お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                      投稿パラダイス掲示板

今生の別れに・・・

カテゴリ: 寝取り&上淫
結婚して4年、私30歳、元妻佳代26歳、翌日は離婚届を出す夫婦最後の夜、素直な気持ちで最後の営みを持った。
涼しげな目をした凛々しい美人の佳代の20歳の処女を貰って、そして永遠の愛を誓い結婚した。
まだ若かったので、子供はもう少し後にしようと夫婦でラブラブを決め込んだ2年間、そこで子供を作っていればまた違う夫婦になっていたかもしれなかった。
夫婦としてお互いだけを愛し合ったのは2年半だった。
お互い、職場で出会った人と恋に落ち、不倫に走った。
佳代は私以外の男を初めて受け入れ、そして次第に被虐凌辱の世界へ引きずり込まれた。
俺は、職場の若い進入社員の澪理のロリロリな可愛さにヤラレて、セーラー服コスプレにハマった。
そして、悪戯心でハメ撮りして、雑誌に投稿した。
「リアルロリータOLがセーラー服で女子中学生並の清純を散らす!」
しかし、コスプレした浮気相手を投稿した雑誌に、
「美形若妻が乳首とクリに洗濯バサミを震わせて不倫チンポに縄乱れ!」
まさか、縄を打たれた妻の佳代の写真も掲載されるとは皮肉だった。

「私達、もうダメね。」
「そうだな・・・」
「佳代・・・お前の相手、妻子持ちだろう?どうするんだ?」
「奥さんと別れてくれるって。親権も、奥さんにあげるって・・・」
「慰謝料は払えるのか?融通しようか?」
「ありがとう。その気持ちだけでいいわ。」
「いや、お前は澪理に慰謝料請求できるだろう?」
「あなただって、あの人に慰謝料請求できるのよ。そこは、お互い様。W不倫をした私が悪いの。あなたは、澪理さんの誰も悲しませていないわ。私は略奪したのよ・・・」

夫婦最後の夜、見納めになる佳代の恥裂を開いて観察すると、クリを苛められた形跡がありありとわかった。
不倫相手ばかり見て、夫婦の時間を疎かにしていたことがハッキリとした。
それでも、最後に夫婦らしいことをして別れようと、最後のセックスをした。
佳代の痩身がクネり、小さめの乳房を突き出すように仰け反った。
「あ、あ、あなた・・・アァ・・・アァ・・・」
素直な心で、心から愛していた頃に戻って、佳代を抱いた。
「佳代、佳代、愛していた。本当だ・・・幸せになれよ・・・」
「アァァァァ・・・・」

翌日、佳代の最後の朝食を食べて、離婚届を出しに行った。
4年前に結婚届を出したときのように、二人で提出した。
結婚指輪を外し、
「これはあなたを愛した思い出に取っておくけど、これは帰すわ・・・」
佳代は婚約指輪をテーブルの上に置いて、
「もうすぐトラックが来るわ。最後のキス・・・おねだりしていいかしら・・・」
舌を絡めたキスで再び肉槍が疼いてきた。
最後にもう一発・・・と思ったらトラックの音が近付いてきた。
佳代の荷物が次々と乗せられ、佳代の新しいパートナーの元に向かった。
「じゃあ・・・お元気で・・・」
「ああ・・・お前もな。幸せになれよ。」
「あなたもね。体、大事にしてね。」
佳代が出て行き、マンションの玄関が閉じられた。
南のベランダに出て、下を眺めると一人歩く佳代の姿があった。
前のマンションの影に隠れて見えなくなる直前、佳代が振り向いて一礼した。
俺は、佳代に向かって手を振った。
円満離婚で、お互い新しいパートナーとの門出だというのに、佳代のいなくなった部屋を見て、畳の色が部分的に若い佳代の荷物の跡が喪失感を醸し、涙がこぼれた・・・

俺は31歳で浮気相手の21歳の澪理と再婚した。
澪理の親からは複雑な目を向けられたが、澪理も不倫成就の結婚なのであまりなことも言えないようだった。
翌年第一子、2年後第二子を儲け、家族を増やすことで家庭を守ろうと思った。
子は鎹、子を作らなかった佳代との結末に対する俺なりの答えだった。
涼しげな目元の凛々しい美人の佳代は、長い四肢が美しい痩身の女だったが、一方、澪理はムチムチプリンのロリボディで、童顔と相まっていつまでたっても女子高生のような顔をしていた。
子供の幼稚園でも、教職員や父兄から可愛いお母さんと評判だった。
でも、すっかりスケベに仕込まれた体は、夜になると疼き出すのか俺の肉槍を欲しがった。
広げた恥裂から覗くふやけた恥穴からは、トロトロの淫汁を噴出して、
「アァン、アァン・・・」
可愛い声で啼いた。

澪理は30歳になっても、40歳になっても可愛かった。
熟れた体を惜しげもなく開いて、俺に全てを捧げて淫らを提供してくれた。
30代でもセーラー服を着てくれたが、それがとてもよく似合った。
ツインテールにした可愛い幼顔とセーラー服、でも広げた股にはほどよく熟した恥裂がクパァと開き、そのギャップがまた興奮した。
「パパァ、気持ちいいよう、アァ、パパァ、パパァ・・・」
昼間の清純そうな可愛いお母さんは、夫をパパと呼びながら甘えた声でヨガった。

40代になったらさすがにセーラー服は無理があったので止めたが、40歳になるからと髪を短くおかっぱ風にしたら、これまた笑えるほど可愛くなり、澪理は街で若い男にナンパされるようになった。
10歳年上の俺は、澪理を満足させようとさらに精進し、最低週3回のセックスを己に義務付けた。
長年連れ添った愛しい澪理の恥裂からは、ドドメ色に変色した恥唇がはみ出し、セックスのベテランと言える40代主婦らしい女性器になった。

今年、再婚して25年が過ぎた。
子供も独り立ちして俺は56歳、澪理は46歳、まだ可愛いロリ顔の澪理を飽きもせず抱いていた。
そんな時、勤め先に電話がかかってきた。
「もしもし・・・私、佳代です。ご無沙汰しています。」
元妻の佳代だった。
「佳代・・・どうした?」
「明日、お会いできませんでしょうか?」
「何かあったのか?」
「詳しくは明日言いますが、今回会えないと、もう、二度と会えないような気がしてお電話しました。お時間、作れますか?」
俺は澪理にウソの飲み会をでっち上げ、時間休暇を2時間取って夕方に佳代に会うことにした。

26年ぶりに会った52歳の佳代は、綺麗に年を重ねていた。
「お前、まだこの街にいたのか?」
「いいえ、ずっと東京にいたの。今日は、手続きに戻ってきたの。」
「手続き?」
「ええ、実家の土地の持ち分、弟に全部移転するの。私、タイに移住するから・・・」
「タイ?」
「ええ。私、再婚してSMセックスしてて、結局子供を作らなかったの。うちの人、昨年定年して、余生はタイで過ごしたいっていうから。もう、会えなくなる人に会っておこうと思って。」
「だからって、今更元の夫に会ってどうするんだ?」
「出来れば・・・本当にできればでいいんだけど、最後に、今生の別れに抱いてもらえたらなって思って・・・」
佳代の憂いに満ちた横顔がとても綺麗で、断れなかった。

まだ5時過ぎで明るいので、人目を忍んでラブホへ入った。
「驚かないでね。」
と言って見せた佳代の裸身は、相変わらずの痩身だったが、乳首とクリに銀色の輪がぶら下がっていた。
「佳代、お前・・・」
「マゾ奴隷の証し・・・身も心もあの人に捧げたの。」
佳代の恥裂からは真っ黒にめくれ上がった恥唇と1㎝以上巨大化したクリが飛び出し、そこに銀色の金属の輪が刺さってブラブラしていた。
俺も澪理を飽きもせずかなり抱いてきたが、澪理の恥唇、クリとはあまりにも違っていて、どんなプレイをしたらそうなるのか気になった。
「あなた・・・私もう閉経したから、中に欲しい・・・夫婦でいた時だって、一度も中に貰ってなかったから・・・」
26年ぶりの佳代とのセックスは、尋常じゃない量の愛液を溢れさせ、
「ヒィ~~~ヒィ~~~イクイクイクイクーーーッ・・・アウウゥゥゥ~~~・・・」
ドクッ・・・ドクドクドクゥ~~~・・・・
26年前に別れた元妻に搾り取られるように、佳代の子宮に射精した。
真っ黒に拉げた恥穴から、トロトロと元夫の精液が流れ出た。
「あなた・・・ありがとう・・・いい思い出になったわ・・・」
佳代は何か晴れ晴れとした表情で目を潤ませていた。

夜8時過ぎ、身支度を整えてラブホを後にした。
「今度は本当にお別れなんだな。異国の地で、体、気負付けろよ。」
「ええ、あなたも、もう若くないんだから。」
「佳代、今生の別れだが、お前のことは忘れないよ。」
「私も、あなたに愛されたことは忘れない・・・さようなら・・・」
「ああ、さようなら・・・」
佳代は、どこかに宿を取っているらしく、軽装のまま人並みに消えた。
何だか、佳代に本当のさようならが言えたような清々しさがあった。
佳代のあの晴れ晴れとした表情は、今の俺と同じだったのかと思った。

帰り際に缶チューハイを呑んで酒臭さを演出して家に帰ったら、妻の澪理が、
「あら、早かったのね。てっきり二次会でベロベロで帰ってくると思ったのに。」
と言いつつ、嬉しそうな顔をした。
元妻と不倫なんて知れたら、大変だと、俺は酔ったふりをしていたが、澪理に対する愛と佳代に対する愛の違いを噛みしめていた。
澪理には家族愛と夫婦愛、そして佳代には純粋に男女の愛が残っていたことを26年ぶりに気付かされ、26年前に流した涙の謎が解けた。
そして、元妻佳代の幸せを心から願った。
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                投稿パラダイス掲示板

↑ ページ最上部に移動する ↑