お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                    萌えた体験談データベース

私は人妻でありながら、主人以外の男性2人と・・・

カテゴリ: 寝取り&上淫
私は近畿地方の小さな町に暮らす

30代の専業主婦、あや(仮名)です。

主人は37歳、よしき(仮名)、

会社が社宅として借り上げてくれている

マンションで暮らしています。
主人と私はもともと会社の先輩と後輩でしたが、

私が入社したときに指導に当たってくれたのが主人でした。

でも、私は最初、同期入社の男の子、

「しげき」(仮名)と付き合っていました。

二人の仲を取り持ってくれたのも主人でした。

しげきはとても紳士で、

私の事をいつも第一に考えてくれて、

仕事も出来るので、きっとこのまま結婚するんだろうな・・・

と思っていました。

しげきは私を抱く時も、いつも自分の事よりも

私優先で抱いてくれました。

舌先でのクンニや、指でGスポットを

刺激されるのが気持ちよくて、

「もっとして・・・」とお願いすると

1時間以上も続けてくれました。

私はいつも、いわゆるマグロ状態で、

してもらうばっかり。

お口でのフェラチオもしてあげたことありませんし、

行為が終わった後も、ベチャベチャになった

私の秘部をすべてしげきに拭いてもらい、

その頃は自分で拭いたこともありませんでした。

ところが、付き合い始めて1年半ぐらい経った頃、

しげきが北陸地方に約2週間の出張を命じられました。

しげきが出張に出て、たぶん次の日か、

その次の日ぐらいだったと思います。

私は今の主人に呼び出され、

隣町のファミレスで夕食をご馳走になりました。

その時になぜ呼び出されたのかは、

思い出せません。すみません。

ファミレスに入店したのはたぶん

21時頃だったと思いますが、話が弾み、

あっという間に0時を過ぎてしまいました。

お店を出て、私の車に向かおうとしたのですが、

主人から、「もう少し車の中で話をしない?」

と言われ、わたしもこのまま帰ってしまうのは

少し寂しいと感じていたので、

主人の車の助手席に乗せてもらい、お話をしました。

どれぐらいお話をしたのか、

何のお話だったのかは思い出せませんが、

気が付くと私は主人にもたれて、肩を抱かれていました。

そして、そのまま、本当に自然に

唇を合わせてしまいました。

どれぐらいキスをしていたのか正確には分かりませんが、

とても長い時間キスをしていました。

お互いに舌を絡め合い、

私は主人の唾液もたくさん飲みました。

途中で、私の秘部がひくひくと

勝手に動くような感じがして、流れ出た液体が

お尻にまで伝ってきていました。

いつの間にか主人は私の乳房を揉んでいて、

私は息が苦しくなってきました。

主人は私のタンクトップとブラを荒々しく捲り上げ、

乳首に舌を這わせた後、

歯を立てて甘噛みしてきました。

それが痛いのに気持ちよくて、

しげきに対して罪悪感を感じながら、

やめてほしい気持ちと、ここでやめられたら

どうしようという気持ちが頭の中で入り混じっていました。

主人は私のスカートとパンスト、ショーツを

まとめて足から抜き取ると、私のクリトリスを

舌で刺激してきました。

私は声をこらえていたのですが、もう限界でした。

今から考えると、ファミレスの駐車場ですから

きっと外の人にも聞こえていたでしょう。

主人の、「我慢しないで」と言う言葉に、

何もかも箍が外れてしまった気がします。

主人は舌でクリトリスを刺激しながら、

器用にもヴァギナとアナルにも指を入れてきます。

そしてその速度がだんだん早くなって・・・。

私はあらん限りの声で喘ぎながら、

生まれて初めて潮を吹いてしまいました。

感じすぎておかしくなってしまいそうでした。

それでも主人はやめてくれません。

どのくらいそんな状態が続いたのでしょう。

気が付けばお店は閉店して、

車も私たちの2台だけになっていました。

「はぁはぁ」と肩で息をしている私を抱きよせ、

主人は煙草に火をつけました。

そして、煙草を吸いながら私の上に覆いかぶさり、

両足の膝の裏に腕を回して持ち上げ、

秘部が上に向いた状態で、

真上から太くて硬いものを突き刺してきました。

そして何度も真下に向かって杭を打ち込むように

腰を落としてきます。

私は子宮に直接硬いものが当たるのを感じました。

その後のことは頭が真っ白になってしまい、

ほとんど覚えていません。

気が付けば、私は主人の股間に顔をうずめ、

口にくわえた肉棒から発射された白濁液を

必死に吸い取って飲んでいました。

ただ、一滴も残したくない、

全部吸い取りたいという気持ちでした。

その後は、しげきが出張から帰ってくるまで、

毎晩主人に抱かれました。

夜になるのが待ち遠しくて、

少し離れた場所にある戦国時代の有名な城跡の駐車場や、

大きな湖の湖岸にある駐車場に車を止めて、

毎晩、明るくなるころまで必死に体を求めあいました。

そして私は、しげきが出張から帰ってきてからも、

彼の目を盗んで主人と体の関係を続けました。

しげきは、誰の目から見ても申し分のない彼氏でしたが、

私はもう、主人に抱かれないと

いられない体になってしまっていました。

そんな関係が2年間ぐらい続きましたが、

私はしげきに打ち明けることができませんでした。

それでも、何とかしげきに伝えなければならない・・・

それは分かっていましたが、

しげきの顔を見ると言い出せませんでした。

それで、ある夜、

主人としげきを同時にうちに来てもらい、

主人から私たちの関係を

打ち明けてもらうことにしました。

私の隣に主人が座り、向かいはしげき一人です。

しげきは何の話か、たぶん想像がついていたと思います。

ですが、主人がなかなか切り出してくれません。

しげきはうつむいたままです。

私が主人を見ると、不意に主人が立ち上がり、

ズボンとパンツを下ろしました。

そして、既に硬くなっている肉棒を

私の顔の前に突き出しました。

条件反射のようにお口でくわえてしまう私。

裏筋や、毛のいっぱい生えた袋の裏側まで、

舐めたり吸ったりしました。

しばらくして、

しげきの泣き声が小さく聞こえてくるまで、

しげきのことは頭から飛んでしまっていました。

それでも、スイッチが入ってしまった私は、

もう止まりません。

主人の肉棒をくわえたまま、

激しく頭を振り続けました。

すると途中でしげきは席を立って、

駆け出すようにして部屋を出ていきました。

結局その後、主人に朝まで抱かれてしまいました。

しげきは次の日、欠勤でした。

理由は覚えていません。

数日後、しげきは退職したと

朝礼で上司から報告がありました。

一人の男性の人生を狂わせてしまったと、

私は心から自分を責めました。

それからしばらくして、

私は主人と結婚して寿退社し、

女の子を一人授かりました。

しげきは最後まで紳士で、

主人と私の事は誰にも話しませんでした。

娘は今年5歳になり、近くの保育園に預けて、

私は隣町の設備屋さんで事務のパートをしています。

ここのご主人には、「ふみや」(仮名)

と言う名前の34歳の息子さんがいて、

奥さんと、二人のかわいいお子さんがいます。

ちょっと藤原竜也に似た感じて、

最初から気になっていたのですが、

この出会いが間違いでした。

事務職といっても従業員の数も少ないので、

私も現場作業を手伝うことがよくあります。

昨年の春、新築されるアパートの設備工事で

帰りが遅くなったことがあり、

この日は主人も帰りが遅くなると聞いていたので、

息子さんが私の代わりに娘を保育園に引き取りに行って、

現場まで連れてきてくれました。

私はお礼に晩ご飯をご馳走するから

うちに来てほしいとお願いしました。

彼は奥さんの了解を取った後、うちに来てくれました。

有り合わせの具でオムライスをつくり、

彼と娘、私の3人で晩ご飯を食べました。

彼とは学校は違いますが、

同学年でしたので話もよく合いました。

それからというもの、仕事の合間に

彼と食事に行ったりドライブに行くようになりました。

何回目かのドライブで、ふみやと私は、

ついに男女の関係になってしまいました。

同時にその頃、設備機器の展示会で

久々に出会った学生時代のバイト仲間だった男の子とも、

飲みに行った勢いで関係を持ってしまいました。

私は人妻でありながら、主人以外の男性2人と

交際をしてしまったのです。

それも、それぞれ家庭を持った男性たちです。

だからと言って、主人とレスになったわけではなく、

他の2人にもそれぞれ週に2~3回は抱かれていたので、

時には1日に3人の男性に抱かれることもありました。

元バイト仲間だった男の子は今年になって

新しい彼女ができたようで、

最近私と会う機会が減ってしまいましたが、

私はふみやにどんどんのめり込んでいってしまいました。

それというのも、ふみやは私が知らなかった

新しい行為をたくさん知っていて、

その快感を私の体に刻み付けるのです。

まず最初はアナルの開発からでした。

そして、あるマンションに連れて行かれ、

7人もの男性に次々と乱暴に犯されました。

それも卑猥な言葉を浴びせられながらです。

ヴァギナもアナルもお口も、同時に犯され、

みんなの見ている前でおしっこや

浣腸をさせられてしまいました。

最初は泣きながら許しを請いましたが、

次に行くときには、もっと強い刺激を

期待する自分がいました。

朝、普通に出勤して、夕方帰宅する私に対し、

主人は何の疑いも持っていないようです。

先日も勤め先の設備屋さんが取引先や

お得意先を招いて行う家族キャンプで、

買い出しに行くと言ってふみやとお得意先様3人に

ミニバンの中でめちゃくちゃに犯され、

全員の精液も飲まされました。

本当はこんな生活から抜け出して、

主人や娘と、平凡で幸せな家庭生活を

送りたいと願っています。

だから、ずっと自分を責め、自己嫌悪に陥る毎日です。

ですが、ふみややお得意さんに見つめられただけで、

私のあそこは反応してしまい、

恥ずかしいことされるのを期待してしまいます。

でも、女って内心では多くの人が同じだと思います。

みなさんは、どうやってセックス願望を

抑えていらっしゃるのでしょう。

わたしは、どうすれば普通の暮らしに戻れるのでしょうか。
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                萌えた体験談データベース

↑↑↑ ページ最上部に移動する ↑↑↑
PR(新着)
泥●中に妻を一万で売ったあんたが後悔しないでよ

修学旅行と初恋とDQN

破滅の一手2

崩れ去る日常~性処理道具となった彼女~

リボンの堕ちた日~幼馴染の彼の知らぬ間にクラスのチャラ男にNTRされていた話し.

Re: 15分の残業

春風ママさんバレー blue oceanの奇跡

君の彼女よかったよ。眼鏡っ娘NTR短編集

よくゲンコツをおみまいする糞〇キのチ〇コが夫では 到底届かない奥まで突いてきて「調子にのるんじゃないよ!」 といいながらも汗だく交尾に堕ちる肝っ玉母ちゃん!

りんちゃんパパ 専業主夫がママ友全員食ってみた

バツイチ人妻、元旦那のエロマッサージに墜ちるッ!

カラミざかり3

お母さんいただきます。1

いちゃラブ手コキしながら浮気報告するビッチな年上彼女