お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                    萌えた体験談データベース

妻は教えるどころかもう男子の言いなりに・・・

カテゴリ: 寝取られ&寝取らせ
多恵、39歳、結婚14年、私の妻で子供はいません。

この妻が今回の主人公です。

私の家がど田舎にある山村の神社で母は私が20歳の時に亡くなって父が宮司としてやっているんです。

昔は由緒ある神社だったそうですが父の代になって、あまりもうからない神社を時にはお寺にして時には葬式の場にしたそうです。
七五三から結婚式、葬儀場から法要の場まで冠婚葬祭の場として設けてきたそうです。

それだけでは物足らず5年前からはこの村の祭りごとである性人式と五穀豊穣の場として神社と私の妻を差し出したのです。

性人式、それはこの村で15歳になった男子が春になると童貞を捨て大人の仲間入りをする祭りなんです。

昔は15歳男子が30人から40人と多かったので村の未亡人とか離婚をして帰って来た女が4、5人いて一晩に一人づつ童貞男子とセックスをし、その間7日から10日間お祭りが続いたものです。

しかし今は少子高齢化で15歳の男子が少なくなり、童貞を奪う女も一人で十分だそうです。

5年前は6人、4年前は5人、3年前も5人、2年前に至っては2人、去年は3人で、今年も3人だそうです。

2人3人に至っては祭りの日数が短いと言う事で、その間の夜に村に貢献をした成人男子2人を選んで未亡人を、一晩づつ抱かせ祭りの日数を4日から5日と稼いでいたのです。

その未亡人に私の妻が選ばれたのです。

えっ、私の妻が未亡人?と思いの方もいるようですが、実は7年前に私は事故で亡くなっているんです。

あるお正月の夜中、私は酒を飲んで車を運転していて川に転落して死んでしまったのです。

その夜は神社で雇っていた巫女と初詣が終わった打ち上げでお酒を飲み、その勢いでラブホテルに行ってセックスをして、巫女を降ろして帰る途中でした。

幸いと言うか、巫女は降ろしたので亡くなったのは私だけだったのです。

それから2年後、妻は子供も居ないという事で檀家からの推薦で性人式の未亡人役をすることになったのです。

しかし私の父がどうしてその役目に反対しなかったのか、それは私が亡くなってまだ49日も経っていないのに父は妻が眠っている部屋へ入り込んで妻を犯していたんです。

妻も当時はまだ30代前半でやりたい盛り、まあその性欲を見出したのは私なんですが、、

妻は最初は抵抗したものの、裸にされ父の物が股間に触れただけで抵抗しなくなったのです。

まだ挿入もされていないのにですよ、ひどくないですか。諦めが早いというか、、

しかもそれを檀家に見つかってしまったのです。

そりゃあそですよね、檀家たちの親睦会の旅行で嫁と参加した父が酒に酔って旅館で嫁とセックスをしたんです。

その喘ぎ声を檀家に聞かれてしまって、、、

檀家に言わせれば子供のいなかった私の妻が、誰の種であっても子供を生んで神社を継いでくれれば良かったんです。

そんなこんなで私の父は性人式の未亡人役に妻が推薦されても反対が出来なかったんです。

私も亡くなったおかげで妻が父とセックスまでしていたことと性人式の様子までを知ることができ、今は天国からこれを書いているんです。

父と妻は今でも関係を続けていて、夜中に妻の喘ぎ声がお堂に響き渡っているんです。

あるときは妻の部屋だったり父の部屋だったりお風呂だったりは分かるのですが、台所だったり、居間だったり、そして罰当たりにお堂だったりと妻の喘ぎ声が、、、

さて肝心な性人式なんですが、昔の15歳はセックスのことなど何も知らなかった男子ばかりで、未亡人が手取り足取り教え真新しいペニスを咥え自分の股間へすぐにでも射精しそうなペニスを入れたものですが、今の15歳はいきなり妻を裸にすると四つん這いにしてバックから妻の股間にいきりだったペニスを入れてくるんです。

そして「おばさん、どう、感じている、俺の大きいでしょ。」と自慢げに言って来るのです。

妻は教えるどころかもう男子の言いなりになっているんです。

「ああ凄い、こんなこと何処で覚えたの。」と聞くと、「叔母さん(父の妹)に教えてもらったとか、ときには姉に、時には学校の先生に教えてもらったと言ってもう完全に慣れているようなんです。

相手は遣りたい年頃の男子で、そんなことを一晩中やるのですから妻も溜まったことではありません。

部屋の窓が白くなるころにやっと力尽きた男子に抱かれながら寝て、その晩からは今度は村に貢献してくれた爺と遣るのです。

その爺は15歳の男子ほどタフではありませんが、妻をいやらしい目で見ながら村の公認で抱けるのですからねっとり絡んでいくんです。

時には中折れしたペニスを正すため妻に咥えるように言って爺も妻の股間を舐めるのです。

ペニスが硬くなると妻の中へ挿入して膣を楽しみ、すぐに射精するともう大きくならないのでゆっくり出し入れをしまた中折れ、股舐めてもらいその繰り返しで一晩続けるのです。

翌晩にはまた15歳の男子でその翌晩は爺、またその翌晩には15歳男子で5日間のお勤めが終わるのです。

ですからその前後5日間は父にセックスを我慢してもらうのですが、父も同じ屋根の下で息子の嫁が他人とセックスをしているとなれば我慢が出来ず、お勤めが終わった翌々日には妻に迫っているのです。

妻も同じで性人式がない時は父だけで我慢が出来なく、以前性人式で繋がった男子のうちペニスの大きな男子を父がいないときに家に呼んで性欲処理にしているんです。

もちろん妻ももうどうにでもなれと思っているのか、避妊などはせずに生で受け入れているんです。

「おい、お前は俺の妻なんだぞ。俺が死んだせいでセックスはするなと言わないが俺以外の子供を孕むんじゃない。」と言っても聞こえるはずもなく、もし妊娠でもしたら父の子供か、性人式の15歳男子の子供か、それとも村の貢献者の爺の子供か、それとも父だけでは物足りない時に呼んだ前の性人式に抱かれた男子の子供か、はたまた、、、、

でも妻は自分のお腹に中に子供を孕むまでこのことをやり続けると思います。

妻も今年で40歳の大代、以前の性人式で未亡人が47歳で妊娠し子供を生んでいることから妻にはまだまだ可能性があり、私は天国から妻の事を見て行こうと思っています。

今度は妻が妊娠、出産したら書きますのでその時はよろしく。
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                萌えた体験談データベース

↑↑↑ ページ最上部に移動する ↑↑↑
PR(新着)
嫌悪感

妻を抱かせる夫達2

うちのは地味だし心配なし。元顧問宅で居残りラリー

ハナミズキ 第二話「過ちのはじまり」

×イチ子モチ

同じグループの陽キャヤリチンに仲良い女たちを喰われる陰キャの僕

幼馴染彼女が道場破りにお持ち帰りされて、一カ月間ガッツリ種付けされるお話。2

友達のママが僕のデカチンでイキまくったクリスマスイブ

彼氏とのセックスが上手に出来ない私に、優しいおじさんがガチイキ交尾を教えてくれる。

職場復帰した人妻が寝取られ堕ちるまで2