お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                    萌えた体験談データベース

最近の妻は益々女に磨きがかかり・・・

カテゴリ: 寝取られ&寝取らせ
結婚生活20年になる夫婦です
妻とセックスレスになって6-7年にはなると思います
私の前では下着姿も見せない妻に、たまには「頼むよ」と頼んでみるももの一切拒否されてきました、そのころから身に着ける服や下着は派手になったのも間違い有りませんでした 当然妻に男が出来た事は紛れも無い事でした
でも私からそれを問い詰める事はできませんでした それというのも結婚して数年普通にセックスはできるのですが 自分の肉棒で妻を満足させたことが一度もありません

そんな時私が知人にお願いをして 妻を満足させてほしいと頼みました知人はあっさりと引き受けてくれ自称「俺は絶倫だから奥さんがあとあと使い物にならなくなってしまうぞ」と半立ちになった肉棒を見せ付けられました

その大きさにはぐっと息を呑むほどで私の倍近くはありました 

週末に自宅で妻に知人を紹介しながら酒を入れて雰囲気を和らげて知人に後を任せ私はたばこを買ってくるといって家を出ました 0時ごろそっと家に戻り雰囲気を確認しましたが静かで居間には誰も居ませんでした 

ただ2階の寝室できしむ音がする様でそっと近ずいて聞き耳を立ていると妻の喘ぎ声がしてきました 私の胸は張り裂けそうなくらい興奮をおぼえしばらくして居間に戻り悶々として終わるのを待ちましたが 二人が降りてきたのは朝方4時過ぎでしたそれまで延々としていたのです 

私には想像のつかない時間でした その時の妻は知人の腕につかまり寄り添うように居間に現れガウンを羽織っただけで満足げにもたれかかって入ってきました 

3人でコーヒーを飲んでいるときに妻から「はじめて女になったような気がする 忘れられなくなってしまったわ」と 続けて知人が「旦那さんさえよければ又来ます」と 私は興奮のあまり「妻を満足させてやってください」とついお願いをしてしまいました 

そうして二人は私の目の前で抱き合い長・・・・いディープキスをしながら知人は妻の胸を揉み解し 妻はトランクスの上から肉棒をなぞって別れを惜しむかのように抱き合っていました

知人はそれから月に2-3度来るようになり 朝まで続きます途中にビールの差し入れをした時妻のフェラしているところを初めて見ましたが心臓が張り裂けそうでした妻の恍惚の顔を見たのもはじめてでした 

知人は「しばらく見ていったら奥さんいい顔して喘ぐよ」って言ってましたが自分のが爆発しそうで居られませんでした

そんなのが何ヶ月も続きそのうち外でデートするようになり服も派手になり一見お水風で下着はこれでも下着かただの紐だけというくらいの変わったものばかりを着けるようになりました

それから二年ほどした頃でしょうか 夕食をしながら妻が「私 あの人とするようになってあの人にいろいろ教え込まれ 今は誰とでも寝る淫乱な女にされちゃったからね 

文句言わないでよ元々は貴方のセイなんだから 最近なんかあの人の友達がいつも二人来て三人がかりで責められちゃってるのよ」とぽつりと言いました

普段は普通の夫婦なんですがセックスだけがすこし変かなと思うぐらいでした

最近の妻は益々女に磨きがかかり私から見ても色気のあるいい女になったと思いますが 私とはまったくセックスする気が無いようです相変わらず派手なのがエスカレートして超ミニにブラ丸見えのブラウス網網ストッキングと男好きする格好で週末になると電話で呼び出されて嬉しそうに出かけていきます

つい半年ほど前に私が電話に出た時の事ですが若そうな声でした「貴方の奥さんは今私の所有物ですから勝手に触らないでください今奥さんはボディーピアス凝っておられるので楽しみにしていてください 奥さんと代わって」といきなりでした 

妻にかわると妻は「・・・・はい 分かりましたすぐに行きす・・・・・・・・・・はい どうぞ思う存分に可愛がって下さい・・・・はい分かりました」と電話をきり何も言わずに二階で身支度をして降りてきました

「遅くなるから」と一言いって出て行きました 帰ったのは翌日の夜でした 

その時ですがたぶん男に言われたのでしょう神妙な顔で私の前に立ち着ていった短めのコートを脱いで体を見せてくれました 久しぶりの妻の体にすごく興奮をしたのでがもっと興奮をしたのは鈴のついたピアスが4個ぶら下がっていた事です 

乳首2個、股下に2個それには唖然としましたが心臓が爆発しそうでした

「す 凄い女になったな」とつい口にしていたのです 妻は「これが今の私 嫌い」「ううん 益々お前の事が好きに成ったよ 自由に遊んでいいからいつも帰ってきてくれれば」と その夜その姿をネタにして久しぶりに自分で抜きました
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                萌えた体験談データベース

↑ ページ最上部に移動する ↑