お知らせ
このブログには寝取り寝取られなど背徳的な体験談が掲載されています。
成人向けですので18歳未満の方は下方向にスクロールせずこちらから退出して下さい。
お世話になっているサイト様の最新記事
FC2官能小説Blog Ranking                    愛と官能の美学                      投稿パラダイス掲示板

友人の彼女と遊んだ話 4

カテゴリ: 寝取り&上淫
好きな彼女R2人は結婚を具体的に考えている。
友達の彼女だったM、最初はRとは違う雰囲気に憧れ
チャンスがありデートする、一気に関係が深まり
会えばセックスをする関係になった。
当初は大人しいMだったが、実際は積極的な女
Rの存在を疎ましく思いながら、私と付き合っている。

これは皆同じだろうけど、私は身体を交わせば、
それなりに情が移ってしまう。
Mとも三週続けて会い、情を交わした結果
やはり愛しく思ってしまう。
しかしやはりRの存在は自分の中では大きい。
2人からはメールが毎日数通くる。

Mからのメールは、とにかく「愛してる」「会いたい」
「都合の良い女でいい」「何か尽くしたい」など
毎回ラブレターのようなメール。
平日も毎日会いたい!と言うような勢いだ。
Rからのメールは、まるで奥さんのようなメール
「体調はどう?」「ちゃんと昨日は寝れた?」
「クリーニング出した?」「ご飯なに食べた?」など。

これが、Rと既に結婚していて、Mが愛人や恋人のような関係
ならば、それはそれで有り難い存在かもしれないけれど
私は独身で、Rとの結婚も日取りまでが決まっているわけではない。
いわゆるまだ恋愛をしている時期なわけで、中途半端になっている
事は事実だ。Mのストレートなメールもそれなりに心地良いし
Rの思いやりの溢れるメールもとても嬉しい。
Rは一見派手に見えるし、お高く止まっているようにも見えるが
実際はとても家庭的である事は、付き合わないとわからないであろう。

Rとの出会いを思い出してみた、三年前コンパのような飲み会で
一際目を引く美人がいた。スタイルも私好みの胸はないものの
スレンダーでお洒落な女。 サバサバしている所もあり
性格はきつそうだが、とにかくストライクだった。
二件目、三件目に行く際も、Rの側から離れる事もなく
Rも間違いなく私の気持には気づいていたはず。
その時のメンバーも、私の行動やRの嫌がらない素振りをみて
あえて触れずにほっといてくれた。

通常のコンパや遊びの集まりなら、いい女が居たら
最後まで遊びたいと思うのだが、この時のRに関しては
遊んではいけないと思った。
何とか本気で付き合いたいと思い、彼氏が本当に居ないのか?
何度も問いただすも、「居ないよ」と答えてくれた。
私の経験上、居ても自分の事を嫌じゃなければ「居ない」と
言ってくれるものだ。それだけ目を引くRだったから
狙っている男は何人も居た事は後からわかった。

Rとはその後、無理やり何度もデートに誘い
時間を沢山共有し、私だけの女になってくれた。
後で聞くとRは、あなたといる時が一番楽しかったし
正直セックスが今までで一番良かったと。
男としては嬉しい言葉だ。
私と正式に付き合うまでは、複数の男と寝る時期もあったらしく
そんな事もちゃんと正直に話してくれた上で、
「今後はあなただけを見て、あなただけを愛させてください」と
言われて一気に二人のエンジンが掛かったのを思い出した。

ああ・・・そう言えばRとの出会いや付き合うまで
そして今までの3年間、喧嘩もしたけど楽しく愛の溢れる
時期を過ごしたなぁ・・と思い返し。
また、この三年間Rは綺麗でいる事を心掛けてくれていたし
私の好みに何でも変えると言ってくれて、髪形や化粧など
たまにぼそっと言う事を実践してくれた。
彼女は一度も浮気はしていないと断言出来るぐらい
私だけを見つづけてくれた。(私は、遊びはありましたが・・)

やっぱり私にはRが必要。
こんな自分にとっていい女は他には居ない
失ったら絶対に俺は後悔するだろう。
Mもけなげで可愛いが、やはり俺の女はRだ。
改めて自分の中で結論はだした。
一度はRと別れてMと付き合おうとも少し考えた。
6:4でMに気持が傾いていたが、やはりRとこのまま結婚したい。
と思い直してスッキリした。
私はMと話をし、すぐに別れられないなら時間を掛けて
別れる方法を取ろうと・・思った
ちゃんとMとは話をしなければ・・・・

Mとちゃんと別れようと決めた私だったが、Mとは
三週連続で会っているし、一度も別れをほのめかした事も無いし
すぐにもう会わない!なんて感情的にも言えないし
なによりMはRの存在も知った上で、付き合っている形に
なっているので、Mとしてみればこれで別れる!なんて話を
したら、きっと傷つくだろうし、怒るだろうと容易に推測は出来る。

相変わらず携帯へのメールは沢山来る。
たわいも無い話から、今度いつ会える!というものまで
気にかけてくれているのが良くわかる内容だ。
まずは会わなくては始まらないし、会おうと決めた
週末の事ではかすかにRも疑わしいと思っている感じはするし
金曜日に会う事は避けようと思ったが
Mからは金曜日じゃなきゃ嫌だ!と返事が来る
しょうがないので当日に帰ることを前提に早めに
金曜日会う事にした。

しかも、あまり変な感じにならないように
明るい活気のある所で食事しようとも決めていた。
Rには麻雀とまた嘘をつき、多少遅くなっても言い訳が出来る
ような嘘にしておいた。
Mとは19時に銀座で待ち合わせをした。
少し早めについた私だったが、そこにいたMは・・・
いつもと感じが違うMだった。

会社で着替えたというMは、派手目のスーツで
マイクロミニのようなスカート、ヒールの高い靴と
化粧はかなり気合を入れている・・。
いわゆる男好きするカッコだ。
元々スタイルは良いし、こんな派手なかっこもすれば似合う。
通り過ぎた男は、全身と顔を見ようと、みんな振り返るような見映えだ。
Mを良く知る私は、少し違和感を感じたが、同時に少しドキドキも
してしまった。

私「うわぁ・・今日はなんだかきめてるね」
M「だって~Rちゃんいつもおしゃれしてるから」
 「ちょと張り合ってみた 笑」
ああ・・言う事が可愛い。。
いかんいかん今日はプチ別れ話をする為に会うんだ!と思いながら
店に入った。ここはカップルがそんな行くような所ではなく
今日のMのいでたちには尚更合わない。
けれど、これでいいのだ。

Mは「こう言うところ2人で来るの初めてだねー
なんか親近感があっていいなぁー」
ん・・・逆効果か・・
会えば会ったで、色々と話はあって
Mが先日、電車で男に声を掛けられた事とか
別れた男から連絡が来て困っているとか
会社で口説かれているとか、どうやら私にヤキモチを妬かせよと
しているのが手に取るようにわかる。

色々な話を聞くが、私からはあまり話しはせず
どうやって切り出そうか、タイミングを見計らっていた・・。
M「今日Rちゃんは?」
私「ん?遅くなるからとは言って来たよ」
M「ええーー今日は帰らないよ!じゃなくて?」
私「んー今日は家に帰るよ」
M「なんで?私に飽きた?嫌いになった?」
私「いや、そうじゃなくて、色々考えてさ・・・」
M「何を?」

Mと核心に迫る話をし始めた私でしたが
Mからのほんの少しの言葉に動揺をしてしまいました。
私「いや、飽きたとかじゃないんだよ」
 「Mの事もホント好きなんだけど、色々考えて」
 「やはりRと別れる事は出来ないと思った」
 「だから、もっとMの方を好きになる前に」
 「Mとは距離を置こうと思ったんだ・・ごめんね」

Mは「元々付き合うとかじゃないじゃん・・」
  「遊びでもセフレでもいいから、続けていこうと」
  「いうことじゃなかった?Rちゃんと別れなくていいよ」
そう言いながら、目には涙をうっすらためて
節目がちにうつむいていた・・。
不覚にも可愛いなぁ・・と思ってしまい。
一瞬の内に色々と考えた・・

私「でも、このままMと会ってたら、Rともあまり会わなくなるし」
 「その内Rにばれちゃうし、やっぱり双方にそれじゃ申しわけないよ」
M「だから!私の事は適当でいいし、私にも彼が出来るかもしれないでしょ」
「今はあなたが好きだけど、その内寂しくなったら他の人と遊ぶかも
 しれないもん・・」
「だからそんな寂しい事言わないで・・・」
私はどうしたものかと考えた。

Mは「本当に飽きたらいつでも捨ててくれていいから・・」
  「絶対に迷惑かけないから・・・」
  「御願い・・」
Mは本格的に目に涙が出てきたが、この店では女の
涙は異様な光景だ・・
とにかく店を出る事にして、会計を済ませ
Mと外に出た。
Mは「どちらにしても今日だけは一緒にいて・・御願い・・」

私はどちらにしても、今日はこれ以上の別れ話は得策では
無いと思った・・・
Mは声を出して泣かないにしても、目からはボロボロ涙が
出ていて、せっかくばっちり決めた化粧が落ち掛けていた。
M「ねぇ・・今日だけ・・」
私「・・・うーん・・送るから帰ろう・・。」
M「御願いだから・・」

もうこれ以上は無理だと思い、ホテルに行く事にした・・
私の意志は弱すぎだ・・・
私「じゃあ今日は一緒にホテルで寝よう・・」
M「うん・・有難う」
銀座からタクシーで、上野に向かい、ホテルへ入った。
部屋に入るなり、抱きついてきたMはベッドに私を
押し倒すようにキスをしてきた・・
舌をいっぱい入れてきて
M「大好き好き!好きなの・・!」
と言ってくれた・・

私は圧倒される形で、されるがままにしていたが
そのままスーツのパンツを下ろされて、洗ってもいない
ペニスをされるがままになっていた・・。
M「ねぇ気持ちいい?どうして欲しい?ねぇ・・」
色々と問いかけながら、Mは愛しそうに愛撫していた
私「なぁ、お風呂はいってないから汚いよ・・」
M「いいの・・この匂いが好きなの」
 「御願い、飲みたい口に出して・・」
そう言いながら口と手のスピードがあがり、Mの口の中に
果ててしまった・・・

ホテルに着くなり一方的にMに口で責められ
不覚にも口内でいってしまった・・・。
しかもMはそれをゴクンと飲み込み、射精したばかりの
ペニスを奥から先までじっくりとフェラし続けた・・
今までRに何度か飲まれた事はあるが、なにか精液を
飲まれるというのは、申しわけない気持になるし
射精したばかりのペニスをフェラされると、非常に気持が良い。
こうなるとまたMのペースになってしまう・・

M「いっぱい出たよ・・飲ませてくれてありがとう」
 「Zのどうしても飲みたかったの・・」
 「Rちゃんは飲んでくれる?どっちが上手い?」
私は「そんなの比べられないよ、でもなんか申しわけないなぁ・・」
  「精子なんて飲むの気持悪くない?」
M「本当に好きな人のものなら飲みたくなるものよ」
私「・・・・」

その後、一緒に風呂に入るも・・・
Mは私の全身を洗い、まるでソープ嬢のように風呂場でも
何度もペニスを口に含み、何度も大きくなるそれを見て
満足しているようだった。
風呂から上がり、私にもたれかかりながら甘えるMを
抱きしめることも出来ず、中途半端に触れ合いながら
一緒にテレビを見たりしていた。
あっそうだ・・Rに連絡しなきゃ・・。
Rを思い出し、なんとかMの隙をみてメールをしたかったが
Mは片時も離れる事が無い為、
私「今日は泊まる予定が無かったからRにメールしてもいいかな?」

M「勿論いいよーして・・」
「私のせいで駄目にならないようにして・・」
「私は末長くこの立場でいいから・・」
なんとも矛盾しているような話だが、携帯からマージャンが
徹夜になりそうだから、明日またメールする、とメールを入れ電源を切った。
私「Mは他に男はもういないの?」
M「いないよ、全部切ったもん、私の体と心は全部あなたのものよ」
そう言われてもピンとは来なかったが、重くもあり正直嬉しくもあったのは
事実だった。

そのままベッドに入ると、Mは片時も私の体から離れようとせず
キスをしてきたり、手は常にペニスに触れていて、乳首をなめてきたり
お腹や脇の下もキスしてくる・・・
そうしているうちにまたMはペニスを口に含み
大きくなったものをゆっくりゆっくり時間を掛けて舐め上げる・・
玉袋や裏筋、お尻の穴の近くまで愛撫してくる。
そのまま上にのしかかり、挿入しながらゆっくり腰を動かす。
私が腰を動かそうとすると、
M「駄目、あなたは何もしないで」
そう言いながらいやらしく腰を動かしながら、いやらしい顔をこちらに
向けるのだった。

こうなるとMの印象は最初の時とガラリと変わり
今は風俗嬢顔負けの奉仕を私に対してする女になっている。
決して早い方ではないが、Mのフェラからの挿入で気持ち良くなった
私は一気に中に果てた・・・
M「あっ出たんだ嬉しい」
「中が暖かくて気持ち良いよ・・」
「あのね・・・あなたが中に出すの好きだからピルを飲む事にしたの」
「今後はいつでも中に出してね」
「Rちゃんは飲んでないでしょ?」

ああ・・・なんともかんとも・・
ピルがどうのこうのではないが、ここまでなぜに私の事を
想ってくれるのかわからないほど、Mは一生懸命になっている
Rへの対抗心なのか、純粋に私が好きといっても
あまり実生活でそれ以外に関わりがないし
わけがわからないまま、その晩ももう一回セックスし・・
Mをちゃんといかせてから寝た。
翌日は雨だったが、Mをタクシーに乗せ
それぞれ帰路についた・・・
万が一でもRが部屋にいない事を祈りながら・・・

部屋におそるおそる入るもRは居なくて
安心して改めてシャワーを浴び、昨日の晩の事を考えていた。
Mと距離を置こうと会ったのだが、実際は濃密な時間を過ごしてしまい
Mと何度も抱き合ってしまった・・
Mはこの立場で良いと言うが、結婚もしていない私が
片方の女公認で二股など器用な事が出来るはずもなく
しかも、Rにはそろそろ疑われてもしょうがないぐらい
最近は週末をMに時間を取られている。
今一度色々と考えさせられた・・。

考えても結論が出るわけでもなく、MからもRからも
携帯へはどんどんメールは来るし、自分でもどうして良いか
わからなくなっていた。
Rは好きだし何も悪い事してないし、愛している。
Mは嫌いではない、むしろ好きだが、これ以上の関係には
なれないと改めて考えるも、正直セックスは今のMとは最高だ・・・
Rとも長く付き合っている割には相性の良いセックスをしているが
今のMの奉仕セックスは捨てがたいなどと・・
邪心が出てきた・・・
あとでこの邪心が大きな災いを私にもたらすわけだが・・

Rを大切にする為にMとの距離を置くつもりが・・
自分の意思の弱さで、ずるずるとMとも会い続ける事になってしまった。
Rは全く気付いて居なく、平日もたまに私の家に泊まって
一緒に会社に行ったり、週末もMと会う時は、Rと確実に一緒に
居ない時にしか会わなかったし、上手くやっていたと思う。
RともMとも交互のようにセックスもしていた。
私も駄目な男だが・・交互にするとその都度ペニスに伝わる快感が
新鮮で、いつどちらとしても新鮮で気持の良いセックスが出来ていた。

Mは相変わらず尽くしてくれて、何でも私の言う事を聞いてくれた。
Mが言うには、
「私の立場は、あなたの望みを100%叶えてあげないと・・」
「あなたが楽に付き合えるようにしないと・・」
というのが口癖だった。
Rと会っている時はメール一つして来ないし
せいぜい意地悪をするとすれば、これからRと会うとか
明日会うとかわかっている時に、何度もセックスや口で精子を
出させられる事だった。

そんな生活が一ヵ月半ぐらい続いて、私も二股を掛ける付き合いに
慣れて来た頃だった、先週末は金曜日R、土曜日夜よりM、日曜日午後よりR
なんて当たり前に過ごした週の明けの火曜日だった。
なんだかいつもと体の調子がおかしくて、下腹部が重い感じ
小水をする際にピリリと来る痛み・・・
まさか・・・性病・・。

昔、遊んでいた頃に散々セックスばかりしていて
いくつかのの性病に掛かった事があるので、どんな感じになるのかは
すぐにわかる・・・ここ十年ぐらい一切病気になってなかったので
久しい感覚ではあったが忘れもしない性病の感覚だ・・
しかも少しの膿が尿道から出ていて、パンツについている・・
間違いない性病だ・・一瞬で顔は青ざめた。
性病は絶対に抗生物質を飲まないと治らない。
ましてや私はゴムをしていないし、Mには中だししている
Rとの時は外にはだしているが生だ。

ここ数ヶ月はこのどちらかとしかセックスはしていない
私がどちらかから移されたと考えるのが当たり前だが
どちらかに特定が出来ない・・・
性病を持っている女性のあそこは、少なからず匂う
これは私の昔の経験でよくわかる、膣内が炎症を起こしているのと
おりもののせいで匂いが出るのだ・・
しかし2人にクンニしたが、ほとんど無臭だったし
交互にしているだけに本当にわからない・・

さてどうしたものか・・・
私だけ治しても、2人のうちどちらかが持っていたら
どちらにしても移るし、現状を考えても
どちらかから貰って、どちらかに移している事は容易に
推測できる・・・・
悩んでいてもしょうがない、まずは自分の病名を確定させようと
泌尿器科へ行った。
性病の検査は培養をしなければいけないので、すぐに結果は出ない。
すぐに出なかろうが出ようが、どちらにも話をしなければ
いけないのだ・・

やはりMか・・しかし最近の私への気持の大きさを考えると
とても他の男に抱かれているとは思えない・・
Rなのか?・・今まで彼女の浮気は一度も疑った事が無い
行動範囲も限られているし、美人でモテるが男が声を掛けても
完全に無視をするタイプだし、何よりも私との結婚を
一番具体的に考えて行動しているのはRだ・・・
そんなRがいまさら他の男と浮気をするだろうか・・・
どちらかが原因だとわかれば、話の持っていき方が変わるのだが・・
どちらにしても最悪だ・・・
FC2官能小説Blog Ranking              愛と官能の美学                投稿パラダイス掲示板

↑ ページ最上部に移動する ↑
PR(新着)
欲求不満妻は部下のち○ぽの夢を見るか

ネトリア Marked-girls Origin Vol.2

彼女の母親が顔も身体もタイプすぎて我慢できなかったので、弱みを握って脅して無理矢理セックスしまくって、強制快楽落ちさせた件について。

ボクの彼女は40歳の人妻1~3総集編+新作体験版

夫は獄中、一方妻は・・・5~とある寝取られ借金妻の末路~

綾姉~奪われた幼馴染~

新、僕の彼女と巨根のゴリ先輩