お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                      投稿パラダイス掲示板

私もこれまでにないくらいの快感でした・・・

カテゴリ: 寝取られ&寝取らせ
2月はじめにに大学の同窓会がありました。
妻H子(49)も同じクラスの同級生でしたがこの日は私だけが参加。
酒も進むうちにお決まりの過去の恋愛話になりました。
その日の2次会で旧友Yが突然こんなことを言い出したのです。
Y「さっき帰った田口がH子ちゃんとやったことあるって行ってたぜ」
私「え~本当かよ?うそだろ~?」
Y「皆の前でははっきりH子ちゃんとは言ってないんだけど、俺には教えてくれてさ。お前がいないところで、今の彼女は相当エロイ、とか自慢してたぜ」
私「そうなのか?バカなホラ話だろ」
・・・内心はドキドキでもっと聞きたくてたまりません。
Y「あのさ~、今H子ちゃんに電話してみたら。」
私「なんだよ~今頃2人で逢ってるって?まさか^^」
その場ではさすがに電話で出来ないのでトイレに行くついでに妻の携帯に電話してみましたが・・留守電になっていました。
家に電話して子供に聞くと、「町会の集まりで出かけてるよ」と・・・
心臓が破裂しそうでした。
冷静を装いH子は家にいたと嘘を言い、Yに根掘り葉掘り聞いて行きます。
私「なぁ・・田口ってH子前から狙ってたんだっけ?」
Y「そうだと思うよ^^結構いたぜそういう奴」
私「そうかぁ・・・我妻モテモテだなぁ・・」
Yもそう詳しい話は知らず、H子が家にいると聞きこれ以上の盛り上がりを見せずに時間が過ぎていきます。
11時も回り、私はH子にメールしました。「ご苦労さん、疲れてるとは思うんだけど今夜Hしたいなぁ」
返信は「呑みすぎてるんじゃないの?軽くならいいよ^^」
意外な返信に驚きつつ、1時過ぎに帰宅。
H子はすでに入浴を済ませ、普通の下着に普通のパジャマです。
私シャワーを浴びて普通にベットイン。
キスなどを交わしながら同窓会の報告です。
田口以外の仲間の近況を話しながらいつもどおりの愛撫が続きます。
H子の返事もだんだん上の空になってきます。
オルガスターを使いながら昔の恋愛話で盛り上がった話等するうちに
H子「もう・・きて・・」
私はいきり立ったペニスをH子のオマ○コにあてがい、ズブズブと埋め込みながら
「田口・・・来てたよ・・」「田口・・田口の・・・ほら・・」
根本まで挿入しながらカマをかけました。
「あいつ、お前のこと何人かにしゃべってる・・」
「畜生・・・今日もやってた?」
「田口のチンポがでかくて良いんだって?
H子は喘ぎながら
「バカね・・誰がそんなこと・・・」
「そんなこと無いって」
私「良いんだ・・・俺スゴイ興奮してるから・・嘘で良いから田口とsexしてるって言ってくれ」
H子「何言ってるの・・・して無いって・会ってもいないよ」
私「良いんだ。そういうのが好きなんだ、言ってくれ」
普段とは違う勃起状態の私を察したのか、H子は興奮状態で田口とのsexを聞かれるままに告白しだしました。
私「田口のチンポはでかいんだろ?お前が狂うぐらいぶち込まれたんだろ?」
H子「あぁああ・・・そうです・・スゴイ大きくて奥まで・・」
「あなたが時々突いてくれるすごく感じるところ・・田口君ので突かれっぱなしに・・・ああああ」
私「俺のより良い・・って?言ってみろ・・・」
H子「あなたのより・・・ぜんぜんいいぃぃ・・スゴイいい・・・」
次々と淫らな言葉が出てきます。
「大きいからすき・・・カリブトがいい・・」
「田口君のオチンポが一番良いですぅぅぅ」
「オマ○コ壊してぇ・・・」
最後は
「田口君・・いくぅぅぅ・・」
私もこれまでにないくらいの快感でした。

2人ともぐったりの中
私「こんど3Pしようか?」
H子「バカね・・・田口君とはやってないってば・・」

田口君とは????

そもそも、今回の同窓会にH子が参加しなかったのには理由はありました。
実を言うと、私もH子も学生時代に同級生の違う相手と関係がありました。
この歳になると皆の前でその相手に逢うことはなかなか抵抗があります。
必要以上に冷やかされたり、ヘンに気を使って縁りを戻させようとするおせっかいがいるので。
ましてや酒の席ですので。

今回、H子の元彼である小林君が参加することが分かっていました。
小林君とはこの日普通に会話しましたが、さすがにH子の話は出来ませんでした。
「元気?」ときかれ「ああ・・もうオバサンだよ」と返した程度でした。
実は、学生時代、私はH子付き合っていたにもかかわらず他の子を好きになり、H子と別れていた(捨てていた)時期がありました。
小林君は落ち込むH子を慰め、ほどなく2人には関係が出来ていました。
2人はうまくいっていたと思います。
ところがその後、自分の愚かさに気づいた私がH子を口説き落とし、いろいろとありながらも縁りを戻してしまいました・・
今でも小林君には申し訳ないことをしたと思っています。

私 「田口くんとは?」
H子 「だから、誰ともして無いってば」
私 「ひょっとして小林?」H子の身体を撫で回しながら言ってみました・
「今日、いたよ・・・」
H子「それは昔の話でしょ・・」

明らかにH子に動揺が感じられました。
私はH子への愛撫を強ながら、私が聞いていた小林とH子の過去のSEXを言い続けました。
H子は黙って聞いています。
私 「若いときと今のSEXはたぶん違うんだろうね・・・」
H子 「何言ってるの・・・今はそんなこと・・・」
私 「今度は小林の名前を言いながらやろう」
H子 「バカね・・・普通にしてよ・・・」
私は部屋を真っ暗にしてH子に挿入しました。
私 「さっきみたいに興奮させてくれ。今度は小林とするんだ・・・」
H子はあえぎながら「本当にしてないよ・・」
私 「分かってるって」

視覚が失われ、H子は吹っ切れたように淫靡になりました。
私 「小林君とSEXしたいんだろ・・・」
H子 「・・・したい・・・本当に逢ってSEXしまくりたい・・」
「小林君のきもちいいのとSEXしたい・・」
私 「してもいいよ・・しておいで・・小林にオマ○コしてもらいなよ」
H子 「する・・するわ・・・SEX・・ああぁぁぁ」
「昔みたいに・・SEXしてもらう・・大きいのでしてもらうぅぅ」

そしてバックで突きまくっている時に
H子 「ああ・・本当は・・・しました・・・しました・・・あああ」
「小林君と・・・SEXしました」
私はその瞬間・・射精してしまいました・・・

私 「やっぱり・・・いつ?」
私のペニスはまだ固さが持続しています。
精液の臭いが部屋にあふれます。

H子 「暮れに・・逢って・・・すごいひさしぶりに・・・あぁっぁ・・」
「すごい・・よかった・・・思い出して感じちゃうぐらいよかった・・」
「またしてもらいたい・・・小林さんに・・・SEX・・」
私 「奴隷にしてもらいなよ・・・」
H子は枕に顔を埋め、声を殺しながら
「なる・・・奴隷になる・・オマ○コどれいになるぅ」
そして全身を震わせながら逝きました・・・
私は逝ったあとの半失神のH子を犯し続け、最後はアナルに3度目の射精をしました。

H子 「すごかった・・最高・・・あなたも3回なんて何年ぶり?」
私 「スゴイ興奮したなぁ・・・あのさ、やっぱり、やったんだ小林と・・」
H子 「してないってば・・・盛り上げるために言ったんだよ」
私 「わかった・・・ありがとう・・」

この日はこれ以上の会話はしませんでした。
私は十分に満足しましたし、H子も同じだと思いました。
たぶん、H子は小林君とここ何年かで何回か関係を持っていると思います。
小林君はH子にとって今でも特別な一人かもしれません。
それが嘘でも本当でも、私とH子にとって必要なことのような気がするんです。

読んでいただいた方
中途半端な寝取られ妻フェチの駄文にお付き合い下さりありがとうございました。
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                投稿パラダイス掲示板

↑ ページ最上部に移動する ↑