お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                      投稿パラダイス掲示板

妻は更に尻を突き出すように・・・

カテゴリ: 寝取られ&寝取らせ
私も妻も電車通勤です。いつもは私の方が少し早めに家をでます。自分も
時々お尻を触る程度の痴漢をする為、妻もその程度の経験は有るだろうと思

い聞いてみました。(二人で痴漢ドキュメントのTVを見ている時でした)妻は冷やや
かに「そんなこと無いわよっ」と答えるだけで、口を割りません。ある日、
いつものように家を先に出た私ですが忘れ物を取りに駅からタクシーで家に
戻り再び駅へ・・階段を下りホームへ・・すると妻が30m先にたっておりまし

た。声をかけようとした時です。ホームで電車を待つ妻の背後にピタリと付
く男が現れました。妻が何かされ嫌がったら、助けようと・・男の更にやや

後ろに立ち様子を伺っていました。男は何やら妻の耳元で囁いているようで
したが・・妻は反応せず前をジット見ているだけでした。電車が来て妻は入

り正面の閉じてるドアへ、男はその背後に立ちました。私は男が痴漢である
事を確信しました。妻の格好もよくありません。私といる時には、あまり履

かないフレアーミニスカートの生足です。上はブラウスにジャケットを着て
いました。ドアが閉まり電車が走りだしました。私は妻と男の斜め後ろ、間

には数人います。キリッとして窓の外を睨むように見ていた妻の目がいつの
間にか閉じています。電車は満員です。私の所からは妻の横顔が見えるだけ

で・・首から下で何をしているのかは全く見えませんが・・目を閉じたまま
妻の表情が変化していくのが解りました。口元が緩み、序々に唇が開きだし

たのです。5分と経たないうちに妻の表情は明らかに、快感を得ているようで
した。少しづつ顎が上がり両手は窓についていました。少し緩めた口元から

吐息が聞こえてきそうです。電車がトンネルに入った瞬間に私はとても驚き
ました。電車の窓に写しだされた光景はまさしく妻の形の良いふくよかな両

胸が露になっていたのづす。横からではジャケットがガードしていて見えな
かったのです。ブラウスのボタンは全て外され、ブラジャーらしきものは見

えません。ノーブラだっ!私は興奮と怒りを同時に覚えました。窓について
いた右手は後ろへ、男の股間でも触っているのでしょうか?妻の表情は一層

くずれ腰も曲がりだしました。男は後ろからまた妻の右耳に囁いたようで
す。フト気がつくと妻の左横にもいつの間にか頭のハゲたおやじがピッタリ

と妻にくっつき妻の左耳へ囁いたようでした。いままで恍惚とした表情をし
挙げていた首をガックリとうなだれ更に腰が曲がり両手を窓につきました。

右斜め後ろにいた男は、妻の真後ろへ移動していました。電車の揺れととも
に妻の首は上下に揺れています。[まさか・やっているのか?]私は体を捻

り進みたくとも進めません。駅に着き更に乗客が詰めてきました。妻の曲
がっていた腰は伸び窓にベッタリと付く体勢になっていました。電車の外か

ら見たら妻の生乳がガラスで潰されて、丸見えになっているんだと想像して
しまった。こうなっては痴漢も手出し出来ないだろうと思います。妻は全く

見えなくなっていました。四駅が過ぎ乗り換え客が引けやっと身動きが取れ
るようになると、こんどはハゲが妻の真後ろにいた。やはり妻は手をつき、

腰を曲げ首を小さく上下させている。妻が降りる二駅前になると、二人の男
は妻の左右に分かれ立った。妻はうなだれた首のままブラウスのボタンを閉

めているようだ。こいつら・・妻が降りる駅を知っている! 一緒にどっか
に行くのか?などと妄想しているうちに到着。うつむいたまま妻だけが小走

りでホームへ、男達は乗ったままだった。俺も降り妻の後を追った。階段を
駆け足で登る妻のスカートがヒラヒラと舞い上がると、白い尻が布を纏わず

揺れていた。途中で脱がされたのか?始めから掃いてきてないのか?・・?
妻はトイレに入りしばらくして出てきた。ストッキングを掃いていた。[準

備してきていたのだ]計画的だっ!妻はそのまま職場へ行った。私は仕事を
休み家に帰り見えなかった下の部分で何が有ったのか想像しながらオナニー

をしてしまった。妻が帰ってきた。「あら、どーしたの?早いじゃない!」
何事もなかったようなリアクションだ。妻が風呂に入る。私は妻のパン

ティーの匂いを嗅いだが、精液の匂いはしない。朝とはいえ中に出されてい
たなら、後から掃いた下着に多少なりとも付着するはず・・!?私は翌日・

翌々日と会社を休み妻を尾行した。プラットホームでまた同じ男が背後につ
き妻の耳元で囁いている。まるで昨日をトレースしたようだった。今日の妻

は長目の巻きスカートにダンガリーシャツ。私は男のすぐ後ろに位置した。
妻は外を見ていた目を閉じた。[はじまった!]男は巧みにシャツのボタン

を素早くはずし手を入れた。暫く胸を揉みシャツを左右に開き乳房を露にし
た。男は妻に囁きを入れている。巻きスカートに手を入れ前で動いていた。

驚いたたのはこの後だ、昨日は見えなかった部分が見えている。いつもの男
は男根を出し妻が目を閉じたまま握っている。互いに性器をいじりあってい

たのだ。そして妻の周囲に立っている男ども5人位がスカートの上から妻の尻
をなでている者、腕を廻し胸を揉む者など飛入なのか!?ハードなことはし

ないものの、複数の男に触られて妻は恍惚の表情になっていたのだった。ス
カートがたくし上げられた。やはり履いていない。ハゲ男が来た!ハゲもま

た根をだした[でかい!]ハゲが妻に囁いたのはかすかに聞こえた。「下を
見ろっ!」妻は頭を下げた「いつものように、こいつが欲しいか!?欲しい

なら握ってシゴケッ!」妻は右側にいた男の根を放し窓へ、左手をハゲの太
くてでかい根を握りシゴキ始めた。右男は妻の後ろから、やはりSEXをしてい

た。周囲を取り囲んでいる男たちはガード代わりで時々妻を触っている。
[集団痴漢だった]妻の中に入っていた男は妻から抜き妻の右手へ、ハゲが

妻の中へでかい物をゆっくりと突き刺していく。根元までいれたら、そのま
ま電車の揺れに任せている。妻の右側についた男の根を妻はシゴギ男はオッ

パイを揉んでいた。男は妻にしごかれドアに射精した。その後根をしまい。
妻のクリを刺激し始めた妻は更に尻を突き出すように腰を曲げた。ハゲの巨

根とクリへの刺激で妻は果てガックリとしゃがみ込んだら・ハゲの根をくわ
えさせられ口に出されていた。飲みほした妻は立ち上がり顔を上気させ深く

ため息をし身支度をしだした。翌日はやはり二人で妻を犯し(合意?)二人と
も妻の顔にかけていた。こんな事を妻はいつからしていたのか定かでわな

い。長くてすみません。この内容はだいぶ前にもここに投稿しました。私た
ちは、その後しばらくして離婚致しました。原因はやはりコレです。細かな

事はあえて聞きませんでしたが、あの悦楽の表情は忘れられません。
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                投稿パラダイス掲示板

↑ ページ最上部に移動する ↑