お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                      萌えた体験談データベース

彼女の傷を癒してあげたい… 2

カテゴリ: 寝取られ&寝取らせ
522 名前: やさい 投稿日: 02/09/27 22:55 ID:XWYlCuNj

僕が動けないことを確認すると、WはMとY佳の方に行きました。
Y佳は激しく体を暴れさせて抵抗していました。しかしWが加わって、
男二人で組み敷かれると、かなうはずもありませんでした。
Wはまたもロープを手に持ち、Y佳を縛り上げていきました。
手とウデを縛られ、身動きを取れなくすると、Wは長い木の棒を持ってきて
Y佳の膝裏に挟みました。そして、MがY佳の足を広げさせた状態で、
棒ごと縛り上げました。Y佳は足で棒を挟んだ状態で開いた足を閉じられない
ように縛り上げられてしまったのです。
その後、MがY佳を押さえつけながら、Wが上半身を縛りなおしました。
SMのようにおっぱいをロープで挟んで、おっぱいが強調されるように縛られました。
ピアキャロのコスがびりびりに破られた状態のまま縛られ、
ブラもパンティーもつけていなかったため、おっぱいもおまんこも丸見えでした。
しかも、足が閉じられないように棒で突っ返されているため、Y佳がどんなに
ふんばっても、おまんこが閉じられることはありませんでした。

525 名前: やさい 投稿日: 02/09/27 23:08 ID:XWYlCuNj

Wが本物のさるぐつわを持ってきて、Y佳の口からタオルをはずしました。
すかさずY佳が「ばか! 変態! 外してよ!」「×○×ちゃんになにしたのよ!」
「レイプじゃない!」と叫びつづけました。
Wはうるせーなと舌打ちしながら、Mに口をあけさせてさるぐつわをはめました。
さらに、その上からタオルを巻いたので、再びY佳の叫びがくぐもって
聞こえなくなりました。

Mは僕に近づいてきました。そして、言いました。
「Y佳は、俺に惚れてんだよ。お前と付き合ったのも俺に近づくためだったんだとよ」
「お前の前で、コスプレセックスするのも、Y佳のアイデアなんだよ!分かったか!」
僕は、Y佳を見ました。Y佳は激しく首を振ってました。首を振りつづけながら
遂には泣き始めました。そんなY佳を見て、猛烈に怒りが込み上げてきた僕は
もがきながら、Mをにらみつけました。しかし、そこまでしか出来ない僕はMを
ムカつかせるだけで、足蹴2連発を食らっただけでした。

526 名前: やさい 投稿日: 02/09/27 23:20 ID:XWYlCuNj

そして、Wが僕のほうにやってきました。Mは再びY佳の方に行きました。
Wは落ち着き払ったかのような顔で言いました。
「まー、こうなるとは思ってなかったんだけどよ。お前よりMとの付き合いのほうが
長いんでな。ま、Y佳にがんばってもらえりゃMも落ち着くからよ。
顔が変形されるくらいまで殴られるよりマシだろ?
俺も、めったに無いチャンスだから、お前の彼女、有効活用させていただくわ。
しっかし、お前、あきれるくらい情けね-な。あーなるとは思わなかったぜ」
Wはそこまで話すと、どこからか拘束衣を持ってきました。SM好きの
彼の部屋でこうなることを激しく後悔しました。Wはロープで縛られた
ままの僕を拘束衣を着けれる範囲で着け、背中をなにかしらで固定しました。
僕は完全に動けなくなりました。

そして、WもY佳に向かいました。

527 名前: やさい 投稿日: 02/09/27 23:24 ID:XWYlCuNj

書きながらアップするの疲れました。
つづきは、明日にします。

ごめんね。ALL

539 名前: やさい 投稿日: 02/09/28 13:07 ID:Tdecp09V

出来が悪くてごめんなさい。でも最後まで書きます。
Y佳は「由佳」以外読めないので、伏せてもしょうがないから、由佳にします。
由佳は僕のことを「×○×ちゃん」と呼んでいますが、これは「かっちゃん」と言ってます。
でも、名前が二つになっちゃうし、途中で変えるとおかしいので、「×○×ちゃん」の
ままでいきます。読むとき、置き換えてください。
どうでもいいこと書いてすみません。

540 名前: やさい 投稿日: 02/09/28 13:07 ID:Tdecp09V

Mは由佳に話し掛けていました。「ひどい女」だの「うらぎりやがって」だの
「マンコ擦り切れるまでヤってやる」だの言ってました。
そのたびに、由佳はMをにらみつけていました。Mにののしられながら、おっぱいを
揉まれていても、汚らしいものを見るような目でMを見るだけで、反応なしでした。

その時、WがMに話し掛けました。
「まあまあ、収まれ。抵抗されたまま最後までっちゅーのは、本来お前の趣味じゃないだろ?」
「傷つけると厄介だし」「それも由佳次第だけどな」
そう言いながら、Wは由佳の顔を見ました。そして、由佳に言いました。
「せっかくだから、俺もいろいろ試したいんだよな。協力するよな?」
由佳はWをにらみつけました。でも、Mほど憎悪剥き出しというわけでなく、
恐怖が混じったような感じでした。Wの方が怒らせるとなにをするか分からないのです。
由佳はそれを本能的に察知しているようでした。

541 名前: やさい 投稿日: 02/09/28 13:08 ID:Tdecp09V

Wがしゃべりだしました。「一応、痛いのから、気持ちいいのまであるんだけど、
一通りやってみたいんだよね。クリピアスとか。クリにピアスするんだよ。
どお?ワクワクする?」Wが由佳にいろいろ聞きました。由佳は睨みから恐怖の
表情に変わっていきました。
Wの言葉は続きます。「どんなのが、好みかな。一応由佳の希望も聞いてあげるよ。
スパンキング系とか、ボンデージ系とか、ローソク系、スカトロ系、、、。
どれからがいい?」
由佳は動きを止めてしまいました。Wの表情だけを恐怖の目で見ていました。
「ちゃんと、答えろよ!」余裕を取り戻したMがニヤニヤしながら由佳を促しました。

542 名前: やさい 投稿日: 02/09/28 13:08 ID:Tdecp09V

しばらくして、Wが言いました。「あ、でも、口が動かせないか。じゃあハイか
イイエで答えられる質問にしようか」

「由佳、ヒドイことされたくない?」由佳がコクコクと頷きました。
「ヒドイことされたい?」ぶんぶんっと首を横に振ります。
「ヒドイ事されたくない?」 こくこくっ
「ヒドイ事されたい?」 ぶんぶんっ
「されたくない?」 こくこくっ
「されたい?」 ぶんぶんっ
「されたい?」 こくっ・・ぶんぶんぶんっ!

「されたいか、そうか、じゃあ仕方ないだろ」とWはMの方を向きました。
Mがぎゃははっと笑いました。由佳は恐怖と怒りが入り混じった表情でWとMを
見ていました。僕も、馬鹿にされている由佳を見て怒りがこみ上げてきて、体を
もがきました。

543 名前: やさい 投稿日: 02/09/28 13:30 ID:Tdecp09V

由佳は縛られたままの状態で座椅子に座らされ、その座椅子をMが僕の正面に持っていきました。
僕から、由佳の痴態が真正面に見えました。由佳は僕を見ました。由佳も僕の状態が
はっきり分かったみたいでした。由佳は心配そうな顔をして僕を見てました。
多分、僕の顔が腫れているのでしょう。右頬がずきずきします。
由佳は、足を棒で閉じられない状態で開かされていました。その棒は由佳の背中に回った
ロープで両端を固定されていました。したがって由佳は足を開いたまま半分くるまってる
状態で、膝は胸あたりまで上がっていて、開いたおまんことお尻の穴が見える体勢でした。
両手は後ろ手に縛られて、おっぱいを上下から挟み込むような感じでロープが回っていました。
おまんこはすっかり乾いていました。
由佳は、上から下までまじまじと見る僕に気づいて、顔を赤らめながら伏せてしまいました。

544 名前: やさい 投稿日: 02/09/28 13:37 ID:Tdecp09V

その様子を見てたMが僕に言いました。
「勃起したかよ。コラ」と僕の股間をけりました。そのとおり勃起していた僕は
ちんぽに衝撃を受けましたが、大したことはなかったので、Mを睨み上げました。
それを見て、Mは余裕の表情を浮かべ、「お前の目の前で由佳をやってやるよ。
由佳もひどいことされたいみたいだしな、ぎゃはははっ」
「お前は、黙ってみてればいいんだよ。黙ってれば、お前にも最初で最後の由佳の
マンコを味あわせてやる」僕はその間中Mをにらみつけてました。
Mはそんな僕の顔を蹴り上げました。その拍子で頭が後ろの壁にガンッとあたりました。
由佳から「ひぅっ!」という息を飲む声がちいさく聞こえました。

545 名前: やさい 投稿日: 02/09/28 13:47 ID:Tdecp09V

そんななかWがやってきました。何か手に持ってます。
Wが僕に一瞥した後、Mに言いました「やるんだろ?」Mが返します「ああ」
Wが手にもったビンを上げて「じゃあ、これ使おう。由佳もすぐには濡れないだろうし」
不安そうな顔をする由佳にWが話し掛けました。
「由佳、いますぐマンコ濡らしてくれりゃ、これ使わずに済むんだが。できるか?」
由佳は黙ってしまいました。できるわけありません。
Wが言いました「これな、塗るだけで、びちょびちょになって我慢できなくなる
クリームなんだよ。成分が知りたくて資料として買ったんだけど、使ったこと無いんだよな」
「成分はなんだったんだ?」とMが聞きました。「いや、ほとんど書いてなかった。
外国産だし。失敗したよ」とWが答えた後、再び由佳に言いました。
「でも、よく効くってその筋では有名なヤツなんだよ。ただ、女性向けだから、
使ったこと無いから」といって、クリームを手に取りました。
クリームは無色透明でした。由佳は恐怖の目を浮かべていました。

546 名前: ya 投稿日: 02/09/28 14:14 ID:Tdecp09V

Wはクリームを取って言いました「うわっ、手にとると、微妙にジリジリくるんだけど」
と言いました。Mは「やばい成分入ってんじゃねーの?」と笑いながら聞きます。
「塗りすぎはヤバイとか言ってたな、ヤク入ってたりして」とこともなげにWが言います。
由佳は小刻みに体を震わせていました。

Wが由佳に言いました。「じゃ、ぬるぞ~。由佳がどうなるか、楽しみだな」
由佳はいやいやと首を振りました。うー、うーという唸りもくぐもって聞こえます。
腰もねじって嫌がりましたが、おまんこがねじりにそって変形して、かえって
いやらしい感じがしました。
そして、Wが由佳のおまんこにクリームにつけました。由佳の体がびくっと震えました。
Wはおまんこの周り、入り口、クリトリスに満遍なく塗りこみ、指で膣の中まで
塗りこみました。由佳はその間も体をねじっていましたが、それで塗りにくくなるような
ことは無いようでした。
Wが塗り終わると、しばらくMと二人で由佳の様子を見ていました。
僕も、目を見開いて由佳を見ます。このときは僕も怒りよりも興味の方が勝っていたような
気がします。

548 名前: やさい 投稿日: 02/09/28 14:31 ID:Tdecp09V

由佳は肩を上下させて、息を整えていました。
ときどき眉をひそめていますが、特にこれといった変化はありませんでした。
ヒマになったWが手についた余ったクリームで、由佳の乳首にも塗りこみました。
すっかりおとなしくなった由佳はびくっとしましたが、やはりその後も変化はありませんでした。
Mが「ぱちもんか?」と言いかけて、足を後ろに引いたとき、僕の嘔吐物を踏んでしまいました。
「うわっ、きたねっ!」とM。Wは「あ、そうか。まだあったな」と言いました。
Mは「んだよー! なんとかしろよ!」と言いました。するとWがしょうがねーなと
言いつつ、押し入れから袋を持ち出してきました。
Mが聞きました「なんだそれ?」「おがくず」
Mが言います「お前、なんでも持ってんなー、どこから買うんだ?そんなもん」
Wが言います「まあいろいろ必要になるんだよ。人間の8割は水だから」
「最近は、消臭剤を混ぜてあるのもあんだよ。コレもそう」
そう言いながら、僕の嘔吐物の上に、おがくずをかけていきました。

549 名前: やさい 投稿日: 02/09/28 14:31 ID:Tdecp09V

そうこうしてるうちに、由佳から小さな声が聞こえました。僕は由佳を見ました。
MもWも気づきました。「お?利いてきたか?」
由佳は真っ赤な顔をして、目を閉じて眉をひそめ、息を荒げていました。
腰をねじらせて、お尻を座椅子に擦りつけています。
由佳のおまんこは、てらてらに光ってて、確かにびちょびちょになっていましたが
クリームを塗っているので、それのせいかもしれませんが、明らかにクリームを
塗った直後とは違う感じがしました。クリームよりさらさらした液体がおまんこから
お尻の穴にむかって流れ出していました。

562 名前: やさい 投稿日: 02/09/28 15:22 ID:Tdecp09V

ごはん食べてたんだけど、
ゆかとぺーのやり取りみて、ちょっと書く気なくした。

今日はココまでにしようかな・・・。

568 名前: やさい 投稿日: 02/09/28 15:35 ID:Tdecp09V

わかった、つづける。

彼女と同じ名前のひとがツーショに誘われるのを見て、辛くなっただけなんだ。
ただでさえ、書きながらリフレインしてるんだからw

僕の方こそ、萌え場を自らつぶしてごめんなさい。ALL

すぐ、つづけます。

571 名前: やさい 投稿日: 02/09/28 16:08 ID:Tdecp09V

Mは「おーおー効いとる、効いとる」といって、由佳に近づきました。
「もうそろそろ、外すか」と言ったWが由佳の口から、タオルを外しました。
タオルを境に、色が分かれていた由佳の顔が徐々に戻ります。口の端からは少し唾が垂れていました。
Mが「どうだ、どうかなったか?」と由佳にわざとらしく聞きました。
由佳は何かいいたげな表情を浮かべてWとMを見上げました。
まだちょっと怒りの表情が混じってる気がしましたが、どちらかというとお願いしようとしてる表情でした。
Wが「もう叫んだりしないか?」と聞くと、由佳は少し考えた後、ちいさく頷きました。
それを聞いて、Wがさるぐつわを外しました。由佳は「あっ」と言った後、息を継ぎました。

573 名前: やさい 投稿日: 02/09/28 16:09 ID:Tdecp09V

Mが「で?」と由佳に聞きました。
由佳はMとWを見上げました。眉をときどきひそめて、きつい目と泣きそうな
目を交互に繰り返しています。相変わらず腰はときどきよじりながら。
そして、くちゅ・・という音が由佳のおまんこから聞こえました。
「で?」
その様子を見てたMが再び由佳に聞きます。

由佳はうつむいたり、見上げたりを繰り返したあと、消え入りそうな声で
「・・お願い・・」と言いました。

574 名前: やさい 投稿日: 02/09/28 16:09 ID:Tdecp09V

Mは、すかさず「なにを?」と聞き返しました。
「なにを、どうして、欲しいのか、言ってみな」
言葉を区切りながら由佳に問い正すM。由佳はMを絶望的な表情でにらみつけました。
すぐに、苦しそうな表情に変化し、「んっ・・・んんっ・・・」と
声が絞り出されてきます。どうやら、定期的に我慢できなくなるようです。
僕は由佳のおまんこをもう一度見ました。今度ははっきり由佳の愛液があふれてるほどに
流れ出していました。由佳が腰をよじると、愛液が開いたおまんこから、とろっと
流れ出していきます。マンガでしかみたことないような光景でした。

577 名前: やさい 投稿日: 02/09/28 16:25 ID:Tdecp09V

何度か、Mに言おうとしてうつむく由佳。そして
「・・・・・・くやしい・・・」由佳はちいさく搾り出すようにいいました。
そして、どんどん由佳の目に涙がたまっていきました。
それでも、クリームの刺激は容赦なく由佳を襲っているようでした。由佳は
腰をよじらないように我慢していましたが、そのかわり足や体全体がガクガクし始めました。

しばらく黙っている由佳を見てたMが急にWに言いました。
「何して欲しいか言わねえようなら、もういいよ。おい、W、口かましとけ」
Wは、肩をすくめて頷くと、さるぐつわを由佳の顔に持っていき、はめようとしました。
由佳はすかさず口をつむって、激しくかぶりを振ってはめられるのを拒否し、
すかさずMに向かって、半泣きの声で言いました。
「入れてっ! おまんこに入れてくださいっ!」

僕は、ハンマーで殴られたような衝撃をうけました。

578 名前: やさい 投稿日: 02/09/28 16:28 ID:Tdecp09V

>>575
さるぐつわは、口かませのこと。由佳がされたのはSM道具っぽい
ヤツだったので、他に名称があるはずです。でも、僕は知りません。

583 名前: やさい 投稿日: 02/09/28 17:50 ID:Tdecp09V

Mは「この淫乱女」とののしりながら、ズボンを下ろし、ちんぽを出しました。
Mのちんぽは大きくそり立っていました。Mも我慢の限界だったのかもしれません。
由佳は、うつむいて「えっく、えっく、、」と嗚咽を漏らしていました。
Mは、由佳の前に座り、ちんぽを構えました。
Wが言いました「じらした後の最初の挿入が最高なんだってよ。どこも愛撫せずに
いきなり行くんだぞ」Mはよっしゃと言って、ちんぽを由佳のびしょびしょに開いた
おまんこの入り口であてがいました。その瞬間、由佳の体がびくっとはねあがりました。
Mはすこし驚いて、由佳を見ました。由佳は、うつむいて激しく呼吸していましたが、
何も起こらないのを感じて、ゆっくり顔を上げ、うつろげにMを見ました。

587 名前: やさい 投稿日: 02/09/28 18:17 ID:Tdecp09V

「入れて、欲しいんだろ?」とMが由佳に聞きました。
半分口を開けて、ぼーっとした目でMを見る由佳。そこから怒りの感情は読み取れませんでした。
そして、由佳はゆるくコクンと頷きました。

Mはそれをみると、腰をすこし上げました。いよいよ由佳が貫かれてしまいます。
でも、僕は動けませんでした。というより動こうとしませんでした。
今の由佳は完全にMのちんぽを欲していました。それがクリームのせいなのか
あきらめてしまったのか、心まで堕ちてしまったのか、それはわかりませんが、
とにかく、今僕がもがいてもしょうがないと思ってしまったのです。

589 名前: やさい 投稿日: 02/09/28 18:18 ID:Tdecp09V

「ぁぁあああああっっ!!!」由佳のひときわ大きなアエギ声が部屋に
響きました。どうやらMのちんぽが由佳のおまんこの中に入ったようでした。
僕の位置からはMの背中と由佳の顔の一部しか見えなかったのでわかりません。
由佳は顔をのけぞらせていました。

Mが背中を震わせて、のけぞりました。
「うわー・・。すっげぇ・・・。すっげ熱いし、すっげぐちゅぐちゅ。
しかも、すっげー締まる・・・。心臓の動きに合わせて、締まってきやがる」
Mが由佳のおまんこの具合を解説しました。
それを受けてWが聞きました「そりゃ凄そうだな。で、お前のはどうなんだ?クリームの影響は?」
Mが返します「これといって、特に。もう全部吸収されたんだろ。・・・じゃ、動くぞ、由佳」

Mの背中と腰が動き始めました。最初から激しい動きです。
それにあわせて由佳があえぎ始めます。
「んんっ!・・・んっ、んっ、、、はあっ!、、、」

590 名前: yasai 投稿日: 02/09/28 18:35 ID:Tdecp09V

Mは激しい動きを止めません。由佳のお尻の下は愛液でべっとり濡れていました。
Mの「はっ!・・はっ!・・」という荒い息つぎ、
由佳の「んっ、、んっ、、」というアエギ声、
そしてかすかに聞こえる「くちゅっ、くちゅっ」と聞こえるおまんこを貫かれる音。
その三つの音が部屋に響いていました。

Mが動きながらいいました。「もっと、声出せよ、由佳」。
そういえば、由佳はさっきから押し殺したようなアエギ声しか出していませんでした。
Wが「恥ずかしいんじゃねぇの?」というと、Mはちっ、と舌打ちしました。
そして、急に由佳が「ああああっっ!!」と叫びました。
「へっ、、、乳首はいきなりつままれても痛いだけじゃないのかよ」とMが言いました。
体全体を揺らされている由佳から、激しく揺れるおっぱいが見えました。
乳首がすごく勃っていました。僕は乳首にもクリームが塗られていたのを
思い出しました。Mは、体を支えている方のウデを代え、僕から見える方の乳首を
ぎゅーーーっとつまみました、同時に「あああっ!」という由佳の叫び声が
聞こえました。

592 名前: やさい 投稿日: 02/09/28 18:45 ID:Tdecp09V

「やべ、、そろそろ、、」とMが言いました。
そして、すぐに「やべっ、、、、でるっ!、でるぞ! 由佳!」と叫び
Mの背中が止まり、腰が震えました。
由佳は、「んんっ!・・・」と言って、由佳も動きが止まりました、
Mはその後、腰をゆっくりグラインドさせて、余韻を楽しんでいるようでした。

Wが「はっええー!」とおどけました。「っせー。クリームの影響だ、クリームの!」
とMが言い訳します。Wは続けました。
「それに、中だしかよ・・・。後々影響するようなことすんなよな」
「へっ、、、後で、×○×にもさせりゃ、いいんだよっ、、」とMが
言いました。

593 名前: やさい 投稿日: 02/09/28 18:49 ID:Tdecp09V

Mは、息が落ち着くまで抜かずに、由佳を見ていました。由佳も息を整えながら、横を向いていました。
「はぁ、はぁ、、、由佳もすごかったぞ、、、由佳もイったんだろ?、、」
由佳はMの方を向きました。そして、Mに向かって言いました。

「ソチン。ソーロー」

594 名前: やさい 投稿日: 02/09/28 19:00 ID:Tdecp09V

ぶっ! Wが吹き出しました。

僕は、”Mの大きさでソチンなら僕だってソチンなのに”と、
こんなときなのにとても馬鹿なことを考えてしまいました。
すると

パンッ!!

部屋に乾いた音が響きました。僕はハっとしました。

パンッ! パンッ!

「おいっ、やめろっ」Wが手を上げているMのウデをつかみました。
Mは顔を真っ赤にしていました。
由佳は、横を向いて、痛みをこらえていました。

598 名前: やさい 投稿日: 02/09/28 19:31 ID:Tdecp09V

「てめぇっ! 立場わかってんのか!」とMは叫びました。
WがMをなだめ、由佳の顔に近づきました。
「由佳も由佳だ。そんなズバリ言っちゃ、Mがかわいそうだろ。。。くくっ」
Wは笑いをこらえられないようでした。その時、由佳がWの顔に唾を引っ掛けたのです。
「っ!・・・」と不意を突かれて横を向くW。

由佳がWをにらみながら、言いました。
「はぁ、はぁ、、、変態やろー。早く死んでよね。」

僕は、そこまでする由佳が信じられませんでした。同時に、由佳がWを怒らせたことで
急に僕の動悸が激しくなってきました。
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                萌えた体験談データベース

↑ ページ最上部に移動する ↑
PR(新着)
妻に黙って即売会に行くんじゃなかった1.5&2

隣の世話焼き奥さんが毎晩ボクを食べに来るっ

彼氏あり&旦那ありの女子達&人妻を寝取ってみました

ウラではヤってるクラスのあの娘

あの日のアヤマチ

幼馴染とその母親がガッツリ寝取られるお話

ナツノユウウツツ

ママカリ部

D.H ダンナニヒミツ ~石原さゆみ 32歳の場合~ 夏の浴衣の思惑

自宅で寝取られた勝気な人妻 ~家族に隠れて隣人に調教される女~

爆乳で処女でウェイトレスな彼女がバイト先の店長に生ハメセックスで寝取られてチンポ堕ちするまで

隣の人妻が催眠をかけられて寝取られた話

マナタマプラス総集編

茜ハ摘マレ染メラレル弐

茜ハ摘マレ染メラレル

孕妻 それは本当にあなたの子ども?

巨チンに寝取られたビッチ妻

人妻ゆかりさんのオフパコチャンネル ~ナマ配信は浮気じゃないんです~

黒人留学生に寝取られる人妻~後編~

黒人留学生に寝取られる人妻~前編~