お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                      投稿パラダイス掲示板

自慢の妻を雑誌モデルに 2

カテゴリ: 寝取られ&寝取らせ
ビデオは、妻の白い前歯を男優の舌が舐め廻っているのをアップで撮影しています。
3分程続いた後、やがて、男優が布団の上に仁王立ちしているシーンに変わっていました。
モザイク越しに、男優の股間から生えている棒状の物を掴む妻
そして、それをおもむろに頬張る妻の姿でした。
妻の頬がすぼんだり膨らんだりして、妻の口内を男優の物が行き来している様子を写していました。
写真集は、妻の口がモザイク越しの棒を含もうとしているシーンでしたので、実際の動きを見ると、それ以上の衝撃が走りました。
このフェラチオシーンはビデオだけで、男優のそれから離した妻の唇に数本の縮れた毛が付着している様子を写していたのです。
そして、男優へのご奉仕が終わった妻には、今度は自分にご褒美が与えられる番でした。
シーンが変わって、布団の上に横たえられた妻の乳房の上に男優の顔がありました。
まるで赤ちゃんの様に音を立てながら、妻のおっぱいを吸う男優余っているもう一つの乳房を毛むくじゃらの男優の手で揉みしだかれ続け、その先の乳首がピンと立っていました。

わざと音を立てているのか、それともマイクが拾っているのか、しつこい程のおしゃぶりする音がスピーカから聞こえていました。
そして、そのスピーカから、男優のオシャブリ音以外の音声が聞こえ始めました。
ようやく高まったのか、この頃から妻は、歓喜の声を上げ始めていたんです。
やはり、緊張していたのか、最初はまな板の鯉の様にピクリともしなかった妻が、快感を表す様になっていたのです。
そうは言っても、安物のAVみたいな大きな歓喜の声ではなく、どうにか絞り出しているような、細い声で「あっ・あっ・」と言い続けていました。
目を瞑り、先程しつこいくらいにキスの嵐を浴びせられていた口から、そんな声が出ているのです。
頃合いだと思ったのでしょう、両方の乳房を均等に愛撫した男優は、やがてそのターゲットを下の方に移していきました。

画面変わり、絡んでいる二人を上から見た俯瞰図になっていました。
仰向けで、膝立てている妻の股間に男優がしゃぶりつき、そんな二人を足の方向から撮影しているシーンです。
男優の毛むくじゃらの両腕・両手は、妻の太股を広げ、自分がクンニしやすい様な体位を取らせていました。
男優のやや薄くなった後頭部が、何かを捜し当てたかの様にグイグイと上下すると、妻の太股の内側の筋肉がピクピクと痙攣し、控えめだった声が、誰のも聞こえる音量になっていました。
「あっ・いや・・そこ・・あっ・・」と今までAVなどで聞いたセリフが、現実の妻の口から発せられているんです。
その声はまさしく、妻の声、シーンは、快感に耐えている妻の顔をアップと、その妻の太股の中心部にしゃぶり付いて奉仕している男優の様子を交互に写していました。

妻の喘ぎ声以外は、妻の股間を舐めている男優から発せられる、水をすする様な湿った音でした。
このまま続くと思いきや、突然シーンが変わり、妻から離れて起き上がり、膝立ちをしている男優から始まりました。
この間に写真集のスチール写真を撮影していた様です。
このビデオは、この様にシーンが時々飛んでいて、後が気がついたのは、その間に写真撮影をしているんですね。
そして次は、いよいよ挿入シーンとなっていくんです。
男優は、仰向けで大の字になっている妻の足首を取り、上に持ち上げ、にじり寄っていました。
男優が膝を折って屈み、自分の太股の上に妻の太股を乗せ、妻の腰に手を廻して、自分のを掴んで、お互いの生殖器の位置合わせていました。

ぐっと男優が腰を進め、お互いの股間がくっついたと思われた時、シーンは苦痛に歪む様な妻の顔を捉えていました。
苦痛に歪む表情の様に見えたのは、いつもの夫婦間のセックスで見せる妻の表情と違ったからです。
顔をしかめる様な、それでいて無事収まって、安心した様な妻の表情でした。
いったん、妻の膣に夫以外の男性器が入った瞬間でした。
膣内に自分の生殖器を納めた男優は、暫くそのままのポーズを取り続け、その間にフラッシュとシャッター音がしていました。
シャッター音が止むと、男優は次の作業として膣内の生殖器の出し入れを始めたんです。
カメラは、そんな男女交迎を妻中心に捉えていました。
モザイクの横から、妻の陰毛の一部が見え、男優の棒状の陰を写していました。
AVとしての映像だったら、駄作になるかも知れない、何のひねりも無い正常位オンリーの様子をカメラは捉えています。
私の勝手な想像では、監督は、初出演の妻の事を考えて、過剰な演出を抑えてくれていたのに違いないと思いました。
しかし、今それを演じている妻は、今日会ったばかりの中年過ぎのおじさんとの生殖行為を撮影させているんです。

そしておじさん男優も初出演の妻の心情を考えたのか、妻の大きく広げた太股に入って以来、腕立て伏せの様にしながら下半身を中心に動かすだけの行為に終始していました。
男優の背中に汗が出てきて、撮影ライトにその雫が光り出すと、妻の上にのしかかり、二人は、一体になり、キスをせがんでいる男優の首に手を回して、妻も男優の首に手を回し、その欲求に応えようとし、激しく唇を吸っていました。
妻は太股で激しく動く男優の腰をがっしりと挟み、その長い脚は、これ以上自分から離れない様に絡めていました。
妻と男優のセックスは、単なる生殖のための行為から、お互いに愛情を感じる物に変化している様に見えていました。
じゅっじゅっと言う、濡れたスポンジの絞る?様な音と、妻の大人しめの喘ぎ声の中、「Y子さん・・逝くよ・・うっぅっ」と言う初めて男優から発せられた歓喜の声がしたんです。

男優は、がっしりと挟んでいた妻の脚を無理やり振りほどき、がばっと男優が起き上がると妻の股間のモザイク部分に棒状の影が出現しました。
とたんに男優の腰がプルプルと震えていたんです。
カメラは、薄めの妻の黒い陰毛の上にヤマト糊の様な白い液体が降り注がれる様子を捉えていました。
男優が自分の物を持って、最後まで絞り出している様子と、妻が男優の汗で濡れた乳房を大きく上下させ、息を切らせているシーンでビデオは終わっていました。
単なる中年男と人妻の生殖行為と言えばそうなってしまいますが、自分には充分興奮させるビデオでした。
さて、本変はそれで終わりなんですが、メイキング編で、そのセックス後の妻の様子が写っていました。
布団の上で仰向けに大股開きになって動けずにいる妻を、男優やスタッフが、股間の精液や汗をティッシュで拭き取ってくれていました。

監督?か誰かが、妻を「Y子さん!」呼びかけ、妻も「ふぁ~~いぃ~」(本当にそう聞こえたんです)と返事していたのですが、なかなか立とうとしませんでした。
そしてさっきの男優が、妻をお姫様抱っこで抱え上げ、そのまま別室のバスルームに入って行く様子のシーンで終わっていました。
ビデオを見終わって、妻に聞いたんです。
「この後はどうしたのか」って
妻は、暫く沈黙の後、やがて、もう一回したと言ってくれました。
バスルームに消えた二人は、妻が精液の付いた体を洗っていると、男優は同時に妻の体を洗ってくれていました。
自分の背中を洗ってくれている男優に申し訳なくて、振り返ると、先程、自分の中に入っていた生殖器がだらんと垂れ下がっていました。

自分の膣内の粘液をまぶされてヌルヌルしていたので、ボディーソープ付けて洗って上げていると、さっき射精したのにも関わらず堅くなってきて持ち上がってきたんです。
それでも続けていると、元の固さに戻ってしまったそうでした。
困った様な男優の顔を見て、「まだできるんですか?」と妻か何気なく言った言葉を男優はもう一回する?と勘違いして聞いてしまったんです。
「Y子さんが魅力的だから、まだやりたいんだけど、いいかな?」と言う男優にすでに乳房を揉まれていた妻は断れませんでした。
バスルームの壁に手をつかされ、最初はバック、そして、浴槽の縁に腰掛ける男優の上に跨がり、体面騎乗位の体位を取らされ、最後は中に射精されてしまったのです。
出された瞬間、妊娠の文字が頭をよぎった妻でしたが、そんな妻の心配をお構い無しに妻の膣内に精液を放出し続ける男優を拒めなかったそうです。

放精が終わった男優は、「前に病院で調べてもらったら、僕のは薄いって言われてね、妊娠の心配がないそうだよ」と言ったそうです。
「じゃーなぜ、さっきは中で出さなかったの?」と逆に聞いたところ
一応台本どおりやらないといけないんだそうで、中に出しても射精したのが見ている人に伝わらないから、辛いけどぎりぎりで膣外射精ばかりだそうです。
しかし、薄いと言っても妊娠の可能性はゼロでは無いわけで、後から事後避妊薬をもらって膣内に入れたそうです。
男優は自分が洗い終わると先に出てしまい、後から出た妻は、中で何をしていたのか既に知っているスタッフ達の視線が気になっていました。
しかし、この男優はこんな事を時々しているらしく、スタッフは「あぁ~またか」と言う感じだったそうですが、妻の名誉の為に言うと、男優がそう言う事をするのは気に入った相手だけだそうですので、妻は気に入られたと言う事になるんでしょうね。

その日の妻は、さすがに今までに無い経験をして、前戯も含めたセックスを合計6時間以上もしていたため、疲れ切ってしまい、帰ってきて食事も摂らずにすぐに寝てしまいました。
自分が原因で、愛する妻が、そして自分専用の膣が、中年男の性器によって蹂躙されてしまったのに、なぜか興奮している私がいたんです。
他人の精液まで受け入れていたのにです。
でも、生殖行為中の妻が今まで以上に綺麗で、可愛くてしょうがないんです。
子供を作ろうと思うまでの間、妻の一番綺麗な時期をこうして残しておこうと思った瞬間でした。

なんか間隔が空いてしまって、また投稿させてください。
その前に、妻の独身の男性経験についてですが、何人かと言うのは今でも知りません。
唯一、私が妻から聞いたのが、以前、学生の時テニスをやっていたと書きましたが、恋人が同じクラブの男子でした。
若い男子は、その旺盛な性欲を妻に発散していた様です。
こんな事を書くとなんですが、私も社内テニス同好会で妻と知り合い、妻のテニスルックとその肢体に欲情していました。
そんな妻と体の関係になるのに時間が掛かりませんでした。
結婚後、妻とは何度かテニスをしていますが、テニス後、着替えずにそのままホテルに直行、お互いテニスウェアのままセックスをすることがよくありました。
そんなセックス中に某彼氏と同じ事をしていたと白状したんです。

処女ではなく男性経験済なのは、頭では理解していましたが、学生の妻をもてあそんだ男がいたと思うと、凄いジェラシーを感じざるをえませんでした。
そんな私のトラウマ(って呼んでいいのか判りませんが)が、妻をエロモデルにさせたと思っています。
雑誌モデル初体験から、すぐに姉妹誌に出演した様に思われたかも知れませんが、本当は2年ぐらい間が開いています。
出演後3カ月程して、また撮影モデルをお願いしたいという話があったのは本当ですが、お世辞だと思っていました。
今までは普通の主婦だった妻は、ヌードモデルを経験したことで、性に積極的になって行ったんです。
しかし、そんな妻の変化に気がついていなかったんです。
唯一、鈍い私が妻の変化に気がついたのが、化粧の仕方が変わった事でした。

朝、勤めに出かける妻が化粧しているのを見て、前はしていなかったアイシャドーやリップもいつものより濃いめだったりと、その変化の兆しがあったのですが、見過ごしてしまっていました。
さて、お世辞だと思っていた私に美人妻シリーズと銘打っている写真集の出演交渉がきて、満更でも無い気持ちになり、本当に美人妻なんだろうなと思ったんですよ。
ちょっとエッチなシーンもあるかも言う話に、どうやって妻をエッチ方向に向けようかと思っていたのですが、そんな事をしなくても既に目覚めていたんですよね。
第二弾の写真集撮影後、絡みのシーンもあったと言う妻の言葉を聞いて、まさか本当にしてくるとは思わず、嬉しいさの反面悔しさ?・・なんか複雑な気持ちだったのが本音です。

別企画の打ち上げの夜、妻のアバンチュールも、数年経って告白と言うか妻が口を滑らせたので知った訳です。
20代と言っても、四捨五入すると三十路になる年齢でぎりぎり若妻と言う部類でしたが、第二弾写真集以降、雑誌社が専属モデルの様な扱いをしてくれていました。
当時、妻はアルバイト、パートをしていたぐらいで、割と時間には余裕がありました。
しかしプロデビューにはいたらず、ちょい役や単体モデルをしていました。
さて、肝心のその後ですが、写真集の撮影で男優とセックスをした事で、私のタガが外れてしまいました。
特に写真集の妻のテーマが元恋人との再開でしたから、元彼氏の話を知っている私には、余計そんな気持ちを抱かせるんです。
化粧が変わったと先程書きましたが、妻は独身の頃の様にイキイキとしているんです。

見られて綺麗になるって言うんでしょうね
妻は別人の様に思えて、夫婦の愛を確かめ会う時、妻とは違う女を犯している気分となり、写真集と同じ様な事を要求したり、されたりと楽しんでいました。
長々とすいません、さて、本題に入らせてもらいます。
写真集と同じ会社で出版している月刊の写真投稿誌があり、その単体企画に出た時の事です。
今回の妻は、和服姿を披露する事になっていました。
もっとも和服と言っても喪服なんですよね。
未亡人の役柄で、元恋人がいて、結婚生活でセックスの良さに目覚め始めた若妻が体を持て余し、元恋人のお蔭で性に開花していくストーリーでした。
奇しくも今回も元恋人との愛欲の物語ですが、余談ですが、妻を気に入ってくれた編集者がいて、こう言った企画には妻に声が掛かったんです。

さて、今回の妻は、黒の和装喪服を着て、長かった髪は後ろで団子状に丸められ、キュッとなっていたため、黒髪の生え際と黒い喪服の襟の間に白いうなじが覗いていました。
結婚式以外に妻の和服姿(もちろん喪服も)を見るのは初めてでした。
日本庭園みたいな屋外に和服の喪服姿の妻と、元恋人役の男優が並んで歩いているシーンから始まっていました。
男優は私より年上のやせ型に見える男でした。
庭園内で、元恋人役の男優が妻を抱きしめ、キスをしていました。
もっとも妻も女性にしては、背が高い方なので、抱きしめると言うより、妻が膝を折ってしゃがみこんだ所を覆いかぶさる様な形でした。
厚い抱擁と、接吻を繰り返し、妻の口には、男優の舌がしきりに出入りを繰り返していました。
二人が唇同士を合わせている時、妻の喉がコクンコクンとなっている様子に男優の唾液を飲み込んでいる様子でした。
写真集の時にもこう言ったシーンを見ましたが、既にここで私は興奮を隠せませんでした。
そんな数カットの後、ベッドがある洋室の部屋にシーンが移っていました。
いきなりベッドサイドに座った妻とそのの背後に男優がいました。

妻の後ろから腕を廻し、黒の喪服の裾を割られると、そこには妻の白いふくらはぎが剥き出しになっていました。
やがて、その裾を大きく捲くり上げられると、程よい筋肉の付いた妻の白い太股があらわれ、太股の内側の膨らみと外側の筋肉の筋がイヤラシイ陰影を出しているんです。
和服の裾の裾が割られて、ひろげられた白い太股の中心には、喪服の黒と明らかに違う淡い陰影が映し出されていたんです。
妻の和装姿は、下着を着けない、ノーパンと言う本来の和装の設定だったんです。
もちろん下着として長襦袢を着ていましたが、パンティーの代わりになるわけでもなく、股間は直接外気に晒され、その中心に恋人役の男優の手が入り易くなっていました。
男優の大きな手で股間が覆われて、妻の淡い陰毛が見えなくなると、妻の表情には眉間に皺を寄せた様子をアップで捉えていました。
明らかに5本有るはずの男優の指が4本しか見えていません。
男優の掌や指の間から妻の陰毛がはみ出し、中指が妻の膣内に侵入し、かき回している様子でした。
やがて妻の後ろにいた男優が妻の前に移り、割られた喪服の裾を更に広げて、男優は妻の足元にひざまずきました。
男優は妻の足袋を脱がし、その白い足首を持ち上げると、ふくらはぎを舐め始めました。

やがて、男優は喪服の裾を捲くり上げながら、その舌先を妻のひざ裏、そして太股へと行くシーンが続き、妻の白くてツルツルのふくらはぎや太股が男優の唾液でぬらぬらと光っていました。
そして舌先が太股の内側に達した時、窮屈そうな体制で、喪服を広げ、男優の頭が妻の股間に吸いついていったんです。
まるで、妻の股間の咲く花の蜜を吸おうとする寄生虫の様でした。
妻は後ろ手に腕を突っ張って体を支えていましたが、男優の性技に耐えられなくなったのか、仰向けにベッド寝てしまっていて、唇を噛みしめていたんです。
ジュルジュルと妻の出す花の蜜をすする男優の音がして、妻からかすかな喘ぎ声を聞こえていました。海外物に有る様な凄い声を上げているものより、こうした感じ方の表現も良い物だと思ったのですが、時代は感じる表現が大げさな方が多い様です。
画面が変わり、今度は妻が立たされて、帯が解かれているシーンです。

シュルシュルと時代劇が有りそうな物を想像しますが、実際は固くとじられている帯に苦労しながらで、その帯が解かれると黒い喪服から白い長襦袢姿になりました。
私自身、和装には詳しくなく、長襦袢と言うのが正しいか判りませんが、その生地が薄く、乳房が当たっている部分は、乳首の形がぷっくり浮き上がり乳輪の色が透き通って見えました。
長襦袢を脱がせるシーンには時間をかけ、妻の後ろから撮っている形となり、脱がされる時、妻のほっそりした肩口から裸の背中が見え始め、ウェストのクビレ、そして豊満なヒップが現れました。
ぱさっと音を立てて、最後の衣類が下に落とされ、妻は身につけている物が無くなりました。
いや、正確に言うと、左薬指には結婚指輪が光っています。
実はこの指輪は、撮影用の小物ではなく、本当の私達の結婚指輪なんです。
写真集の時も結婚指輪は外さず、撮影に臨んだのです。
クルッと反転し、前向きになった妻は、決して巨乳では有りませんが(でも、三角ビキニ水着を着ると、一応横乳がはみ出るんですよ)

男を誘う乳房と、既に固く立っている乳首、薄手の淡い陰毛という花を添えた形で全裸の妻がいました。
軽く足を曲げ、濃くない陰毛を隠す様に手で覆っていましたが、隠しきれない性器の一部がみえていました。
一通り裸を披露した後、妻が座っている男優に近寄り、両足を広げて前に立ったんです。
その時、カメラは妻の後ろ姿を撮る様なポジションで撮影していました。
カメラは妻の裸の背中から、ひざ裏にかけて捉えていて、中心には妻のヒップがあり、お尻の割れ目に続いて、その下には少しモザイクがかかり、恐らく性器の一部が見えてしまっていたんですね。
そのモザイクの影から、妻の陰毛の一部がはみ出ていました。

男優がおもむろに中指を立て、その指と手がモザイクの中に消えていきました。
ファックユーの手の形って言うんでしょうか、そんな男優の手がモザイクの中から出入りを繰り返すと、クチュクチュと言う水分を含んだ音が響きわたります。
やがて、中指に加えて人指し指も仲間入りし、膣内に2本の指を入れたまま、中をかき回しているんです。
ヒクついている妻の太股越しに、嬉々として行為に耽っている男優の顔があり、妻の顔の表情を知る事ができません。
しかし、男優のスケベな表情から、妻がどういう状態にあるか想像できました。
太股の内股には、妻の花の汁が垂れて濡れ始め、飛沫は膝まで飛び散る様になっていました。
そんなに感じているのですが、妻の声は相変わらず、くぐもった抑えめな喘ぎ声でした。
実は今回、おしとやかな日本女性の生殖行為を表現したくて、監督から、あえて喘ぎ声は抑えて欲しいと言う演技指導があったんです。

見ている人には物足りないかも知れませんが、実際、こんな感じが多いのでは無いのでしょうか
「ぁ・ぅっ・・」と言う中に時々「あぁ~~」Ⅰオクターブ高い声で我慢ができなくて出てしまった喘ぎ声が混ざり、性に目覚め始めた若妻の性の様子を狙った演出でした。
妻の膝が何回か、がくっ折れて倒れ込んでしまうと、妻が限界に達した様子でした。
男優は満足げに倒れ込んだ妻を見下ろし、さっきまで膣内にあった2本の指を広げて見せました。
白く泡立ち、糸を引く様な粘液がたっぷりと付いていました。
シーンが移り、今度は妻が奉仕をする番となり、ベッドに仰向けになった男優のズボンのジッパーを下ろし、トランクスを下げると、黒い物がぴょこんと飛び出しました。
モザイクがかかって、そのものは見えませんが、色と形、大きさは想像できました。
妻がベッドに上がり、男優の足の間に入る形でひざまずき、モザイクの中身に口を当てて、頬張って行く姿がそこにありました。

ジュポジュポと言う唾液の混ざる音とともに妻の頬が膨らんだり引っ込んだりして、私と練習したフェラチオの成果を披露しているんです。
今まで幼稚だった妻のフェラチオでしたが、私と練習で男の生殖器の構造や、その気持ちいい所を教え、最近では、口だけで私を逝かせる事が可能となっていました。
モザイク越しながら、妻の右手が男優の性器を握り、舌先を使って奉仕している様子でした。
これもこの前、男性器の攻略ボイントを学習した事を試しているんだなと思いました。
妻にフェラチオをしてもらっている時、ちょっとしたタイミングで尿道に舌が入ってしまった事があったんです。
思わず、おしっこが出そうな様な感覚と、それ以上の快感に身をよじってしまい、それ以来、妻は私のそこを攻める様になっていました。

映像には、妻が口をとんがらせ、舌を差し出し、モザイクに隠れた男優の男性器のサキッポにその攻撃を加えている様子が映っていました。
ついさっきまでお互いに何も知らない男性の性器、それもおしっこの出口の穴に妻は舌を突っ込んで舐め取っているんです。
予想外の妻の行為に、男優も私と同じ様な反応を示し、身をよじって耐えている様子でしたが、さすがにプロと言うか、腰だけはそのまま動かさずに妻のなすがままにされていました。
このシーンはすぐに替わり、そこには、寝そべったままの全裸の男優の上に跨がった妻がいました。
実はこの時、妻のフェラチオに堪えきれずに男優がギブアップしたと言う事でした。
思わず発射しそうになり、69も撮る予定が飛んで、男女の交わりからの撮影となったんです。
この騎乗位のシーンは、事前に妻から慣れていない体位があると聞いた監督が、急遽差し込んだシーンなんです。
夫婦間のセックスでも何回かは騎乗位に挑戦しましたが、私が下手なんでしょうね、暫くしてやらなくなった経緯があるんです。

妻に跨がられている男優ですが、着痩せするんでしょうね、裸になると、結構太っているのを発見したんです。
しかも、体毛が少なく足もすね毛がなく、でっぷりした感じの男優のお腹に妻が手を付いて腰を振っていました。
妻の白い太股が男優のお腹を挟み込む様に跨がり、結合部を中心に妻が動いているんです。
妻自身も陰毛が薄いので、男優とそれに跨がった妻とはたった一箇所で固く結ばれている様子がモザイク越しに見えてとてもイヤラシイシーンでした。
男優の陰毛には妻が出した花の蜜が白く泡立って絡みついているんです。
お互い陰毛が濃くないので、妻が腰を上げる時に男性器が妻の中に入っているのがよく見えました。ややもすると結合部が丸見えになるのか、ぎりぎりモザイクを入れてカバーしていましたが、それでもその影が妻の膣に収まる様子が判りました。

男優のでっぷりした腹のお蔭で、妻はそこに手を付いて腰を楽に上下できる様なんです。
男優はと言うと、空いた両手を妻の腰に手をあてがってその動きを助けたり、揺れる乳房を下から揉んでいました。
すると妻自身の興奮が高まってきたんでしょうね、自分の乳房を揉んでいる男優の手を掴み、そして手を固く握り合っていったんです。
男優のごつい男の指と妻の華奢な指同士が絡み合って、これこそ手と手を結ぶって言う表現が当てはまるシーンです。その動きが激しくなったと思った時、妻がばったりと男優の胸に倒れ込んでいきました。
妻は、男優の頭に腕を廻し、むさぼる様にその唇をしゃぶり尽くしているんです。
そんな妻の裸の背中には、照明の光が反射してキラキラして汗が大量に出ているのを表しています。
一時も口を離すのが惜しいかの様に男優と妻は唇が離れず、頬が動く様子に舌を交換し合っている様子でした。
そんなシーンがフェードアウトすると、今度はベッドの上で妻がバックスタイルで突かれているシーンになっていました。
妻の喘いでいる顔がアップとなり、その後ろには妻の豊満なヒップと男優の腹が写っていて、男優が妻を突くたびに垂れ下がった乳房がタプタプと揺れています。

パチンパチンと妻のヒップを叩きつける音がして、その度に下を向いた妻が顔を上げて何かを訴える仕草をしていました。
何回も後ろから突かれ続け、男優が妻から離れると、よつんばいの妻の腰に手を廻し、仰向けにさせたんです。
妻自身が一番安心て、そして好きな正常位に移っていくんです。
男優が妻の長い足を持て余すかの様な感じで、その足首を持って高く掲げ、海老の様に体を折り曲げて、V字開脚の様にさせられた妻に男優の腰があてがわれると、黒い物が、その中に入っていく様子を映していました。
暫く、妻が海老の様に屈曲のスタイルで男優の抽送が繰り返され、クチャクチャという音と妻の喘ぎ声が響いていました。
やがて、男優はキツイ海老状の体位から妻を解放した後、妻の太股を男優の太股に重ね、妻の体に覆い被さっていました。
妻は既に意識が飛んだかの様に目と口が半開きになり、自分の上の雄の動きに合わせて声を上げていたんです。
男優の背中にはびっしょりと汗が、そして妻にも乳房の中心のくぼみに汗が溜まり、本気のセックスを表現していました。
妻の唇を求める男優に応えて妻も舌と唇を差し出し、お互いに唾液を啜り合い、その下では、妻の乳房は、男優の厚い胸板に押しつぶされ、妻と男優の乳首同士が子擦り合わされていました。
そして、シーンは唐突に終わりを告げました。

二人の性交を後ろから撮ったアングルに変わり、男優の腰の動きが一段と激しくなっていました。
妻の太股に挟まれた腰の動きが一瞬鈍った時でした。
男優の腰が一段と妻の奥に突き進んだ状態のまま固まっていました。
たった今、男優がその精を妻の中に吐き出した瞬間でした。
時々男優が身震いをしていて、まだ射精が続いている様なんです。
カメラは、妻が大きく足を広げて男優を迎え入れている二人の様子を捉え、次に妻と男優の顔がアップになったんです。
男優と言うかここでは元恋人と言う設定ですので、その恋人の遺伝子が自分の膣内に放出された喜び、そして妻と恋人役の男優が息を切らせてひと仕事終わったけだるい余韻を表現していました。
こうして、見事な妻の演技にエロビデオと言えども、普通のエッチだけでは無い物を感じざるを得ない仕上がりとなっていました。

さて余談ですが、当時、男優はコンドームを装着しているのが多いのですが、妻の場合、最初の撮影から無しで臨んでいて、今回もそうでした。
もちろんこの時もコンドーム無しでしたが、妻は初の中だしをさせたんです。
演技に集中しすぎた妻は、妻の脳裏にあった元彼(大学時代の彼氏?・・それとも私が知らない誰か?)との行為と混同し、結局は中だしをさせてしまいました。
モザイクの中、妻のピンク色だった生殖器が男優との摩擦で赤く充血し、その奥から大量の精子が溢れ流れ落ち、ベッドのシーツにだらだらと流れ落ちる様を映していたからなんです。
この後、何回か中だし撮影もありましたが、初物と言う意味で、私にとって・・いや妻にとって記憶に残る撮影でした。
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                投稿パラダイス掲示板

↑ ページ最上部に移動する ↑
PR(新着)
貸し出し妻、満里奈の’ネトラセ’報告 敏感妻と絶倫大学生 -妻side-


ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?

あなたの妻になる前に

巨乳人妻 望月楓の不埒。 再就職した人妻に、僕がしたこと、私がされたこと

コワレ妻-あなたを好きになったり絶対しません

弱みを握って調教NTR 言葉たくみに!堕とされ彼氏をすてる

寝取り復讐~親友の彼女を目の前で寝取るまで

様々な年齢の淫乱女を肉便器にして犯しまくった話♪

ヒロインランナー ~男性フェロモンに堕とされた淫乱人妻ランナー~

寝取られ妻の凌辱報告 -夫に強いる破滅の追体験-

タカシくんのママとかくれんぼえっち?

飼育されている妻

償い母 野萩洋子

清楚な団地妻が巨根大家の肉便器になるまで

償い妻3

若妻なるみの寝取らせ複数プレイ

彼女の犯したアヤマチ -続-

息子の同級生に枕営業物語2

たわわで明るい野球部マネージャーが陰湿な教師のワナに…

僕の彼女は憧れの先輩だった。。。 後編

義父漬け【人妻NTR】

犯されたバレッタ

貸し出し妻、満里奈の’ネトラセ’報告 敏感妻と絶倫大学生