お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                      萌えた体験談データベース

家庭教師が生徒の母親をモノにしていく話 4

カテゴリ: 寝取り&上淫
633 : 78[sage] : 投稿日:2009/10/07 18:37:08 0
さて、その後の報告と前回の追加です
泣きは本気で入りました。千佳さんの剣幕に気圧されたというか、自分を見失いました。けど、結果オーライですよね?

ホテルでは、とりあえずお茶入れて、ソファに腰掛けながら話しました
そこで「年下だもんね。配慮足りなかった」と千佳さんが寄り添ってきました
とは言いつつも、
「でも、最近態度悪かったよ。会うのが当たり前。『今度いつ来る?』だし、行ったら行ったで、いきなり脱がせてするだけで、終わったら寝ちゃうし、
してる時ならともかく、うちに来た時まで『千佳』って呼び捨てだし、こっちも仕事あるから毎日会えないけど、『俺、この日飲み会。この日別の家庭教師』
って自分の都合中心だし」と再度詰められました
途中でベッドに移り、時折キスしながらでしたけど、かなり辛辣な詰めでした。書いてて胸が痛みます

「ごめんごめん」と謝りながらも、例の件はどうなのかなと思いつつ、小一時間…
けど、しまいに千佳さんが「でもね、私も別れようかなって、ちょっと思ったけど、そんな簡単じゃないよね…」
と、ズボンに手をかけてきました

「私もね、意固地になってた。本当はずっと、もっと早く気付いて欲しかったんだょ」
コチコチの僕のを手にとって舌を這わせてきます。とても久しぶりで嬉しくて、「んっ」と声が出ます
「こんなこと、女から言いたくないんだけど、年上だって結婚してたって女なんだから優しくして、大事にして…」
申し訳なさと、心配事が解決した解放感と、3週間ぶりの欲望が戻ってきて、「千佳さん、ごめん」と言いながら上下を交代し、のしかかりました

634 : 78[sage] : 投稿日:2009/10/07 18:41:48 0
服を剥ぎ取られながら千佳さんが目をつむります。久しぶりのおっぱいにしゃぶりつき、顔を埋めました。下へどんどん舌を這わせ、十分に潤ってるあそこを味わいます
「いいょ。でもゴムは使ってね…」。やっと許されて、嬉しくて千佳さんに突き入れました
「これ、だね。もう…」。いつもの通り感じ入ってる千佳さんの表情が僕の下にありました
あまり体位は変えず、体を離さないでただ一心に小刻みな動きを繰り返してイキました
「千佳さん、好きだ。愛してる。絶対離れたくない」と何度も耳元で叫んでました

「私は○○くんのこと好きなのは変わらないから。○○くんだけだから軽く見ないで。お互い、一番に思って付き合ぉ」
終わったあとに寄り添ってきました。しばらく抱き合ってたんですが、そこで僕も最後の懺悔のつもりで例のことを謝りました
「ごめんね。もう二度とほかの奥さんをやろうとか考えないよ」
僕は千佳さん一本だ。一生結婚しないで千佳さんの愛人でいい、と決意のほどを告白したつもりだったんですが…

ちょっと間が空いて詰問が始まりました
「なんのこと?」。「え、だから、もう一軒の家庭教師の奥さんにメール攻勢したり、やりたいと思ったり…」
「くわしく!」。「え、だから…」
とりあえずいろいろと白状したんですが、予想外に大爆笑されました

「あははははww! うそ、あり得ない!40代まで狙ってたの? 何それ?どんな人?」と妙に楽しそうな千佳さん
どうやら僕のよそ見は全く関係なかったようなんです
「そこまでオバサン好きなの?私でうまくいって変な自信つけちゃった? で、どうなったの?」

635 : 78[sage] : 投稿日:2009/10/07 18:44:20 0
なんだか興味津々で大笑いされました。とにかく喰いつかれました
飲みに誘われた話は言ってないんですが、「関係ないメールしないで」と言われて最近空気悪い、みたいなところまで白状したら、なんだか大乗り気です
「そのメール見せてよ」と携帯を奪われ、消去してなかったので全部読まれ…
「う~ん。こんなやりとしてながら、そんなこと言われたなら凹むね。でもまだ決定的じゃないよ。いけるかもよ。その人の画像ないの?まんざらでもない裏返しだよ。ダメもとで攻めちゃいなよ」
なんだか、えらい楽しそうだったので、僕も調子のって「そうかな?襲っても大丈夫?そのうち3Pしようか?」と返したら、さすがに「調子に乗んな!」と乳首をつねられました

結局、ほかを口説くことなど許されず、「そんなオバサン、ダメだょ。私を軽く扱わないで。私も○○くんだけだから」と上に乗って腰を沈めてきました
そのまま今度は千佳さん主導でもう一回して、また僕はそのあと寝ちゃったんですが、今回は「お疲れ様」と優しくしてもらえました

と、こんな感じでした。さすがにしばらくは2軒目は無理です
でも一回飲みに行くくらいは実現したいです。家族に内緒で二人で飲みに行くだけで、Hしなくてもものすごい背徳感です
二人きりになって、四十路女性がどんな話をするのか、どんな表情を見せるのか、とても興味があります
まずは千佳さんを安心させるため、しばらくは千佳さんに集中しようと思います

長文は終わりにするとか言っといて、また書いてしまい大変失礼しました

677 : 78 [sage] : 投稿日:2009/10/19 19:29:48 0
千佳さんとは、うまくいってます。千佳さんちでの悪戯も、多少は許されるようになりました
で、2軒目について動きがあったんです

その前に、「2軒目」もなんなので、スペックを明らかにします
2軒目は「幸枝」(仮名)でいきたいと思います。今回は初対面の僕の印象が「松下由樹」さんだったからです

と、松下由樹さんには失礼かもしれませんが、幸枝さんは42歳、詳細はまだ知りませんが、中肉中背な、いかにも良妻賢母なイメージです
ちょいポチャですが、その分、巨乳なんです
声がちょっとハスキーボイスというか、低めの特徴ある感じです

動きと言っても、やれたわけではなくて、単に先週の金曜の授業のあと「先生、こないだの話だけど、来週の土曜とかどうですか?」と聞かれました
一瞬、「???」だったんですが、すぐ飲みのことだと思い出し即okで約束を取りつけました
旦那さんや子供には内緒とのこと。何やら期待が膨らみます

693 : 78 [sage] : 投稿日:2009/10/22 00:38:40 0
さて、もうあさってに迫ってきましたが、確かに期待に股間を膨らませつつも不安というか、心配というか、どうにも複雑です
幸枝さんですが、ちょいポチャではありますがデブじゃありません
顔はカワイイと思います。見慣れてきたせいもありますが、昔40代に思い描いてたイメージよりもよっぽど若々しいです
ノリピーの映像なんか首回りがシワシワでしたが、幸枝さんはぴちぴちしてます

何が不安かといえば、すべてが未知なのが不安です
先月の「あまり関係ないことは・・・」まで、メールでいろいろ話をしたわりに、僕が一方的に書くだけであまり幸枝さんのことが分かってません
今にしてみれば、千佳さんのときは距離も埋まって、なんとなく「いける!」といった予感というか勝算がありました

でも幸枝さんは展開が読めません。こっちから誘っていいのか、スキンシップしていいのか、したら恥ずかしがるのか怒られるのか、通報されるのか
そもそも旦那さんの仕事を知りません。生徒は「リーマン」とか「売ってる人」とかしか言いません、あのバカww

オナネタにはたまに使うので、年の差は無問題です。心の準備は万全なつもりですが、脱がしてみたら凄かったなんて可能性も否定できません
もしダメだったら傷つけるんじゃないかとか思うと、余計にプレッシャーです
運気も上昇中だし、流れ的に僕もいけそうな気がするんですが…
溜めていくべきか事前に抜いていくべきか、そもそもそこから悩んでますw

704 : 78 [sage] : 投稿日:2009/10/23 22:53:06 0
我が身に置き換えたら、物凄く恐ろしいです。あの旦那に詰められたらと思うと…
ただ、僕は千佳さんが旦那と別れたら、責任取るとかじゃなくて一緒になるのもいいかなと、最近思うようになりました
別れさせようとまでは思いませんが、それなりに真面目に愛し始めちゃってます

幸枝さんと浮気しようとしてますがw

とにかく、絶対に白を突き通して、彼ともほとぼりが冷めるまでしばらく逢わない方がいいと思います
身の回りからあやしい気配すら消してしまわないと
「あの旦那に一度でも疑われたら、二度と疑惑は消えないよ。だから無茶はしないにしよ」って、千佳さんに夏の旅行のあとに言われました

千佳さんちでする悪戯と言っても、抱きついたり、キスしたり、けつ触ったりするくらいです
子供に問題やらせてる間に下に降りて唇をむさぼり合います
一度、パンティ剥ぎ取りましたが、僕が子供を教えてる間ずっとノーパンのはずが無く、新しいのをはき替えてましたw

明日はどうしましょう。期待というか緊張してきました

715 : 78 [] : 投稿日:2009/10/25 02:50:40 0
78です。
土曜と宣言した以上、もしかして待ってくれてる方がいらっしゃるんじゃないかと、息も絶え絶えにPC開きました
携帯をあまり使わないのは、携帯だと更正が中途半端になって、駄文を送りつけかねないからです
けっして携帯を持ってないではありません

そんな関係ないことははともかく結論的に…今回は難しいです。僕の大敗北です。後悔と反省と申し訳なさで眠れそうにないです
それでも、ちょっとすみません。今日は詳細は控えます。気持ちの整理がつきません。引っ張るとか寸止めプレイとかそういうんじゃなんです

要するに、できないのにやろうとしたというか、できたのにできなかったというか、自分の欲望や見栄のために引っ張り回して気だけ遣わせてそれに見合えなかったというか
生まれて初めてです、こんなこと。首吊って死のう…とまでは思いませんが、自己嫌悪で文になりません
これまでの皆さんへの僕の忠誠に免じて、今夜は許してください

729 : 78 [sage] : 投稿日:2009/10/28 02:35:34 0
78です
前回は意味不明なカキコで大変失礼しました。改めて報告します
書き始めると長くなってしまいました。要点に絞ったつもりで、冗長になってしまいましたがお許しください

本当に声援ありがとうございます。まあ、要するに…そういうことなんです
失敗明けて、火曜がまた幸枝さんちの日でした。細かくはあとで書きますが、僕のビビリは杞憂でにこやかに受け入れ、キスもしてくれました
ほっと安心してこれを書けてます
そんなわけで、土曜。こんなに緊張したのは生まれて初めてです。こんな緊張するんじゃなかった…

前日、金曜に幸枝さんちの授業がありました。僕は3軒は曜日固定じゃなくて、毎回適当に話し合って時間と曜日を決めてます
幸枝さんちが一番流動的だけど優先、次が3軒目。千佳さんちは小4だから、家庭教師としてはそれほど優先ではないんです
で、その金曜に幸枝さんから「●●さん、明日は本当に付き合ってもらっていいかしら?」と確認してきました
時間とかはだいたい決まってたんですが、「ほら、あまり地元だとアレだから、●●さんの××駅に行きますね」と決めてもらいました
なんだか、幸枝さんの方が積極的というか乗り気でした

※ちなみに、●●は僕の名字で、千佳さんが呼ぶような「○○くん」は下の名前ということで

そして7時に待ち合わせ。地元で飲むことなんて滅多にないので、チェーンの居酒屋に入りました。半個室みたいなところです
掘りごたつで対面して、「楽しみにしてたんですよ」「僕なんか昨夜寝れませんでしたw」なんてビールで乾杯。飲み開始です

730 : 78 [sage] : 投稿日:2009/10/28 02:38:28 0
「今日は内緒で飲みとか大丈夫なんですか?」と心配事は最初に聞いときます。リミットが何時かも知りたいところです
幸枝さんの話では、月の下旬は旦那さんはたいてい出張。それに合わせて1~2カ月に1回くらい、幸枝さんは古い女友達の集まり会があるそうです
今月は全員の都合がつかず流れたところにこの飲み会を入れたそうで、そういうときは、子供(タクヤにします)は近くに住む旦那さんの実家で預かってもらってるそうです
もちろん、いい加減中3なので、本当に泊りに行ってるか、そこまでは知らないそうです
「そういう飲み会だと、いつも午前様、朝帰りなの」なんて軽く笑ってましたが、聞いてる僕は「朝までおkってことか?」と、既にHゴーサイン解釈してましたw

幸枝さんはかなり飲める人です。それでいて早く酔う人でした
序盤は、お互いの自己紹介的な話題でした。そもそも幸枝さんちがどんなか知らないので、一通り聞きました
そこでスペック追加です
42歳とか聞いたつもりが、「そんな若くないですよ~。また誕生日来ちゃいました」と43歳でした。まあ、1歳くらいもはや気にしませんw
旦那さんは専門商社らしいです。僕みたいな学生は聞いたことないですが、やはり1部上場なのだとか。年は4つ上
幸枝さん自身は静岡の出身だそうで、都内の大学を出て旦那さんの会社に就職し、そこで知り合ったのだとか

飲みながらも、幸枝さんは僕に対して「●●さん」とか「~ですよね」と丁寧に話してくれます。丁寧さが嬉しいようで、なかなか距離が縮まりません
僕は幸枝さんちでは「お母さんは~」と呼んでましたが、メールでは「幸枝さん」なんて呼んでたので、ここでも「幸枝さん」です
だんだん酔ってきたのを見計らって、僕の家族の話とか名前を出しながら「まあ、僕のことも○○で呼んでください」と切り出し、幸枝さんも「そうね」と呼び名チェンジ
ここらから中盤戦に入りました。そろそろH話に持っていかないといけません

731 : 78 [sage] : 投稿日:2009/10/28 02:40:38 0
はじめに幸枝さんが馴れ初めを話してた時、ちょっと「でもいろいろあったんですよ~」なんて言ってたので、そのあたりから切り込みました
その話がけっこう衝撃的でした。都内の某私立大を卒業した後も、学生時代の彼とずっと付き合って、しまいに同棲までしてたそうです
ところが、彼氏は某資格浪人だったそうで、定職に付かずフリーター生活。ほとんど幸枝さんが養ってたそうです
そんな折に会社の先輩の旦那さんに口説かれ、仕事バリバリの旦那さんの大人の魅力にあっさり落ちて、泣いてすがり自殺未遂騒動まで起こした彼氏を捨てて旦那さんの元へ走り、半年で結婚。できちゃった婚だったそうです

なんか、元カレ可哀そうにと胸を痛めつつ、こんな普段大人しそうな奥さんでもいろいろあるんだなあと聞いてたら、さらに「でも、そのあとね…」と幸枝さんがネタ振り
「え?さらに何かあったんですか?」と喰いつきました
もう6年ほど前、偶然に新宿でその元カレに会ってしまったそうです。彼は結局当初の資格は諦めて就職しながらも、また別の資格を目指して会社を辞め、フリーターだったそうで…
ただ、懐かしさでお茶して、携帯番号とメールを交換。2、3度食事をして、ついつい彼の部屋までついていき、圧し掛かられてついつい、抱かれてしまったそうです

酔いのせいか気恥ずかしさか、頬を染めて話す幸枝さんに、「このメスブタが…!」とはさすがに思いませんが、本人を前にして駆け巡る妄想に、一気に悶々としてしまいました
だったら、僕でも良いでしょ!?と喉まで出かかりました
半年近く付き合ったそうです。恥ずかしそうに思い出話に耽る幸枝さんに、僕はかなりがっついて聞いてしまいました
当時とっくに旦那さんとはレス状態。一方、彼は体格ががっちりしててHも昔から激しかったらしく、久しぶりの感覚にしばらく溺れたらしいです
でも、だんだん「家族を捨てて俺とやり直そう」と盛り上がる彼に対して、いまだに成長のないところが再び嫌気して(もちろん、子供を捨てるはずもなく)、別れたらしいんですが…

732 : 78 [sage] : 投稿日:2009/10/28 02:45:08 0
初飲みの相手に、そこまでディープな話をするなんて、酔ってるのかな?それともそこまで気を許してるのかな?と判じかねつつ、僕は興奮でビンビンでしたw
でも、不倫処女だった千佳さん(嘘かホントか別にしても)と比べると、幾分、ちょっとがっかりではあります
とはいえ、女も40代ならいろいろあるよな、千佳さんだって33歳で初不倫を経験したんだから、幸枝さんは37歳でついに不倫を経験したんだなと思うことにしました

そんな話をだらだらと聞いてると、今度は「○○さんはどうなの?恋の悩みがあったんじゃないの?」と聞かれる番になりました
僕は「幸枝さんにメールで振られたのが実はかなりショックだったんです」「田舎から東京に出てきて、近くに頼れる大人もいないところで、幸枝さんがとても魅力的でメールが凄い嬉しかったんですが…」
「僕、幸枝さんのファンなんです」と、僕なりに練りに練りに練ったセリフを並べていきました
そしたら、幸枝さんは「いきなりメールが止まって表情が暗くなったから、私のせいかもって気になってたんですよ」
「でもそんなこと言ったら自信過剰っぽいから、なかなか言い出せなかったけど、お姉さんの役割かなと思って誘ってみたんですよ」
「そんなに本気で拒否したわけじゃなくて、○○さんも軽口なメールだったから私も冗談のつもりだったんです」と嬉しい言葉

「ええ~、そうだったんですか?だったらもっとガンガン攻めても大丈夫だったんですか?」と僕が調子に乗ると、「こんなおばちゃん攻めてくれるんですか?」なんて笑顔で受け止めてくれました
なかなか上手ですw
「だから、私の秘密も話したんですよ。夫やタクヤには絶対内緒ですよ」と顔を近づけて声をひそめました
そんなこんなで冷酒を差しつ差されつしてると10時を回り、かなり酔ってきました
なんだか、もうおばちゃんさが失せて、幸枝さんが可愛く見えます
とりあえず店を出ました。でも中途半端な時間です。家に帰すにも、うちに呼ぶにもちょっと早い気がしたので、もじもじしてると
「カラオケ行っちゃいましょうか」とまだ帰る気もない様子。一時間カラオケボックスに入りました

733 : 78 [sage] : 投稿日:2009/10/28 02:48:59 0
気がつけば密室二人きりです
40代に受ける歌なんて知りません。知ってる曲と言っても、うちの親がCD持ってるサザンくらいなので、それを歌いました。幸枝さんの曲は全然わかりません
お互い2曲ずつ歌ったところで、予約が尽きました。そろそろ“何か”したいです

はじめコーナーで座ってたんですが、幸枝さんがトイレに立ち、戻ってきたところで手を引いて僕の隣に引き寄せました
「んん?どうしたんですか?」。いたずらっぽく笑ってます
「ちょっとだけ、いいですか」と言いながら肩に腕を回して抱き寄せましたが、
「こんなオバサンに何するの?○○さん、酔ってるでしょう」と、そうそう落ちてはくれません

もう、これ以上は辛抱たまらんというか、セリフの用意もないので、一か八か「幸枝さんのファンなんです。ファンサービスしてください」と抱きつきました
じわじわと唇に近付こうとしますが「ダメよ。タクヤの先生じゃないですか」「こんなオバちゃんじゃなくて、もっと若い子がいいですよ」とかわされ続けます
ただ、本気で拒否してるようでもないです。首筋や髪に鼻を這わせて鼻腔いっぱいに幸枝さんの匂いを味わいました
匂いの説明って難しいんですが、幸枝さんって物凄くいい匂いがするんです。匂いというかフェロモンみたいなものかもしれません
ずっと気になってた特殊な体臭があります。男が「ヤリタイ」と思うような“にほい”です

キスがだめなら…と手を憧れのおっぱいに持っていきました
おっぱい触って気持ちいいって初めてです。触られた幸枝さんじゃなくて、触る僕の手が気持ちいいんですw
中身に芯のような弾力がありながら全体的に柔らかくて、かつ、それが大きいんです
幸枝さんも気持ちいいんでしょうか、次第に「あぁぁ」と甘い声を漏らしました

734 : 78 [sage] : 投稿日:2009/10/28 02:51:18 0
「もう、ダメですょ」といったん体を離されました。でも、次の瞬間、幸枝さんから僕に唇を重ねてきました
いきなり舌が侵入してきます。肉厚な舌で、ねっとりしたキスです
気がつくと今度は手がチャックを開けてパンツ越しに僕のを撫でしごいてました。「これは、、スゴイ」と正直思いました
一気に押し倒して、スカートの中に手を這わせました。「ん、ん」と感じてるようで、「こんなところじゃダメよ」とまた体を離されました

もう、僕はやることしか頭にありません。「うちきませんか?せっかく掃除したので…」。わけの分からない理由づけして誘うと、
「こんな時間にお邪魔しちゃっていいのかしら?彼女とか待ってるんじゃないの?」と言いつつも来てくれることに
時間途中でカラオケボックスを出ました

カラオケボックスのビルのエレベーターでは、幸枝さんからまたキスを求めてきました
幸枝さんは160cmくらいでしょうか、僕の首にぶら下がるように抱きついて舌を絡め合いました
駅前からうちまで10分。途中は絶対離さん、逃がさんと、手をつなぎながら、もっと近くに住めば良かったと今更後悔の長い10分でした

なんだか、無駄に長くてすみません。眠くなりました
まだ立ち直りきってないので、佳境はまた明日にさせてください
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                萌えた体験談データベース

↑ ページ最上部に移動する ↑
PR(新着)
妻に黙って即売会に行くんじゃなかった1.5&2

隣の世話焼き奥さんが毎晩ボクを食べに来るっ

彼氏あり&旦那ありの女子達&人妻を寝取ってみました

ウラではヤってるクラスのあの娘

あの日のアヤマチ

幼馴染とその母親がガッツリ寝取られるお話

ナツノユウウツツ

ママカリ部

D.H ダンナニヒミツ ~石原さゆみ 32歳の場合~ 夏の浴衣の思惑

自宅で寝取られた勝気な人妻 ~家族に隠れて隣人に調教される女~

爆乳で処女でウェイトレスな彼女がバイト先の店長に生ハメセックスで寝取られてチンポ堕ちするまで

隣の人妻が催眠をかけられて寝取られた話

マナタマプラス総集編

茜ハ摘マレ染メラレル弐

茜ハ摘マレ染メラレル

孕妻 それは本当にあなたの子ども?

巨チンに寝取られたビッチ妻

人妻ゆかりさんのオフパコチャンネル ~ナマ配信は浮気じゃないんです~

黒人留学生に寝取られる人妻~後編~

黒人留学生に寝取られる人妻~前編~