お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                      萌えた体験談データベース

彼女がヤリコンに!? 2

カテゴリ: 寝取られ&寝取らせ
887 名前: こま 投稿日: 02/10/05 03:19 ID:n5EQ4U+h
始めはBの番だった。Bはハンドタオル、ハンカチ、バンダナ、Tシャツをかき集
めて有美を縛りだした。「え、、?そんなことするの、、?」とちょっと引く有美。
しかし、裸のまま目隠しされ、手と足を縛られ動けないでいる有美の姿はかなり淫
靡で、これまた萌えだった。縛りがこんなに萌えるものだとは、いままでしたこと
が無い俺にはちょっと驚きであった。
それは、有美も同じようで、何もされてないのに次第に有美の息遣いが荒くなる。
ちいさく開いた口からはぁ、、はぁ、、と漏れる息づかい。そんな有美の口に思わ
ずチンポを入れたくなる俺だ。そしてBは俺とAを招き寄せ、指を口の前で立て、
静かに有美の体を愛撫し始めた。
「あっ、、、、、はっ、、、、」と反応する有美。Bはなでるように有美の体に指
を走らせる。
触るか触らないかのような微妙な指さばきで、有美の腰、おなか、乳房を愛撫した。
有美はどんどん息遣いが荒くなっていって、アエギ声も出し始めた。

888 名前: こま 投稿日: 02/10/05 03:20 ID:n5EQ4U+h
「あっ、、、、はん、、、、あっ、、、あんっ、、、、」
Bの愛撫に反応するたびに、体をくねらせる有美。しかし、縛りが入っているので、
動きが制限される。
そんなことを繰り返していくうちに、有美の膝がまた開いたり閉じたりしてきた。
有美の興奮のしるしだ、足が開いていないので、有美が濡れているかどうかはわか
らないが、紅潮してきた有美の顔や明らかに立っている有美の乳首を見ると、相当
興奮しているのが判る。有美のアエギ声もだんだん粘っこくそして、色っぽくなっ
ていった。俺はそんな有美の姿に勃起しつつ、有美がBのテクのとりこにならなき
ゃいいがなどとアホな心配をした。

Bが小声で「触っていいぞ、ゆっくりな」といい、俺達は思い思いの場所を触るこ
とにした。
俺は、どうしても有美のマンコが濡れているかどうか確かめたかった。
そして、有美の臍下をさわり、徐々に手を下ろしていった。ビクっとする有美。
Bは有美の乳首を舐め始める「ふああんっ!」と喘ぐ有美。そんな反応は見たこと
が無い。

889 名前: こま 投稿日: 02/10/05 03:20 ID:n5EQ4U+h
Aは、有美の顔に近づいて、有美の顔をなでていた。首筋から耳、そして頬へ。
ぞくぞくしているのか、すこし顔を震わせる有美。
そして、Aは有美の唇に指を伝わせ、口のなかに指を入れた。有美はAの指に舌を
からませながら、いやらしくAの指を口の中に迎え入れた。

全裸で目隠しされながら、男の指に舌を絡ませ、別の男に乳首をいやらしくなめら
れている、俺の彼女。俺はいやらしいメスとなりつつある有美の濡れ具合を確かめ
るため、手を有美の陰毛の奥に差し入れる。
次第に開いていく有美の足。そして、指を割れ目の中にすっと入れた。
「ぬる、、くちゅ、、、」有美の割れ目はたっぷりと濡れていた。
同時に「ああんっっ、、」と大きな声で喘ぐ有美。

890 名前: こま 投稿日: 02/10/05 03:21 ID:n5EQ4U+h
俺は、ゆっくりと有美の割れ目に入れた指を動かした。くちゅ、、くちゅ、、と音
を立てる有美のあそこ。有美のアエギ声が大きくなっていき、さらに体をくねらせる。
有美は、一体誰にどこを触られているのかわからないまま、体を快感に委ねていた。

そのうちBが俺に合図すると、俺は有美のマンコから指を抜き取った。
そして、有美の足の縛りを解き、有美の足の間に体を割り込ませるB。
すばやくチンポを有美のマンコにあてがい、Bは腰を前に進めた。
ぬぬぬ、、、と有美のマンコにBのチンポが埋もれていく。
「あっ、、はああ、、、、」と苦し嬉しそうに喘ぐ有美。
Bは一旦チンポを全部埋め込むと、早めのストロークで有美にピストンを開始した。
「あぅっ、、、あんっ、、、、やっ、、、ああっ、、、」
リズミカルに喘ぐ有美。有美の口だけが見えるのはなんともエッチだ。

891 名前: こま 投稿日: 02/10/05 03:22 ID:n5EQ4U+h
俺は、そんな有美とBを見ながら、はて、Bはスキンをつけてたっけ?と思った。
入れる直前にはつけてなかった。生ハメ・・? まさか、、、。

少しあせる俺。その間にも、どんどん激しくなる二人。Bの背中には汗がにじみ、
ピストン運動は最高潮に達していた。そして、
「、、、、うっ!」「ああんっっっ!!!」 Bは有美の膣中からチンポを出さずに
イってしまった。

897 名前: こま 投稿日: 02/10/06 00:46 ID:nATyuWtP
Bが有美に覆い被さり、Bのチンポが有美の中に入っているのが見えた。
Bのチンポがかすかにびくっびくっとしていた。有美の膣中に精液を注ぎ込んでい
るように見える。
俺は心拍の高鳴りを感じつつBのチンポが抜かれるのを待った。
ところが、Bが余韻に浸りつつ有美の膣中でチンポをゆっくり動かしながら、衝撃
的な会話を始めたのだ。

「はあ、、、はあ、、、ホントに中に出しちゃったけど、、大丈夫だよね、、」
「、、、うん、、大丈夫、、」

これはどういうことだ? 俺が愕然としてると、横のAが俺に言った。
「有美ちゃんがカラオケで言ってたんだよ。今日は安全日なんだって」
なんだって!? 俺に対しては、いつもスキン着用を要求してくるくせに、遊び相手
には中田氏OK? どゆこと? 俺は頭が混乱した。

そうしてるうちに、Bが有美からチンポを抜いた。「あんっ」と有美。
するりと抜けたBのチンポは自身の精液と有美の愛液でてらてらと濡れ光り、
ぱっくり開いた有美の膣口から、Bの精液がどろりと出てきた。完璧な中出しだった。

898 名前: こま 投稿日: 02/10/06 00:47 ID:nATyuWtP
満足そうな顔でAと交代するB、そしておどけた顔で手を合わせて、俺に「ごち」
と言った。

有美はまだ、縛られたままだった。開いていた足はすでに閉じていたが、半開きで
かすかに喘ぐ口や、上下に動く胸は、十分にいやらしさを醸し出していた。

そんな有美にAが近づくと、有美をころんと転がし、うつぶせにさせた。
「あん、、、どうなるの。。?」と小声で反応する有美。そこらかは不安の感情は
読み取れない。
Aはローションを手にとって、有美の背中を塗り始める。「あんっ」 有美は軽くの
けぞったが、すぐにローションの感覚に身をゆだねていった。

Aはローションプレイとアナル攻めを希望していた。何を隠そう有美はアナルが弱い。
次第に背中から、尻に向かっていくAの手。尻をなでられ、ぴくっぴくっと反応す
る有美。
そして、背中から尻のふくらみにかけててらてらと光る様を見るうちに、Bの中出
しをしばし忘れ、有美の痴態をじっと観察する俺だった。

899 名前: こま 投稿日: 02/10/06 00:52 ID:nATyuWtP
しばらく有美の尻をなでていたAが、少しずつ有美の尻のわれめに手を差し込んで
いく。
有美も期待しているのか、Aの「足を開いて」という言葉にも素直に応じ、有美の
若干開いたワレメが足の奥に覗いた。

Aは有美の開かれた尻のわれめに指を這わせていった。しかし、肝心のアナルには
中々触ろうとしなかった。じらされた有美は「んんっ、、、、」とじれったそうな
声を上げ、尻を欲しそうに少し上げた。

そんな有美を見てAは少しにやつき、有美に「もう我慢できないんだろ」と話し掛
けた。
有美は「んんっ、、、、はぁ、、、、、、んん、、、」とあいまいに声を立てつつ、
さらに少し尻を上げた。我慢できない、と体で答えているようだった。

そして、Aは手の動きを少し止めたあと、有美のアナルに指を少し挿し入れた。
「あっあはああああっっ!!!」尻をびくっとさせながら大きく喘ぐ有美。
その後も尻はぴくぴくっと反応した。

907 名前: こま 投稿日: 02/10/06 02:25 ID:nATyuWtP
Aはさらに有美のアナルを責めつづけた。
ローションを塗りたくった指を有美のアナルに容赦なく突っ込み、ぬるぬるっと出
し入れする。
指の角度を変え、人差し指をローリングさせながら有美のアナルに根元まで差し込
んだ。
「あっ、、はあっ、、、あんっ、、、」有美のアエギ声が次第に甲高くなっていき、
尻をさらに高く上げていく。
Aは指を二本にして、有美のアナルを責めつづけた。クロスされた人差し指と中指
が、回転しながら、有美の肛門を出入りする。さらに、Aは左手で有美のクリトリ
スを無造作に弄りだした。親指でぐりぐりっとされる有美のクリトリス。
「あああんっ!!ああっ!!」とひときわ高い声を上げる有美。
ローションならではの激しい責めだった。

908 名前: こま 投稿日: 02/10/06 02:25 ID:nATyuWtP
ちゅぽん。とAが有美のアナルから指を抜いた。徐々に下がっていく有美の尻。
「はぁ、、はぁ、、」と息荒く喘ぐ有美。
これで終わり? と俺が思っていると、Aが自分のペニスに残りのローションを塗り
始めた。
べとべとぬるぬるになるまでローションを塗りこむA。
そして、Aがうつぶせの有美に覆い被さり、ペニスを有美の”尻”にあてがった。

Aが腰を進める、、。「んんっ、、、」と苦しそうな声をあげる有美。
Aのチンポが有美の肛門を押していく。Aの握り締められたチンポが次第に有美の
尻のワレメにうずまっていく。そして、、、・
「んああっ!、、ああああっっっ!!!」有美がのけぞると同時に、ぬるんとAの
ペニスが有美のアナルに入った!
Aは、少しづつ腰を前後させながら、ゆっくりとチンポをアナルに埋めていった。
Aがチンポを押し込むと、アナルは見えなくなり、チンポを引くとむくっとアナル
が盛り上がる。
そんなことを繰り返しながら、遂にAの腰が有美の尻に密着した。有美はAのチン
ポの全てをアナルで迎え入れたのだった。

909 名前: こま 投稿日: 02/10/06 02:26 ID:nATyuWtP
ちょっと待て! 俺は有美とAのそばに行った。
これまで有美は、俺にアナルセックスをさせなかった。入れようとしてもしても激
しい拒否にあった。
それがなんだ。中出しはさせるは、アナルは入れさせるは、納得できん!
「おいおいっ そこまでやっていいとはいってねーだろ!」と既に有美のアナルをチ
ンポで陵辱し始めているAに俺はくってかかった。
しかし、Aは俺の反応をわかってたかのように軽くいなし、こういった。
「有美ちゃんが、アナルセックスに興味あるって言ったんだぜ?」

910 名前: こま 投稿日: 02/10/06 02:26 ID:nATyuWtP
マジかよ!?
俺はもうなんだかわからずに、今度は有美に噛みついた。
「有美っ! どういうことだ!? 俺にはアナルセックスなんて嫌がってたじゃない
か!」
有美は、アナルへのピストン運動を止めないAに喘ぎながら苦しそうに言った。
「あっ、、、はっ、、、んんっ、、、、そ、、、そうだっけ、、、、、」
「だいたい、中出しOKだ? 安全日でもコンドームつけろって言ってたじゃねー
か!」
「あっ、、、んっ、、、、Iも、、、いいよ、、、今日は、、、あんっ、、、」

ぶち。

911 名前: こま 投稿日: 02/10/06 02:27 ID:nATyuWtP
もう許さん!
俺は、アナルでつながったままのAと有美を一緒に転がして仰向けにさせた後、
有美の足を一杯に開いた!
そして、まだ勃起中のちんぽを尻に入れられてゆがんだまま開いている有美のマン
コにあてがった。
「えっ、、ちょっ、、、」と気づいた有美があせる。Aも動きを止めた。Aは俺を
とめる気はないようだ。
ぐっ、と有美の膣中にチンポを入れていく俺。手も使って半ば強引に押し込む。
「あっ、、、やだっ、、、」逃げようとする有美。それをAが下から抱きしめた。
俺は有美のマンコの周りの愛液やらローションやら精液やらをチンポに塗りたくり
ながらどんどん有美のマンコにチンポを埋めていった。
「あっ、、あああっ、、、いやっ、、ああんっ、、だめぇっ」
抵抗しだす有美。しかし、完全勃起ではなかった俺のチンポはキツイながらも
有美のマンコに全て挿入された。

912 名前: こま 投稿日: 02/10/06 02:27 ID:nATyuWtP
「ああああっっっ!!」と叫ぶ有美。俺は「全部入ったぞ、、、どうだ、有美」と
言った。
「ああ、、、、、きつい、、、、はぁ、、、はぁ、、、」と苦しそうに喘ぐ有美。
ただでさえキツイ有美の膣中が不規則に締まる。次第に俺のチンコは有美の中で
むくむくと勃起し始めた。

「あっ、、、おおきくなってる、、、」と有美が言った、
俺は「そうだ、、、。これから動くからな」と答えて、ピストンを開始した。
下にいたAも動き出した。
「ああっ?、、あんっ、、ああっ、、、やだっ、、ああっ!!」
有美が大きな声を上げて叫ぶ。俺は、Aのチンコの動きを裏で感じながら、
今まで見たこともない有美の喘ぎに興奮しつつ、どんどんチンコの動きを早めてい
った。

「あっ、、ああっ、、、ああっ、、んむぁっ、、んん、、ぐっ、、」
いつのまにかBが有美の口にチンポを入れていた。有美の頭を支えつつ、自分で腰を
動かしている。強制フェラだった。

913 名前: こま 投稿日: 02/10/06 02:28 ID:nATyuWtP
俺からは、有美の痴態が全部見えた。
俺には正上位にマンコを貫かれ、下から別の男にアナルを貫かれ、また別の男に口を
犯されている。
3穴攻め。4P。想像を絶する刺激だった。気絶しそうなくらいだ。
俺は、すっかりメスの鳴き声でよがり、喘ぐ有美を眼下に見ながら、フィニッシュに
向けて動きを早めた。
「ああっ、、、はあっ、、、ああっ、、、ああっ、、、」
「有美!、、そろそろ、、イくぞっ、、、中に、、思いっきり、、出すからな、、」
「ああっ、、、ああっ、、、いいっ、、、いいよっ、、、あああっっ!、、」
「、、、うぉっっ!」
どくどくどくっっ!
俺は有美の膣奥に容赦なく精液を注ぎ込んだ。

914 名前: こま 投稿日: 02/10/06 02:29 ID:nATyuWtP
そして、俺は有美からはなれた。
あまり動けなかったAが、強引に有美を横にして(その時、Bのチンポも有美の口か
ら抜けた)
アナルにピストン運動を開始した。
「あっ、、あっ、、、でそぅ、、、やっ、、、」と有美。
出そうというのは、やっぱり○んこのことだろうか?
Aはそれでも構わずピストンを続けた。
しかし、今度はゆっくり、ストロークを大きくして抜けそうになるくらい引いた後奥
まで差し込むという動きに変えた。
「ああ、、、やぁ、、、でそぅ、、、でちゃう、、、ああっ、、」と有美。
「なにが?」と有美の耳元で聞くA。
「、、、、う、、うんち、、、」と恥ずかしそうに答える有美。
Aはそれに興奮したのか、いきなり激しいピストン運動に切り替えた。
「あっ!? あっ、、あっ、、ああっ、、、だめっ、、、、」と喘ぎだす有美。
Aはペースを下げずに有美のアナルを責めつづけた。
「あっ、、あんっ、、やだっ、、、お尻で、、、イきそうっ、、、、ああっ」
「俺も!、、でるっ、、、、、うっ!!」「ああんっっ!!」

915 名前: こま 投稿日: 02/10/06 02:30 ID:nATyuWtP
Aの動きが止まった。腰がかすかに動いている。有美の直腸に精液を注ぎ込んでいる
んだろう。
しばらくして、Aのチンポが有美のアナルから抜き出された。
Aは自分のチンポを確認した後すぐに、風呂場に直行した。
Bが息を大きくついでいる有美の手の縛りを解き、目隠しを外した。
「はあっ」と息をつく有美。Bが「うんちは?」と聞く。「大丈夫、、」と有美が返事
をした。

916 名前: こま 投稿日: 02/10/06 02:30 ID:nATyuWtP
俺は、一発抜いた後で、もやもやした気持ちになっていた。
有美の俺に対する気持ちが完全に分からなくなっていた。
Aが風呂場から戻ってきると、有美が、もう眠いと言った。俺達は寝ることにした。
すぐには寝れそうになかった俺は、ソファで横になった。ホテルのベッドはクイーン
かキングサイズだから、3人で寝れるだろう。
ところが、有美が「I、横に来て」と言ってきた。その声はいつも有美が俺に甘える
ときに出す声だった。
有美の横で寝ようとしたAがベッドを降り、狐につままれたような顔をしている俺を
ソファからどかし、俺を有美のベッドに行くように促した。
俺は、有美の横に寝転んだ。向こうにはBが寝ていた。有美は俺が横になるとすぐに
腕を絡めて体をくっつけてきた。
そして「ごめんね」と言った。

917 名前: こま 投稿日: 02/10/06 02:31 ID:nATyuWtP
俺は、「わけわかんねー」とだけ言って、有美と目をあわさずにそのまま黙っていた。
すぐに有美から寝息が聞こえてきた。俺は有美を見た。いつもの有美の寝顔だった。
俺はそんな有美を見て、なぜだか少し気分が落ち着いた。そしていつのまにか俺も眠っ
ていた。
朝。俺達はホテルを出た。
ほとんど会話なく、それぞれが別れていった。最後に俺と有美だけになったが、それ
でも会話はなかった。俺はいろいろ聞きたかったが、いろいろなことが頭を駆け巡っ
て、黙ってた方が楽だった。
そして、有美の帰る駅についた。「じゃあね」とだけ言う有美。「じゃあな」と返す
俺。
少し名残惜しそうにしながら、有美は駅の中に消えていった。

918 名前: こま 投稿日: 02/10/06 02:32 ID:nATyuWtP
それから、有美から連絡はなかった。俺も有美に連絡しなかった。
その後、有美から正式(?)な、お別れメールがきた。内容の詳細は省く。
俺は「今まで有難う」とだけ返事をして、ケータイのアドレスから有美を消した。
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                萌えた体験談データベース

↑ ページ最上部に移動する ↑
PR(新着)
妻に黙って即売会に行くんじゃなかった1.5&2

隣の世話焼き奥さんが毎晩ボクを食べに来るっ

彼氏あり&旦那ありの女子達&人妻を寝取ってみました

ウラではヤってるクラスのあの娘

あの日のアヤマチ

幼馴染とその母親がガッツリ寝取られるお話

ナツノユウウツツ

ママカリ部

D.H ダンナニヒミツ ~石原さゆみ 32歳の場合~ 夏の浴衣の思惑

自宅で寝取られた勝気な人妻 ~家族に隠れて隣人に調教される女~

爆乳で処女でウェイトレスな彼女がバイト先の店長に生ハメセックスで寝取られてチンポ堕ちするまで

隣の人妻が催眠をかけられて寝取られた話

マナタマプラス総集編

茜ハ摘マレ染メラレル弐

茜ハ摘マレ染メラレル

孕妻 それは本当にあなたの子ども?

巨チンに寝取られたビッチ妻

人妻ゆかりさんのオフパコチャンネル ~ナマ配信は浮気じゃないんです~

黒人留学生に寝取られる人妻~後編~

黒人留学生に寝取られる人妻~前編~