き合い始めて1ヶ月。デートは3回。

写真も見せてもらいました。
女装時→ハーフ系ギャル
(舌ぺろっとするあの子そっくり)
男装時→テライケメン
(どちらかと言えばわたしのタイプだ)

私「工事は????」
夫「まだ」
私「ふたなりも、好きだもんね………」

もちろん夫はしばきあげましたが、
夫が既婚者ということを知った上での交際というなんで、
先日、1人でユキちゃんを呼び出しました。
(知らなかった場合はユキちゃんも被害者だから)

本当に♂だった………。
超かわいかった………。

何が切ないって、大好きなBLでいうところの、わたしの立場。完全に悪者。
リーマン×女装子とかちょう萌えるのに……………。

ユキちゃんと会った当日ですが
まず、彼のバイト先に行って、

ユ「いらっしゃいませー」
私「○○○の嫁です(小声)」
ユ「え………え……………」
私「あ、全部知ってるから。夕方までだよね????駅前のドトールで待ってるから。来てね(小声)」

あとはひたすら女同士のバトルです。

ユキちゃんが女だったら刺してました。

だから今回、ユキちゃんが男って聞いてちょっとだけほっとしてしまった。
そんな自分にショックです。
ユキちゃんは染色体が男だった。
私はそれに優越感みたいなものを覚えて、同じステージで戦おうとしなかった。
最悪ですよ。

彼女には幸せになってほしい。
でも私の男はやらん。
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                投稿パラダイス掲示板

↑ ページ最上部に移動する ↑