お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                      萌えた体験談データベース

最高につらい思い出の話 2

カテゴリ: 寝取られ&寝取らせ
時間を忘れて、辛さから逃れるように由香里さんと飲み続けていたのでしょう。

「○○さん、そろそろ、明日もあるし?(佐藤さん)。」

私もかなり飲みすぎたようで、時計の針もろくに読めない程でしたが、佐藤さんの問いかけに返事をして、マスターに会計を済ませ店を出ました、皆に挨拶をして少し歩き始めた時、不覚にも吐き気を覚え道路脇で戻してしまいました。
吐き気も治まったころ、背中を摩る手に気づき、すみませんと言いながら振り返るとそこには、今別れたばかりの由香里さんが、中腰の彼女は眉尻を下げて私の顔を覗き込んでいました。
由香里さんは、後ろから私の肘を掴むように支えてくれて、深夜喫茶に連れて行ってくれました。

「少し酔いを覚まして。」
「すみません、少し楽になりました、すみません。」
「そんな姿を、可愛い娘さんが見たら心配しますよ。」
「もう寝てます。」

時計を見ながら答える私、由香里さんが頼んでくれたらしいコーヒーがテーブルの上に差し出されました。
私はまた、すみませんを連呼していました。
かなりの醜態を見せてしまっていた筈です。
水を一気に飲み干し、コーヒーに手を伸ばし一口啜ると、すぐに皿にカップを戻しました。
元々とコーヒーは好んで飲む方で無かった私は、コーヒーの熱さも手伝って、そのカップをまた手にすることは無かった。
タイミングを見ては由香里さんが頼んでくれた、水を3杯程飲んだころには、多少酔いも冷めて来た。

「さっき戻したのが良かったんですね、顔色が大分良いですね。」
「助かりました、すみません。」
「そろそろ帰りましょうか。」

その時の私には、一回り近く年の違う由香里さんに醜態をさらしたという思いから、まともに顔を上げることが出来ませんでした。
通りに出てタクシーを待つ間、正気を取り戻し始めた私は、由香里さんに丁寧に感謝の意を伝えると。

「○○さん、気にしないで下さい、詳しいことは知りませんが、辛い気持ちは良くわかります。」

由香里さんと飲んでいる間、妻の不貞に関する事を知らず知らずに話していたのかも知れません、いや誰かに聞いてもらいたく、間接的に伝えていたのかも知れません。
空車が一台、由香里さんが止めてくれ私を乗せてくれました。
別れ際、タクシーのウインドー越しに由香里さんが言葉を掛けてくれました。

「頑張ってください、私で良ければまたお付き合いしますから。」
「ありがとう。」

深々と頭を下げた私を乗せて、タクシーは走り始めました。

家に着くと、さすがに風呂に入る気にもなれない私は、寝室に直行しました。
寝室のドアを開けた私は驚きました、妻がベッドに腰を掛けて起きているでは有りませんか。

「こんな遅くまでどうした?」
「あなたこそ、如何したの?、2時過ぎてるよ。」
「会社の連中と、ちょっと飲みすぎた。」

スーツをクローゼットの中に脱ぎ捨てるように、下着のままベッドに滑り込んだ。
私のスーツを片付けると、部屋の明かりを落とし、妻もベッドの中に入ってきて、私がまだ眠りについていないのを確認すると、話しかけてきた。

「あなた、何か有った?」
「何でだ?」
「お姉ちゃんから聞いたんだけど!」
「あぁ、なんでもない。」
「でも、あなたが子供に涙見せるなんて!」
「何でもない!・・・・」
「私には、話せない?」

お前が原因だ、などと言えるはずも無く、暫し沈黙が続いた。
妻も、何か感ずるものがあるのか、それ以上の追求は無かった。
いつの間にか寝てしまったようで、体に違和感を覚えた私は少し朦朧とするなか少し目お開けた。
何時もは背を向けて寝ている筈の妻が、私の足に自分の足を絡め、右手は私の胸をまさぐっているではないか、
恐らく私の意識が戻る直前には、股間をまさぐっていたのであろう、下着姿をつけて寝ていた筈の私のトランクスは、そこには無かった。
私の下半身は確かに今まで妻のしていたであろう行為に、明らかに反応していた。
しかし、意識がハッキリするにつれて、これは瞬く間に萎えていった。

「どうしたの?」
「疲れてるんだ、勘弁してくれ。」

吐き捨てるように言うと、妻を押しのけ足元にあったトランクスを手早く身につけると、妻に背を向けて寝てしまいました、いや正確には寝たふりをしました。
背中の向こうでは、妻が下着をやパジャマを直す衣擦れの音が聞こえていました。

翌朝少し頭の痛さを覚えながらも、リビングに降りて行くと、何時もと変わりないように妻が話しかけてきた。

「ご飯食べれますか?」
「いらない、シャワーを浴びたら直ぐ出る。」
「冷たいものでも?。」
「いらない!。」

飲み物は欲しかった、でも妻に言われた瞬間、お前に出してもらいたくない、というのが本当の気持ちだった。
なぜか妻は腫れ物にでも触るかのような、口調だったように感じました。
脱衣所の洗面台の前に立った私は自分の険しい顔をみて驚きました。
この日を境に妻の言動に変化が現れ始めました、言葉使いにいたるまで。



その後も、妻のバックからタバコ,ライター,ポケベルの3点セットがなくなる事はありませんでした。
妻の不貞が確実になる前は、私達夫婦の間にはそれなりの夫婦の営みはありました。
週に1度程度はあったと思いますが、妻の日帰り添乗の日から営みは皆無となりました。
たまに妻から求めてくることはありますが、私の体がそれを受け付けません。
そんなある日、私はメーカーの新車発表会の為、1泊の予定で東京に出張することになりました。
各販売会社から数名が代表で主席して、一般発表する前の新車を内覧するという内容のものです。
会場には千人を超える販売店の人間にメーカーの職員、それは盛大なものでした。
一次会が終わり、地域別の分化会が開かれました。
一次会とは一転して、分化会はこじんまりした感じでした。人数も百人足らず、当然地域別ですから知った顔も多く、その中には由香里さんもいたのです。
メーカーの職員と私が会話をしているところに、一人の女性が割り込んできました、由香里さんです。

「お久しぶりです。」
「お久しぶり。」

前回のことがあるので、少し躊躇している私に由香里さんは、屈託の無い表情でひたしげに会話を進めてくれます。
今日の新車のことや、営業に関する話など、さすがにお互い営業の仕事柄、仕事の話にはこと欠きません。
そのうちメーカーの人間が中座すると、由香里さんが切り出しました。

「この間は、大丈夫でしたか?」
「本当に失礼しました、醜態を見せてしまって。」
「そんな事ないです、辛いときはお互い様です。」
「そういって貰えると、少し気が楽になります。」

そうこうするうちに、文化会もおひらきとなり、人も減り始め由香里さんと二人ホテルのラウンジで、コーヒーでもと言うことになり二人で、ラウンジに向かいました。
内覧会は、東京のベイサイドの大型ホテルを借り切り行われたため、同じホテル内の移動で済すむのです。
ラウンジは、同じような考えの人間で満席状態でした。
それではと、最上階のレストラン,バーと行ってはみたものの、ことごとく満席。
その時由香里さんから提案が。

「しょうがないから、部屋で飲みなおししませんか?、
今日はお互い個室ですし、気兼ねなくお話が出来ますよ!」
「独身女性と二人は、不味くないですか?」
「何かまずい事でも?下心有りですか?」
「そうではないですが、それじゃどっちの部屋にしますか?」

さすがに二十歳の女性、じゃんけんで負けた方の部屋、冷蔵庫とルームサービスは、負けた方が持つという提案です。
その場でじゃんけんです、負けたのは私でした。
クロークから荷物を受け取ると、各自の部屋の鍵を受け取り私の部屋へ向かいました。
その日初めて入った部屋は、10階に有るオーシャンビューの部屋でした。
由香里さんは、窓際に駆け寄り海に漂う船の明かりを見て感激していました。
その場の雰囲気に照れた私は、由香里さんを茶化します。

「夜の海なんてね田舎で見慣れてるでしょ。」
「こんな見晴らしのいいところ無いもん。」

そういえば、岸壁から見る漁火とは大分雰囲気は違うのは事実です。

「由香里さん、なんにする?ビール,ウイスキー?ワインも有るけど。」
「何でも、○○さんは?」
「ビールかな。」
「私も同じでいい!」

缶ビールを二つ持って窓際の応接セットに近付き、1つを由香里さんに渡すと、籐性の椅子に腰を下ろしました。
何を話するでもなく、由香里さんは海を見ているだけでした。
私は田舎に居る妻のことを考えて、視点の定まらない目で由香里さんの方を見ていました。
今思えば、メロドラマの世界です。
妻帯者の私が、心に傷を負い自暴自棄の状態で、家を離れ偶然とはいえ高級ホテルの一室で二十歳の女性と二人きり。
何も無い方がおかしい状態です。

「○○さん、聞いてもいい?」
「何?」
「嫌なら答えなくても良いですよ。」

その瞬間、彼女の質問はおおよそ察しがつきました。

「奥さん浮気してるんでしょ?」
「多分。」
「多分って!。」

雰囲気がそうさせたのでしょう、私は今までの経緯を詳細に話しました。
一通り話し終えると、由香里さんは私の向かい側に座りため息を1つつきました。

「そこまでハッキリしてるんだから、○○さんは如何(どう)するの?」

暫く答えることが出来ずに居ると、由香里さんが立ち上がり私のてお引き、ベッドへと誘いました。

「私で良ければ、奥さんにお返しして!」

正直どこかの段階で、私の方からそうなっていただろう事は否定しませんが、由香里さんの方から行動を起こすとは、予想の範囲を超えていました。

「いいの?」

彼女は何も言いません、後で聞いた話ですが、同情心から始まったのかもしれないが、前に飲んだときから、私の事が気になってしょうがなかったらしい。
部屋での飲み直しを提案したときから、彼女はこうなることを覚悟していた、いや望んでいたと。

私は、彼女のジャケットを脱がせると、シルクのブラウスの上から、乳房を軽く揉んだ。
その時彼女の首筋には、鳥肌のように小さな突起が無数に浮かび上がり、ピンク色に染まっていくのがわかった。
妻へのお返し、というよりは由香里の程よく張りのる、若くて白く透き通るような体を獣のように貪った。
結局その日、由香里は自分の部屋へ帰ることは無かった。


状況を理解したのか、由香里はそれ以上の努力をすることを止めた。

「気になるんだ。」
「・・・」
「今日は、帰りましょう?」

それ以上の会話はなく、ホテルを出ると駅へ直行、最寄の駅
で由香里とポケベルの番号を交換して帰宅した。
家に着いたのは、6時頃だったでしょうか。
私が玄関に入ると、妻が迎えに出てきました。

「お帰りなさい。」
「ただいま。」
「お風呂は?、ご飯は食べますか。」
「風呂入るよ。」
「ご飯用意しておきますか。」
「頼む。」

風呂に入りながら、自問自答を始めました、妻が浮気をしたとしても、私も同じ事をしてしまった。
妻に浮気されたからという理由で、それが許されるのか。
この二日間で私は、妻と同じ立場に立ってしまった。
妻は私の不貞を知らない、また私も妻が不貞をした確証を掴んではいない。
その段階で私は、自分の立場を優位にしようという自己保身の行動を取ろうと考え始めていたのかも知れない。

夕食が済むと、私は片づけが済んだら寝室に来るように妻に告げると、2階に上がり子供部屋を覗いた後、寝室で妻の来るのを待った。
ほどなくして妻が寝室にやってきました。
これから何が起こるか分からない恐怖感に慄くかのように、少しうな垂れながら。

「何か話ですか。」

私は、自分の不貞は妻にはばれていない、妻の不貞は確実であることを自分に言い聞かせ、話を切り出した。

「お前、何か俺に隠してないか?。」
「何のことですか?。」
「何か隠していないかと聞いている、同じことは言わないぞ。」
「突然そう言われても。」

私は、出窓からガラムを手に取り、ベッドの上に放り出した。
少し顔色の変わった妻は、タバコについて喋り始めた。

「ごめんなさい、隠すつもりは無かったの、でも貴方が、タバコを吸うのを嫌うかと思って。」
「だからといって、隠れて吸わなくてもいいだろ!」
「ごめんなさい、早く言えばよかったです、タバコを吸うことは許してもらえます?」
「吸うなとは言っていないだろう。」

ちょっと口調が荒くなってきた私に対して。

「貴方が嫌なら止めます。」

少し間をおいて、妻が私に質問します。

「何時気づいたんですか?」
「前にベッドの下に灰皿を隠していたこと有るよな。」
「はい。」

その時妻は、少し安心したような顔をしたように私は思えた。

「ごめんなさい、貴方が嫌なら本当に止めますから。」
「それはそれでいい。」

これからが本題です、私の心臓は鼓動を早めて行き、言葉も上ずってきました。

「他にはないか?」

妻の顔が青ざめていくのが手に取るように分かりました。
この時私は、今まで心の何処かで99パーセント確実と思ってはいましたが、
妻の反応を見て100セントの確信に変えて行き、自分のことなどすっかり棚に挙げ、妻に対する詰問を開始しました。

「他にもあるだろう?」
「他にはありません。」

妻は震えていました、目には涙を浮かべ始めています。
今までベッド端に立っていた妻は左手をベッドにつき、よろける様に、ベッドに座り込みました。
後ろ向きになった妻の顔は見えませんが、肩が振るえ始めているのは分かりました。
その姿を見たとき、私の中に罪悪感のような物が少し頭をもたげた。

「嘘は止めよう、まだ俺に隠していることが有るだろう。」
「・・・・」
「それなら、俺の方から言おうか?」
「何をですか?」

妻は、声を荒げてそういうと、両手で顔を多い前かがみになってしまった。

「麻美、お前男がいるだろ!」
「何でそんなこと言うの!」

逆切れに近い口調で言う妻に対して、私の罪悪感は吹っ飛び、立ち上がると、クローゼットの中から妻のバック取り出し、そのバックを妻に目掛け投げつけました。
床に落ちたバックを妻は胸に抱きかかえ、私に背お向けました。

「バック開けてみろ!」
「嫌です!」
「開けろって言ってるんだ!」
「・・・」

妻は、後ろを向いたまま、首を横に振るばかりです。
怒り心頭に達した私は、妻に駆け寄り、取られまいと必死になる妻から無理やりバックを取り上げると、
内ポケットから例の3つを出すと、ベッドの上に投げつけた。

「タバコは、分かった。
でもこの高級ライターは何だ?
俺は買ってやった覚えは無い。
そのポケベルは何のためにある?、
お前が何で俺に隠れて、そんな物持つんだ?
説明しろ!」
「他人の者を勝手に見るなんて酷い!」
「お前がそんなことを言えた立場か!」

一度は私を睨み付けた妻ですが、あまりの私の形相に床に座り込み泣き出しました。
その時ドアを叩く音がして、静かに開きそこには、儀父母か立っていました。

「大きな声を出して、どうかしたの?。」
「義父さん、義母さん何でもありませんから。」

とりあえずその場を取り繕って、儀父母を自室に帰しました。


暫くの間妻は泣くばかりで、話そうとしません。
タバコを買ってくると言い残しね私は寝室を出ました。
タバコが無かったわけではありません。
その場の重苦しい空気から、しばしの間逃げ出したかったのです。
近くのコンビニでタバコを買い、遠回りして家へ帰り寝室に入ると妻がいません。
慌てて寝室のドアを開け妻を捜そうとしたとき、子供部屋から声が聞こえました。
ドアを開けると妻が床に座り込み、ごめんなさい、ごめんなさい、何度も子供達に向かって頭を下げていました。

「子供が起きるだろ、向こうへ行こう。」

弱々しく立ち上がる妻、寝室に戻った妻はようやく、意を決したように話始めました。
やはり、相手は栗本です。
長きに渡って私を欺いていた事など、ガラムが好きになった理由等聞かなければ良かったと思う内容の話が続きました。
妻は子供達の為に離婚だけはしないで欲しい、その一点に関しては目を見開き真剣眼差して私に訴え掛けていました。
私が暴力を振るうことなく、妻の話を聞くことが出来たのも、由香里との事があったからだと思います。

人間というのは我がままなもの、私を含め自分に有利な言動をする物です。
辻褄の合わない行動を取ったり、辛い目に合えば楽な方へ直ぐ靡く、後先を考えず行動を取ったりすることも多々あり、感情に左右され安い生き物であることは身を持って感じさせられました。
また、人間の学習能力は時に欲望に負け、同じ過ちを起こしてしまう。


妻の話した事は、私にはとうてい理解出来ませんでした。
栗本はやはり猛烈なアタックをして来たようです。
初めは取り合わなかった妻も、帰り際に会社の近くで偶然遭ったりしているうちに、(偶然を装って待ち構えていたのでしょう)、お茶から始まりそのうち例の蔵へ行くことになったそうです。
初めは好きでも無い人だし、お茶の相手ぐらいと思っていたのが、女性としての魅力を再三に渡り褒められているうちに、妻も有頂天なってしまったらしいです。
その時私は妻の行動があまりにも軽率なのに腹が立って来て、妻を問い詰めました。

私「そんなしょっちゅう誘われていたのか?」
妻「初めは、月に一度か2週間に一度ぐらい、その内週に一回位遭うようになった。」
私「週に一度位会う様に成ったのは何時からなんだ?」
妻「初めてお茶に誘われてから、半年位してからだと思う。」
私「お茶だけにしても、半年も亭主以外の男とお茶を飲むことに抵抗は無かったのか、その後に来るものが想像できなかったのか?」
妻「今思えば、軽率だったと思います。」
私「違うだろ、最初からお前の中に何か期待する物があったから、誘われるままにしていたんだろ。」
妻「最初からそんなつもりは無かった。」
私「嘘を言うな、だったら何故そんな関係になるまで、一度も私に話さなかったんだ。
お前の気持ちの中に後ろめたさがあったからだろ。
その関係を私に知られたくないからだよな!」

妻は言葉を失い、私の吐き捨てるような言葉に、ただ下を向いているばかり、その姿は茫然自失といったようにも見えたが、私にとっては、言い逃れを必死に考えているようにも見え、妻への罵倒にも誓い追求は暫し続いていきました。


私はどんな言葉を妻に浴びせ掛けたのだろう、何時しか自分自身が涙声になっているのに気付き、それを隠すかのように目に入ったガラムを一本取ると、震える手で火をつけて深呼吸するように深く吸い込んだ。
目眩を少し感じながら冷静な自分が戻る間、寝室は静まりかえっていた。
タバコを吸い終えた私は、妻に栗本との肉体関係について質問した。

私「何時からセックスしてた。」
妻「半年位前からだと思う。」
私「何回位栗本に抱かれた?。」
妻「解らない。」
私「解らない位抱かれたのか。」
妻「・・・」
私「俺が知らないと思って、やりまくってたのか?」
妻「そんなにしょっちゅうはいてません。」
私「じゃ、何回なんだ?。」

答えの帰ってこないもどかしさに、また私の声は荒々しさを増していました。
瞬間妻は、体を硬直させ私の目に視線を合わせ10回位と答えました。

私「10回じゃ、辻褄が合わないだろ、
  週に一回は会っていたのに?」
妻「生理の時も有ったし、会うだけで直ぐ帰る事も有ったから、それ位しかしてない。」
私「それ位しかだ、何回であろうがお前のしたことは、
  絶対にしてはいけない裏切り行為だ。」
妻「ごめんなさい。」

妻は突っ伏して泣き崩れた。
私と言えば、自分で回数を問いただしておきながら、行為そのものを攻めていて支離滅裂の感が否めませんでした。
そして核心に迫ろうと、内容を変えていきました。

(つづく)
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                萌えた体験談データベース

↑ ページ最上部に移動する ↑
PR(新着)
イキ癖をつけられた元ヤン妻

なおみさん全盛時代、2話 なおみさんと白石監督

カノママが淫らすぎる

新郎に代わりまして…オレのち◯ぽで孕ませウェディング!

ヤンママに告白したら玉砕した……けど!?

寝取られオバさんKT

催眠温泉旅行

妻に黙って即売会に行くんじゃなかった1.5&2

隣の世話焼き奥さんが毎晩ボクを食べに来るっ

彼氏あり&旦那ありの女子達&人妻を寝取ってみました

幼馴染とその母親がガッツリ寝取られるお話

ナツノユウウツツ

ママカリ部

D.H ダンナニヒミツ ~石原さゆみ 32歳の場合~ 夏の浴衣の思惑

爆乳で処女でウェイトレスな彼女がバイト先の店長に生ハメセックスで寝取られてチンポ堕ちするまで

隣の人妻が催眠をかけられて寝取られた話

マナタマプラス総集編

孕妻 それは本当にあなたの子ども?

巨チンに寝取られたビッチ妻

黒人留学生に寝取られる人妻~後編~

黒人留学生に寝取られる人妻~前編~