お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                      投稿パラダイス掲示板

あの男の中年チンポを咥えて、俺のチンポと形を比べたのだろう・・・

カテゴリ: 寝取られ&寝取らせ
俺には元妻が2人いる。
一人は25年前に結婚して20年前に別れた2歳年上の美智子で、息子が一人いた。
離婚原因は俺の浮気で、その可愛い顔をした浮気相手が二人目の元妻の綾香だ。
俺31歳、綾香23歳で再婚、しかし、今度は綾香が浮気相手の子を孕んで再婚生活僅か2年で離婚した。
そして35歳の時に再婚したのが現在の妻の安祐美だ。
俺は、二人目の妻の綾香と離婚直後、最初の元妻の美智子を見かけた。
35歳の美智子は、息子と40代半ばくらいの男と三人で歩いていた。
仲のいい家族に見えて、俺は物陰に隠れて美智子たちをやり過ごした。
家に帰って、物凄い孤独感に情けなかったが嗚咽した。
夜、美智子とあの40代半ばの男のファックシーンが頭を巡った。
美智子はあの男に俺が昔愛したマンコを広げてじっくり観察され、舐められ、気持ち良さと恥ずかしさにトロトロと蜜を流したのだろう。
あの男の中年チンポを咥えて、俺のチンポと形を比べたのだろう。
そして、その中年チンポを突き立てられて、俺のチンポと味比べをしたのだろう。
あの男に跨って、激しく腰をくねらせたのだろう。
中年男と濃厚なファック繰り返し、マンコはすっかりドドメ色にされたのだろう。
元々体目当てだった綾香の事はすぐに忘れられたが、美智子のことはまだ愛していた。

そんな時、俺に優しくしてくれたのが安祐美だった。
25歳にしては色っぽく美しい安祐美の妖艶な女体に溺れた。
とてもいい体をしていて、元、SMモデルだと知った。
「昔、そういう雑誌で縛られてたの。アソコにもいろんなものを入れられてた。でも、セックスは無し。AVにも誘われたけど、仕事でセックスだけはできなかったな・・・」
そう聞かされても、その妖艶な美人の虜になった。
確かにいろんなものを入れられたのだろう、マンコはそれなりの色で歪んでいた。
そして、
「あなたの子供、産みたい・・・」
と言われて再婚した。

現在俺は51歳、安祐美は43歳、来年高校生になる娘がいる。
夫婦仲はすこぶる良く、
「パパとママは本当に仲良しね。両親が仲良しなのは娘としては嬉しいけど、もう少し静かに愛し合って欲しいかな~・・・」
俺と安祐美は現在でも週3回はセックスがある。
週末はSMタイムで、受験勉強で遅くまで起きている娘に、安祐美を縛り上げてバイブで凌辱している時の安祐美の声を聞かれていたようだった。

先日、ネットでSMグッズや縛り方などを見ていた時だった。
何気にクリックした「人妻AV無料動画」に見覚えのある女がいた。
「35歳の人妻が夫の借金で輪姦地獄」という物だったが、そのアイコンの顔は二人目の元妻綾香に似ていた。
ドキドキしながらクリックすると、ガラの悪い3人の男に囲まれて、怯えていた女の場面から始まった。
綾香にソックリの可愛い顔をした女が、男達に組み敷かれて、乱暴に衣服を剥されていった。
半裸の状態で乳房がポロリ、そしてパンティが剥されると、何と無修正画像だった。
縦長に割れたマンコ・・・綾香もそうだった・・・そして開かれたマンコはドドメ色に変色していたが向かって右側のビラ肉にホクロが・・・綾香に間違いなかった。
二人の男に抱き抱えられて足を開かれる屈辱の格好で、ドドメ色のマンコを剥き広げられて、
「奥さん、小汚いマンコしてるねえ~・・・こりゃあよっぽどスキモンなんだねえ・・・」
無造作に弄られて悶えた綾香・・・クリを摘ままれコリコリされて、ビククビククと痙攣した綾香・・・35歳が事実なら別れて10年後・・・今から8年前の映像ということになるが、無料配信されるくらいだからそれくらい昔なのかもしれなかった。
抱き抱えている男達に乳房を乱暴に鷲掴みにされ、マンコを凌辱された綾香は、ピュッと潮を噴いてマジ逝きしていた。
そしていよいよ生チンポが綾香のマンコに突き立てられた。
片足ずつ一人の男に持ち上げられて、無惨なV字開脚で結合部を丸出しにされて、ヌポヌポ出し入れされて悶えゆく綾香・・・顔に欠けられるザー汁・・・そして次の男のチンポがめり込む・・・
輪姦に逝きすぎて呆然となった精液まみれの綾香を見下ろしながら、、最後の男がパンツを脱いだ。
20㎝はあろうかという巨根がビヨヨンと現れ、綾香のマンコを貫いた。
「ヒィッ・・・」
それまで喘ぎ声を我慢していた綾香が、初めて声を発した。
スブスブスブ・・・とめり込む巨根にマンコの肉が引きずられて、引き抜くときにはドドメ色のビラ肉がプルプル震えた。
奥深く沈み込んだ巨根をグリングリンと腰の回転で掻き回すと、
「ヒギィイィィィィィィィ・・・・・」
と白目を剥いて気を失った綾香だった。
男は構わず腰を回し、綾香を甚振っていた。
無惨な逝き様で大量の精液を浴びた綾香をその場に残し、3人の男達は去って行った。
気絶した綾香の全身を舐めるように撮影し、最後、巨根に抉られポッカリ空いたマンコのアップでフェードアウトしていった。

浮気妊娠されて別れた二人目の元妻だったが、こうしてみるとやっぱり可愛かった。
そして、このような憂き目に遭っていた事を知り、心が痛んだ。
確かに、一度は愛した元妻だけに、出来れば最初の元妻のように幸せになっていてほしかった・・・
俺は、静かにPCを閉じて、安祐美の寝顔にキスをした。
二人の元妻が今は幸せでいて欲しいと願いながら・・・
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                投稿パラダイス掲示板

↑ ページ最上部に移動する ↑